転職サイト

転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?違いと併用の注意点を紹介

転職サイトと転職エージェントどっちがいいの

転職サイトと転職エージェントの違いがわからず、漠然とどっちを使えば良いか迷っていませんか?

結論から言うと、転職サイトと転職エージェント両方を活用するのが、もっとも効率的です。

しかし、転職成功者は平均4.2社を併用しているというデータがあります。

サービスごとに特徴は違うため、注意点と合わせて効果的な使い分けをご紹介します。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントの比較表

→横スクロールできます!

  転職サイト 転職エージェント
手軽さ ・Webで登録可能
・Webで求人の応募可能。
・登録後に面談が必要
求人数 ・全ての求人に応募可能 ・応募できるのは転職エージェントが紹介した求人のみ
・非公開求人がある
探しやすさ ・はじめての人には難しい ・担当者が適した求人を見つけてくれる。
サポート ・すべて自分で行う。 ・面接対策
・応募書類の添削
・企業との年収交渉
・相談すれば退職のサポートも
成功率 ・求人が大多数の目に留まる
・そのため倍率が高い
・転職エージェントのお墨付きで採用率が高い

転職サイトと転職エージェントの違いは、転職活動の方法です。

転職サイトでは自分主導で転職活動を行うのに対し、転職エージェントは担当者にサポートしてもらいながら転職活動を行います。

この違いを理解して活用することが、転職成功の近道です。

では、それぞれの違いをさらに掘り下げていきます。

転職サイトは自分で転職先を探す

転職サイトは、転職活動のペースを自分でコントロールしやすいのが特徴です。

転職サイトでは、サイト上に掲載された求人の中から、利用者自身が受けたい企業を探して転職活動を行います。

  • 面接の日程調整
  • 採用後の年収交渉
  • 企業とのやり取り

これらすべてを利用者が行う必要がありますが、メリットは多くの求人を比較検討できることです。

手続きは基本Web上の会員登録のみで、一度履歴書を登録することで、複数の企業へ応募する際に手間がかかりません。

このように効率的なアプローチができるだけでなく、求人条件を吟味しながらご自身のペースで進めたい方は転職サイトを選ぶと良いでしょう。

転職エージェントのサービス内容は求人紹介

転職エージェントは、専任のキャリアカウンセラーとの面談を経て、利用者に適した求人を紹介するサービスです。

結論から言うと

転職活動に慣れていない人は転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントの特徴
  • 利用者の経歴や経験などを加味して求人を紹介
  • 自身の能力にマッチした求人に出会える
  • 面接対策や応募書類の添削
  • 年収交渉をしてくれる
  • 企業とのやり取りもお任せ
  • 非公開求人がある

一度に紹介される求人数は転職サイトに比べると少ないですが、自分の能力に合った求人を紹介してくれるので効率的に転職活動ができます。

経験豊富な担当者が、面接対策や応募書類の添削などを経験豊富な担当者が行なってくれるので、企業からの採用率も高まります。

また、転職サイトには載せていない「非公開求人」を紹介しているのも特徴のひとつ。

非公開求人は高待遇や好条件であることが多いため、転職サイトと比べて非公開求人に出会えることが一番の違いといえます。

転職エージェントのメリットとデメリット▶

転職サイトと転職エージェントはどっちを使うべき?

転職サイトと転職エージェン、それぞれの使い方を解説します。

  • 転職サイトと転職エージェントは5〜6社併用する
  • 転職エージェントの使い分けは総合大手+α
  • 迷いやすい人は登録しすぎに注意

転職サイトと転職エージェントは併用する

転職サイトと転職エージェントは、どちらか単体で使うのもいいですが、基本はどっちも併用する形をおすすめします。

おすすめは転職サイトを2社、転職エージェントを4社の併用です。

理由は下記の通りです。

  • サイトによって載っている求人が違う
  • 非公開求人の違い
  • 職種の偏りをなくす
  • 自分にマッチしたサイトを探す
  • 選択肢の幅を広げるため

また、転職決定者は平均4.2社転職エージェントを併用しているというデータがあります。

1社の転職エージェント(人材紹介会社)から紹介される求人案件数は、平均して数件です。より幅広く求人を比較検討したうえで活動を進められるように数社~10社程度はご併用いただくことをお勧めしています。

【転職エージェント(人材紹介会社)利用社数】
◆転職決定者 : 平均4.2社
◆全体 : 平均2.1社

引用:リクナビNEXT

自分にどんな企業が合っているのか、転職エージェントで紹介してもらいつつ、自ら転職サイトをチェックすると効率的です。

転職サイトは、転職エージェントにプラスして選択肢の幅を広げるためのツールと捉えておくのがいいでしょう。

担当者のアドバイスで企業の方向性が見えてくれば、膨大な選択肢の中からでも、候補を探しやすくなってきます。

転職エージェントの使い分けは総合大手+α

転職エージェントは、属性別に使い分けるのがおすすめです。

  • 大手総合型転職エージェント2社
  • 業界に特化した転職エージェント1社
  • 年代や性別に特化した転職エージェント1社

上記のように属性別で使い分けることで、希望に沿った求人を出してもらいやすくなります。

しかし、いきなり登録しすぎるとスケジュール管理が大変になるデメリットもあります。

とりあえず1社ずつでも問題ないので、以下おすすめの組み合わせで登録してみてください。

20代
リクルートエージェント doda マイナビAGENT
30代以上
リクルートエージェント doda jac リクルートメント
女性向け
リクルートエージェント doda type女性の転職エージェント

迷いやすい人は登録しすぎに注意

迷いやすい人は3社ほどの併用に抑えましょう。

複数の転職サイト・転職エージェントを利用することは、たくさんの意見をもらえるというメリットがあります。

しかし、逆を言えばたくさんの意見に迷うことも

転職エージェントの裏事情的な話になりますが、転職エージェントは自社を介して転職してもらうことで売上を作ります。

迷いながら転職活動を続けると、転職エージェントからはサポートする価値がないと思われ、優先的に対応してもらえない可能性があります。

最終的には相性がいいと思う1社に絞り、転職活動をしてください。

転職サイトが向いている人

転職サイトは、人に頼らず自分主導で転職を進めたい人に向いています。

転職に慣れている人/目指す業種や職種がはっきりしている人

転職サイトの扱いや求人広告の見方、企業研究の進め方にも慣れている人であれば、転職サイトでも問題ありません。

また、「どんな仕事に就きたいのかはっきりしている人」にも、転職サイトは向いています。

この場合、転職エージェントの面談などに使う時間を求人の応募に充てたほうが、効率よく転職活動を進められます。

業種や職種がある程度決まっていれば、数多い選択肢のなかでも候補を絞りやすいからです。

新しい分野へ挑戦したい人

今までの仕事とはまったく関係のない、未経験の分野に挑戦したい人も、転職サイトを使った転職活動が向いています。

転職エージェントでは、主に利用者の経歴、経験から企業を紹介するため、未経験の業種、職種などは紹介してもらいにくい傾向があります。

転職サイトには未経験OKの求人も掲載されているので、新しい分野で興味を感じる仕事を探すにはもってこいのサービスです。

もちろん、転職サイトで見つけた未経験OKの求人を引っ張ってきて、「こういう分野の仕事がしてみたい」と、転職エージェントで相談するのもありです。

自分のペースで仕事を探したい人

転職サイトでは、活動のペースを自分で決められます。

  • 複数の企業に一気に応募する
  • ゆっくり考えてこれだと思った企業にだけ応募する
  • 実際に応募するかどうかは自由
  • マイペースに自分のペースで転職活動

 

「すぐに転職するつもりはないけど、どんな求人があるのか様子を見てみたい」といった人でも気軽な利用が可能です。

対して転職エージェントの場合、基本は短期間での転職が対象です。

すぐに転職する気がない人にあまり積極的な対応をしてくれない面もあります。

頻繁に連絡が来るなど、様子見の人にとってはわずらわしく感じることもあるでしょう。

転職エージェントが向いている人

転職エージェントは主に「手厚くサポートしてもらいたい人」に向いています。

具体的な例から向いている人を紹介します。

初めて転職活動を行う人

はじめて転職活動を行う人は、求人の見方に慣れていないので、自分では応募する企業を選びにくい場合も。

その点、転職エージェントなら、プロのキャリアカウンセラーがその人の経歴などから適した仕事を紹介してくれるので安心です。

応募書類の添削や面接対策をしてくれる点も、はじめて転職をする人におすすめ

「面接なら新卒のときに練習したよ」という人もいるかもしれませんが、転職時の面接は、新卒の面接と大きく異なります。

これまでの仕事で挙げた成果などから、企業にどのようなメリットをもたらせるのか
自分の市場価値をアピールが必要です。

面接官の前でいきなりそんな話をしろといわれても、経験がなければどうしていいかわかりませんよね。

転職エージェントの担当者は、転職時の面接に特化した知識を豊富に持っています。

  • 過去の面接者が受けた質問の内容
  • 営業担当が調べてきた企業内部のこと

手に入らない情報も抜かりなく教えてくれますよ。

そういったノウハウを学べる意味でも、はじめて転職活動を行う人には、転職エージェントの利用がおすすめです。

自分に合っている仕事がわからない人

転職エージェントでは、第三者目線であなたの人となりを見極めたうえで、合っている仕事を紹介してくれます。

自分では思いもよらなかった仕事に向いていることが分かったり可能性が広がるチャンス。

このメリットを踏まえ、転職エージェントを使うなら、自分の考えていることを担当者に極力伝えておきましょう。

短期間で転職を成功させたい人

転職エージェントは、なにより短期間で転職活動を終わらせたい人に向いています。

これは転職エージェントが主に、いち早く即戦力を獲得したい企業に利用されるサービスだからです。

企業から転職エージェントに支払われる報酬は、内定者の年収の3〜4割。

仮に年収500万で内定が決まれば、転職エージェントには150万円前後の報酬が支払われるわけです。

つまり、大きな報酬を払ってでも適した人材を確保したいと考える企業がサービスを利用するということ。

そういったサービスの特性上、転職エージェントの担当者はその企業に合った人材を真剣に選定し、できるだけ早く内定まで事を運ぶ義務があります。

そんな体制で選ばれた人材なら企業も信用できると考えて、採用率が高くなるわけです。

まとめ:転職サイトと転職エージェントはどっちも併用するのがベスト

転職サイトと転職エージェントの違いを紹介しました。

どっちを併用することで、スムーズに転職活動を進めやすくなります。

転職サイト

多くの選択肢をもって自分主導の転職活動がしたい人におすすめ!

転職エージェント

企業の紹介から面接対策、企業との交渉まで任せられるのではじめて転職を行う人におすすめ!

どちらも併用すれば、手厚いサポートを受けつつ、自分でも転職先の選択肢を増やすことができます。

実際に使って良かった転職サイトと転職エージェント▶