転職ノウハウ

給料が上がらないなら辞めるべき?転職で成功するコツやポイントを紹介!

給料があがらないなら辞めるべき

どれだけ頑張っても給料が上がらなければ、仕事を辞めることを考えますよね。

  • 給料が低すぎて生活が厳しい
  • 給料が上がらなくて辞めたい
  • 今の会社で働き続けるべきか

 

しかし、本当に辞めていいのか悩み続けて、結局行動できない人も多いでしょう。

もし現状の給料に不安を感じているなら、一歩踏み出して転職活動することを、おすすめします。

この記事では、給料が上がらないなら辞めるべきなのか、転職を成功させるポイントを紹介しますので是非参考にしてください。

給料が上がらないなら辞める判断はあり

会社勤めで給料が上がらないのは、退社や転職を考える十分な理由ですよね。

長く勤めれば家族や家庭ができて、守るものが増えるほど給料アップは誰でも求めるもの。

当然生活を豊かにするために働くわけですから、ずっと給料が上がらなければ転職を考えるのは自然な流れです。

ただ考えなければいけないのは、なぜ給料が上がらないのかということ。

そこで給料が上がらない会社の特徴を紹介します。

給料アップの評価基準が曖昧な会社

給料が上がらない原因で多いのが、昇給となる評価基準が曖昧だったり基準がないことです。

本来なら会社は社員の給料アップを判断するために、昇給目安となる評価基準があるのが当然ですが、残念ながら設けていない会社も少なくありません。

評価基準がない会社の特徴として、給料アップは「経営者の感覚」や「上司のお気に入りになれるのか」という曖昧なケースもあるでしょう。

このように、上司のご機嫌を取るための働き方になっては本末転倒です。

評価基準がない会社は正当に評価されないことも多いので、もしあなたが働く会社に昇給の評価基準がないなら、会社を辞めるのはむしろ正しいと言えます。

スキルアップできない環境

給料が上がらない原因として、昇級待ちの社員が多いのも特徴のひとつです。

役職がつくことで給料が上がるのは自然な流れですが、昇給待ちの社員が多いのは会社の問題でもあります。

企業の成長と共に部署や部門が増えれば、任せられる業務やスキルアップのために昇級は必要ですよね?

とくに昇級待ちの先輩が多い会社なら、あなたの昇級は遅れる可能性は高いです。

そういった会社に限って成果評価せず、年功序列を振りかざすことが多いので今すぐ転職をおすすめします。

会社が儲かっていない

会社の業績が悪い場合は、社員を昇給させたくても難しいでしょう。

経営不振により、給料が上げられない会社で働き続けると、以下4点のリスクがあります。

  • ボーナスがなくなる
  • 給料が下がる
  • リストラ
  • 倒産

リストラや倒産などで、強制的に仕事を辞めなくてはいけない状況になるかもしれません。

給料が上がらない会社であると共に、将来が不安な会社ともいえます。

早めに決断をして、安心して働ける会社に行きましょう。

給料が上がらないなら辞めるべき理由

会社を辞めようか悩んでいる方は、給料が上がらないこと以外に、さらに決意できるような理由を探しているのではないでしょうか。

そのまま働き続けることによって起こるデメリットを解説します。

給料の不満はモチベーション低下に直結する

給料が低いということは、私生活にも影響します。

  • 外食があまりできない
  • 旅行に行けない
  • 節約三昧
  • 家族サービスできない
  • 欲しい物が買えない

 

これでは休みの日に、自分が心からやりたいことができませんよね。

自分のやりたいことはどんどん出てくるのに、低い給料で実行できなければ、働き続ける意味も見失ってしまいます。

働き続けるメリットを探しても見つからなければ、環境を変えましょう。

パフォーマンスが落ちてスキルアップに繋がらない

売上に貢献してもしていなくても、給料が同じであれば、努力を怠ってしまいますよね。

入社当時はやる気があったのに、給料が原因でパフォーマンスが落ちているのであれば、このまま働き続けても得られるものはないでしょう。

自分が成長できる環境について、改めて考えてみましょう。

惰性で過ごす日々が続く

不満はあるけど、今まで働き続けてきたからといって同じ職場に留まる人も多いでしょう。

しかし、活躍している友人と会ったときなどに後悔することも。

自分も今の会社じゃなかったら、もっと年収を上げてバリバリ働いていたかも・・・

過ぎた時間は、二度と取り戻すことができません。

「今の会社で働き続けてきてよかった」

と将来言えないのであれば、今行動しなければ後悔するでしょう。

精神的に病む

ハードワークなのに給料が低い場合は、ストレスを感じることが多いでしょう。

毎日終電で帰宅しているのに、私生活では節約をしなければ生活できないこともあります。

休息を取る時間や、金銭的にある程度余裕がなければ、精神的にも追い詰められてしまいますよね。

自分を痛めつけてまで働くことはありません。

自分が追い込まれてしまう前に、早めに対策をするようにしてください。

年齢を重ねると転職は不利になる

企業の採用基準として、20代に求める人材と30代に求める人材の条件は異なります。

年齢が上がるにつれて、企業から求められるレベルも上がり、転職が難しくなることも。

  • 20代→ スキルがなくても「将来の成長」を考慮し採用されることがある
  • 30代→ 転職では、企業にとって即戦力となる人材を求める企業が多い

転職をするか悩んでいるのであれば、この事実はしっかりと把握しておきましょう。

「そのうち環境を変えたい」

と思っているのであれば、早めに行動することをおすすめします。

辞めるべき会社の特徴をまとめたので、自分が該当しているのかチェックしてみてくださいね。

辞めるべき会社の特徴はこちら➡

統計的にも給料が上がらず転職する人は多い

段ボールを運ぶ人

給料が低くて、転職をする人は実際にどれくらいいるのでしょうか。

転職支援サービス「エン転職」が利用者の8,600名を対象として「退職のきっかけ」を調査した結果が公開されています。

「退職のきっかけは?」

1位 給与が低かった:39%

2位 やりがい・達成感を感じない:36%

3位 企業の将来性に疑問を感じた:35%

参考元:enエン・ジャパン 8600名に聞いた退職のきっかけ

給料が低いことで転職をしようと思った人39%と、1位でした。

給料が低くて転職する人は、あまりいないかも・・・

このように不安に思っていた人もいるでしょう。

ですが、転職理由としてはよくあることなので気にする必要はありません。

給料を上げるために転職でやるべきこと

転職するなら、今よりも給料が高いところで働きたいですよね!

ここでは、転職で給料アップのためにするべきことを3つ解説します。

  • 転職エージェントを使って給料交渉する
  • 年齢制限がないなら給料が上がりやすい業種に転職する
  • スキルを身につける

①転職エージェントを使って給料交渉する

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが応募企業へ代行して、給料交渉を行ってくれます。

これにより、希望額に近い給料になる可能性がありますよ。

ただし、希望額が高いと企業から求められることが増えたり、希望額での採用を断られたりすることがあります。

転職の条件は給料の面を優先したいことを伝えましょう。

自分のスキルなども含めた適正の給料について、転職エージェントに相談をすることをおすすめします。

僕も使ったことがある、おすすめの転職エージェントをまとめたので、参考にしてくださいね。

実際に使って役に立った転職サイトまとめ

②年齢制限がないなら給料が上がりやすい業種に転職する

給料を上げるためには、将来性のある業界や給料の水準が高い職種に転職をしましょう!

おすすめの職種は以下3点。

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • Webマーケター

 

営業職

仕事内容は、主に自社の製品やサービスを提案して、お客様と契約を結ぶことです。

人と話すことが好きな方は、コミュニケーション力を活かして働くことができるでしょう。

営業職の平均年収は500万円前後ですが、歩合制度がある場合は年収1,000万円以上稼げる場合もあります。

ITエンジニア

ITエンジニアとは、情報技術を専門的に扱っている技術者の総称を指します。

プロジェクトを管理するプロジェクトマネージャーは、ITエンジニアの中でも最も平均年収が高く約671万円です。

未経験だとしても、独学や専門学校でスキルを身につければITエンジニアとして働くことができます。

Webマーケター

Web上で自社の商品やサービスが売れるように広告を出したり、市場調査を行ったり、お客様に購入してもらえるようにします。

Webマーケターの平均年収は約500万円です。

スキルや経験によって差が大きくわかれる職種ですが、経験を積むと600万円以上もらうケースも。

将来性があり、スキルや経験次第で給料を上げていくことができるでしょう。

③スキルを身につける

自分の転職市場価値を高めるためには、スキルが必須です。

未経験であっても希望する業界のスキルがあれば、基礎知識があることの証明となり、採用率も高まるでしょう。

入社後も企業が指定している資格を取得していれば、資格手当を支給されることもあります。

目指したい業界で、どんな資格があるのか把握しスキルを磨きましょう。

まとめ:給料が上がらず悩むなら決断は早い方が良い

給料が上がらないなら、悩まず行動することが需要です。

悩んでいる時間は、給料を上げるためのチャンスをどんどん逃しているのと同じ!

転職は、年齢を重ねることで難易度が上がります。

年齢は止めることができないため、早めの決断が自身の将来を切り開くきっかけになります。

勇気を出して転職活動を始めましょう!