仕事の悩み

上司が嫌いすぎるし無視するくらいなら転職がおすすめ!

タイトル画像

あまりにも上司の事を嫌いすぎると、いっその事無視したくなることもありますよね。

結論から言うと、気持ちは分かりますが上司を無視するのはおすすめできません。

今回の記事では嫌いすぎる上司を無視しても意味ない理由と、うまく対処するためのポイントを紹介します。

僕の経験上、嫌いな上司とうまく付き合うスキルは社会人としての武器になりますし、ぜひ参考にしてくださいね。

上司が嫌いすぎるから無視してもいいの

言動や性格の不一致など、上司がとにかく嫌いで対応に困っている人も多いでしょう。

嫌いな上司のアンケート結果を見ると、職場に嫌いな上司がいる人は70%以上。

職場にいる嫌いな上司

画像出典:株式会社ビズヒッツ

上司が嫌いな人は、あなただけではありませんので、ひとまず安心ですね。

嫌いな上司がいると無視したくなりますが、無視してもあまりいいことはありません。

具体的に解説していきます。

無視しても何も解決されない

結論から言うと、上司が嫌いだから無視しようという考えはあまりにも社会人として短絡的。

あなたに1つのメリットもないのでやめておきましょう。

まず上司を無視しても、あなたの不満は何も解決されません。

無視したとしてし上司は1ミリもダメージを負うことはなく、あなたが自分の首を絞める結果にしかならないのです。

無視しても上司に分かってもらえない

上司に何かしらひどい仕打ちや嫌な言動をされて無視したくなる気持ちは分かりますが、上司はエスパーではないので無視しても何も伝わりません。

上司は無言を貫くあなたの本心を読み取ることはできませんし、無視をするようなあなたの本音をくみ取ろうともしないでしょう。

何か言いたいことや改善してもらいたいことがあるのなら、無視ではなく言葉で伝えてください。

嫌いだから無視するというのが通用するのは学生まで

これからも社会人として生きていくのであれば、嫌な相手とでも改善に向けてコミュニケーションを取るスキルが絶対に必要です。

上司に対して何か言いたいことや改善してほしいことがあるのなら、まずは言葉で伝えましょう。

上司から目を付けられる

「嫌いな上司に嫌われたって何とも思わないよ」

と思うかもしれませんが、あなたが会社の組織の一部である以上、上司に嫌われることのデメリットは非常に多いです。

あなたにとって最低な人間であったとしても、上司は人事の査定や仕事を割り振る決定権を持っており、会社から見れば部下に指示を出す立場の人間ですよね。

例えば重要な仕事を振ってもらえず会社で居心地の悪い思いをしたり、同僚だけがどんどん出世していくのを目の当たりにする可能性もあります。

嫌いな上司のせいで、あなたが自分のキャリアの首を絞める必要があるでしょうか?

無視をしたところで上司はノーダメージ、自分だけがダメージを食らうことに

無視をするという選択肢はあなたにとってデメリットでしかないのです。

同僚や周囲から変な目で見られる

あなたと上司がいがみ合っているだけならまだしも、チームの空気を乱すことで同僚や周囲からも変な目でみられることになってしまいます。

「嫌いな相手を無視する」という子供じみた反抗をしていると、たとえ仕事が出来たとしても人間性に問題があると思われかねません。

無視ではなく最低限の会話に留めるといった大人の対応が必要

嫌いな上司の特徴6選

どのような会社であっても、嫌われる上司の特徴はある程度共通しています。

嫌いな上司の特徴についてアンケートした結果以下のようになっています。

嫌いな上司

画像出典:株式会社ビズヒッツ

このような上司が職場にいたら、毎日ストレスを感じてしまいますよね。嫌われやすい上司の特徴について詳しく解説します

ワンマン上司

部下の意見をまったく聞かず、命令ばかりしてくるようなワンマン上司は嫌われやすいですよね。

僕の経験上、ワンマン上司は過去の成功体験から自分が正しいと思っているため、直接話し合っても改善されることはありません。

ワンマン上司の場合はあなた以外にも不満を覚えている部下も多いはずなので、数を集めて対話に臨むといった対応が必要になります。

仕事ができないワンマン上司が一番最悪です・・・。

責任逃れで頼りにならない

自分の上司には腰が低いくせに部下には高圧的な上司は、いざというときに責任逃れをしてまったく頼りになりません。

上司の指示でやったことなのに、それでミスが発覚すると「自分は悪くない、部下のせいだ」と言ってまったく守ってくれないのです。

こういう上司は自分の出世のことしか考えておらず、当然部下からの人望もないため嫌われます。

常に「自分は悪くない」と思っているので改善を訴えたところでまともに取り扱ってはくれないでしょう。

理不尽なことで怒る

理不尽なことで怒る上司は嫌われやすいですよね。

  • 昨日の指示と今日の確認が矛盾している
  • 明らかな上司のミスを認めず責任転嫁する

発言に一貫性がまったくないので、部下は毎日それに振り回されます。

明らかに上司の指示が間違っていたとしても、

「そんなことは言ってない」

「君の聞き間違えだろう」

と開き直って怒り出す始末。

「あなたの記憶力はどうなっているのですか」と言ってやりたくなりますよね・・・。

残業の強要

働き方改革が進められている今の時代に逆行するように、残業を強要してくる上司もいます。

あまりにも長時間の残業であったり、命令口調がひどすぎる場合はパワハラに該当している可能性があります。

この場合、しかるべき窓口や労基署に相談しなければあなたや他の社員が健康を害する危険性がありますので、長時間労働の記録を取っておきましょう。

このような証拠は、どこかで役に立つ時が来ます!

ハラスメント行為をする

パワハラやセクハラをする上司は、嫌われるというよりいつ会社をクビになってもおかしくないタイプの人間ですね。

指導や愛情と言う名目を振りかざす上司もいますが、暴言や理不尽な指導など、行き過ぎた行為はすべてハラスメントに該当

こういうタイプは自分が悪いことをしている自覚がないので、本人に改善を求めても無意味なことがほとんどです。

ハラスメント常習犯の上司はどこか別の場所に相談しなければ解決はできません!

清潔感がない

清潔感のない上司は、特に女性社員から嫌われやすい傾向にありますね。

  • 髪の毛がボサボサ
  • スーツがヨレヨレ
  • 肩にフケが載っている
  • 体臭や口臭がキツい
  • 鼻毛が出ている

僕の個人的な意見になりますが、身だしなみをろくに整えられないのに仕事ができるという人はあまり見たことがありません。

こういう上司にあれこれ説教されたとしても「まず自分の身なりをどうにかしろよ」と言いたくなりますし、あまり説得力も感じられませんよね。

清潔感のない上司は反面教師にして、自分の身だしなみはしっかりと整えるようにしましょう。

上司が嫌いすぎるときの対処法

様々な意見を出す

嫌いな上司に対しては本人に改善を求めるのは不可能と言えるでしょう。

嫌いな上司への具体的な対処法を4つを解説します。

上司の上司へ相談する

上司に直接伝えても改善が見込めそうにない場合、その上司の上司に相談するのも手段のひとつです。

あなたや周囲の意見、上司の問題行動の詳細を伝えて、味方もしくは中立の立場になってもらいましょう。

この方法によって上司が配置換えになったり、問題の上司がクビになったというケースも。

なかなか威力のある方法なので、ここぞというときに使いたいですね。

ただしこの方法にはデメリットがあり、上司の上司が、あなたの直属の上司のことを気に入っている可能性がある点に注意してください。

上司にダメージを与えるのに有効な方法ですが、上司たちの関係性次第では意見したあなたにダメージが来ることも考えられるでしょう。

上司の移動を待つ

上司がどうしても嫌いで許せそうにもない場合、時間が解決するのを待つという手段もあります。

たとえば大企業の場合、定期的にチームの入れ替えが行われるため、3~5年であなたの上司も配置換えによってどこかの部署へ異動するはずです。

上司の年齢によっては、残り数年で退職するという人もいるでしょう。

ただし、時間が解決するのを待つ方法にはいくつかの問題もあります。

  • 既に限界で数年も待てない
  • 少人数の会社だと上司が変わらない

たとえば暴言などのパワハラがひどく、あなたの精神がすでに限界を迎えている可能性があることです。

すでに耐えてきた気持ちにこれ以上負荷をかけてしまうと、あなたの身体が壊れてしまう可能性があります。

社内コンプライアンスに相談

会社内に設置されている相談窓口があれば、そこに上司の問題を報告するのもおすすめです。

上司がしてきたことの詳細や記録を会社に報告することで、会社側が適切に対応してくれる可能性があります。

改善のために利用できるものは何でも活用しましょう!

会社を辞める

無視したくなるほど嫌いな上司がどうしても無理だと思うなら、転職するのが一番です。

上司が嫌いで会社を辞めたいと思ったことがある人は、想像以上多いと言えます。

上司が嫌いで会社を辞めたい

僕も過去に悪夢でうなされるほど嫌いな上司がいて、こんな環境から早く抜け出したいと考えていました。

上司との会話も試みましたが、こちらの言い分はまったく聞いてもらえず、理不尽に怒られるばかりで「これはもう無理だ」とあきらめたことを覚えています。

転職して今は人間関係にも恵まれ、仕事にもやりがいを感じられているので、今となっては「もっと早く転職しておけばよかった」と思いますね。

まとめ:上司が嫌いすぎるなら無視より転職した方が早い

今回の記事では上司を無視してはいけない理由と対処法について解説しました。

僕にも、「ぶん殴ってやろうか!」

と思うくらい嫌いな上司がいたので気持ちは分かりますが、無視は何の解決にもならず結果的に自分の首を絞めるだけです。

自分がキャリアの中で積み上げてきた評価や実績を崩壊させかねないので、割に合いません。

大人の対応やコミュニケーションスキルを学ぶ機会と切り替えて、冷静に対処しましょう。

「あんな上司のために自分が大人になるなんて、我慢できない!」

と思うくらい今の上司や会社の体質に不満を抱えているのなら、転職した方が絶対いいです。

下記に僕が自信をもっておすすめできる転職サイトをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください!

実際に使って良かった転職サイト▶