退職代行

退職代行を使うのはクズでありえない?やばい会社もトラブルなく円満退社する手段

退職代行を使うのはクズじゃない

退職代行を利用して会社を辞めたいけど「クズ!」と言われそうで、怖くて利用できないと悩んでいませんか?

世の中には、どうしても自分で退職意志を伝えられない人もいます。

中には退職を伝えても受け入れてもらえず、つらい時間を過ごしている人もいるでしょう。

退職代行の利用は、クズで逃げでると思っている人もいますが、それは大きな間違いです。

むしろ、退職代行を利用せざるを得ない状況にした会社に問題がアリ。

退職代行は立派なサービスの一つ。

退職代行を使って円満退社する方法について解説していますので、退職で悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください!

退職代行がSNSでクズと言われる理由

SNSで退職代行がクズだと言われる理由は、以下の3つ。

  • 退職は自分で言うのが常識という意見
  • 退職代行=卑怯という感情論
  • 仮にも世話になったのに恩義がないという意見

このような意見がありますが、それぞれの理由を説明していきます。

退職は自分で言うのが常識という意見

自分の意思で面と向かって退職を伝えるのが常識という意見があります。

確かに、退職代行に頼るのは情けないと言う人もいるでしょう。

しかし、退職代行に依頼するということは、お金を払ってでも今の会社を退職したいということ!

世の中には退職をしたくてもできないケースがあります。

  • 直接伝えることができない
  • 退職を伝えても相手にしてくれない
  • 人手不足

このような場合、直接伝えたとしても自力退職は難しいでしょう。

上司から暴言を吐かれたり暴力を振るわれたりするようであれば、なおさら退職の話を切り出すことができません。

退職代行はそういった人たちが退職する最後の手段

退職は労働者に与えられた当然の権利であり、会社側が退職を拒否する権利はどこにもありません。

自分で退職を切り出しても相手にしてもらえないなら、退職代行を利用するべきです。

退職代行=卑怯という感情論

退職代行を利用するのは卑怯だという声もあります。

そもそも退職代行を卑怯だと思っている人の傾向には特徴があります。

  • もともと古い考えを持っている人
  • 苦労して辞めた人
  • 退職代行を使われて迷惑を被った人

感情に任せて卑怯だと言われるのは、当人にとっては辛いことです。

だからといって今の職場で我慢し続けてもプラスに働きません。

感情論を持つ人に退職代行のメリットを理解してもらうのは難しいです。

相手に理解してもらおうとせず、その人から離れるのがおすすめです。

仮にも世話になったのに恩義がないという意見

退職する際に上司に相談し、引継ぎを行った上で退職するのが一般的な退職方法です。

しかし、退職代行を利用しようとする人がゆったりと引継ぎを行える状態でしょうか?

会社に恩義を感じているなら退職代行を利用しようとは思わないはずです。

一刻も早く退職したくてたまらない人が、退職代行を利用してでも辞めたいと思うほど、のっぴきならない状況になっているわけです。

  • 世話になったから
  • 恩義がある

これは会社から良い扱いをされた人が感じることであって、ひどい扱いをされた人は恩義を感じるはずがありません。

恩義を感じていないなら、退職代行を利用しても何も問題はないでしょう。

退職代行を使うことはクズじゃない理由

退職代行を利用する人をクズ呼ばわりする人もいますが、実際はクズと呼ばれる筋合いはありません。

苦しいからこそ一刻も早く退職したいわけです。

むしろ会社に問題があるなら、積極的に退職代行を利用した方が良いと言えます。

クズなんて言葉を一切気にする必要がない理由は4つ!

  • 批判は気にする必要なし
  • 疲弊して自力退職が困難
  • 退職希望を出しても辞めさせてもらえない
  • 我慢を続けてもプラスは生まれない

それぞれ詳しく解説していきます。

退職代行サービスを理解できない人の批判は気にする必要なし

退職代行サービスに批判的な意見がありますが、全て気にする必要性はありません。

円満に退職できないのであれば、退職代行を利用する考えは自然な流れです。

それを他人にどうこう言われる筋合いはありません。

会社から解放されて前向きに次のステップに進めるなら、むしろ積極的に利用するべきです。

そもそも退職代行を利用する人をクズ呼ばわりする人は、日本の悪しき社畜魂が垣間見える瞬間だと言えます。

会社に尽くしてこそ美徳という考えは古く、そんな考えでは自分を壊す原因になりかねません。

心身共に疲弊して自力で退職できないから

自力で退職できるならそれに越したことはありません。

むしろ退職代行の利用者は皆そう思っています。

  • 上司に退職の話を切り出すのが怖い
  • 退職の意思を伝えることができない
  • 何度伝えても受け入れてもらえない
  • 退職を切り出したことすら悪と思われている

心身共に疲弊する原因があるから退職代行を考えるわけです。

そんな状況であれば、代わりに退職の意思を伝えてくれて開放されるなら最高のサービスと言えますよね。

心身共に疲弊している状態では上司に言いくるめられる可能性が高いので、退職代行を利用しましょう。

退職希望を出しても辞めさせてもらえないから

ハッキリと上司に退職意思を伝えているのに、上司から相手にされなかったり拒否されて辞めれないケースは多くあります。

本来であれば労働者の権利である退職を会社側が拒否することはできません

しかし不当に退職させない会社が存在するのも事実。

批判する人の言う通りに面と向かって直接退職する意思を伝えても、結果退職できないのであれば、退職代行を利用する他手はありません。

我慢を続けてもプラスは生まれない

確かに給料は得られるかもしれませんが、我慢して働き続けても一切プラスになりませんし、時間の無駄になるだけです。

退職代行を利用することがクズだというのであれば、「我慢して働き続けろ」と言っているようなものです。

退職代行を使いたいと思うくらい追い詰められている人が、我慢して働き続けるのは非常に酷なことでしょう。

まとめ:退職代行はクズじゃない

退職代行をクズだという人はいますが、実際はごく少数なので気にすることではありません。

我慢して会社に居続けても心身共に疲弊するだけなので、遠慮なく退職代行サービスを利用するのがおすすめです。

苦痛から開放され、心身ともに前向きになれるなら、利用する価値は十分あるといえます。

貴重な時間は戻らないので、もし今の職場を退職できず苦しんでいるなら、退職代行サービスを利用してみてください。

退職代行おすすめランキングTOP10
退職代行おすすめランキングTOP10退職代行を使って会社を辞めた僕がおすすめする、退職代行ランキングを紹介します。会社を退職したいけど「辞めたい」と伝えることが難しく悩んでいる人は是非この記事を参考にしてください。...