仕事の悩み

社会人3年目が求められることは?仕事のスキルアップや目標設定が大事

社会人3年目が求められることは?仕事のスキルアップや目標設定が大事

社会人3年目に突入し仕事にも慣れてきた今、改めて自分の立ち位置や求められることを考えると悩んでしまう人も多いでしょう。

実際に、社会人3年目からは新入社員とは違い、会社から求められる働き方や能力も大きく異なります。

  • 任される仕事が増えてきた
  • 後輩への教育指導
  • 周囲のサポート

社会人3年目のあなたが会社から求められていることや、理想的な働き方を実現するために必要な能力について解説していきます。

社会人3年目に求められること

スーツの男性

社会人3年目になったあなたは、新入社員のころとは立ち位置も求められる働き方も変わっています。

まずは社会人3年目のあなたが会社から期待される働き方を4つに分けて解説していきます。

  • チームや仕事へ率先する
  • 自分で考えて仕事をこなす
  • 上司の仕事をサポート
  • 後輩の教育や頼れる先輩に

チームや仕事へ率先

入社して最初の1~2年は、指示された仕事をやり遂げる個人としての働き方が重要でした。

しかし3年目になればチームの戦力として全体的な仕事の成果を求められるようになります。

つまり、自分の仕事だけに集中するだけでなく、広い視野で全体的な動きを見ながら効率的に稼働することが求められるのです。

プレイヤーでありながら、試合の流れを考える監督のような視点も必要になってくる時期といえます。

この時あなたが上司から見られているのは、リーダーとしての素質

自分の仕事をやるだけなら誰にでもできますが、チームをまとめ上げて成果を出すには様々な能力が試されます。

これは逆に言うと、あなたがリーダーになる器であることを証明するチャンス。

リーダーとして組織を動かしていく資質があると認められれば、出世への道も大きく開かれていくでしょう。

自分だけでなく、周囲にも成果を上げさせて花を持たせることができるかどうかが重要です。

自分で考えて仕事をこなす

社会人3年目になると、上司や先輩からの指示に従うだけではなく自発的に考えて仕事をこなす能力が求められます。

例えば私の場合、最初の2年は上司と一緒に訪れていた取引先に3年目からは一人で行くことになりました。

ここで求められる能力は「取引先が何を考えているか」「どのような成果を求めているのか」を自分で考えて提案していく能力です。

社会人3年目はキャリアの分岐点ともいわれる大切な時期なので、このタイミングでしっかりと考えて仕事を成功させることは大きな財産になります。

上司の仕事サポート

3年目のあなたには上司をサポートする役割も求められます。

上司から

「新入社員の様子はどうだ?」

「現場はうまく回っているか?」

と聞かれることもあるでしょう。

なぜなら上司として年数が上がっていくほど、現場で働く人の空気感や、年の離れた新入社員の考えや思いが見えにくくなっていくからです。

上司は全体の指揮やチーム全体の進捗を管理することに長けていきますが、その分部下1人1人を見る時間が少なくなりますからね。

意見や助けを求められたら全力でサポートしましょう。

後輩の教育や頼れる先輩に

上司や先輩に鍛えられたあなたは、次に後輩を指導できる頼れる先輩としての働き方が求められるでしょう。

今まで教わってきたことを、今度はあなたが後輩に教えていくのです。

会社にとっても若い人材を育成するのはかなり重要なことなので、後輩育成や指導には大きな期待を寄せられることになります。

新入社員の頃のあなたと同じように、後輩は働く中でミスをするので、ミスをカバーしていくのも先輩の仕事ですよ。

つまり自分の仕事だけでなく後輩の育成やミスのカバーといった仕事が増えるため、より自分の働き方を効率的にしていかなければなりません。

社会人3年目までに身につけたいスキル

社会人3年目に求められる働き方について解説しましたが、それを実現するために身に着けておくべき能力があります。

社会人1~2年目の方や、3年目の方がこれから意識的に習得していくべきことについて考えてみましょう!

適切な判断力

入社して2年は判断を必要とする仕事が割り振られることは少ないですが、3年目には中核ポジションとして様々な判断を下していくことになるでしょう。

後輩の能力を見分けたり、取引先に提案する情報の取捨選択をしたりと、様々な場面であなたの判断力が問われます。

判断力は、日常生活の中でも鍛えることができます。

たとえば僕が上司から教わったのは、

「レストランに行ったときに食べたいものをメニューから10秒以内に決める」

という遊びのようなトレーニングです。

これを意識するとレストランに入る前から「何を食べたいか」を事前に考えるようになり、メニューをパッと見て瞬時に意思決定する力が付きます。

最初は「本当に効果あるのかな」と半信半疑でしたが、今考えると理にかなったトレーニングだったと思いますね。

周囲への気配りやサポート力

自分が指示された仕事に集中していればよかった新人の頃とは違い、3年目になればチームで仕事を回していく働き方を求められるようになっていきます。

一人でかけっこをするのではなく、チーム全体でのリレーに競技が変わるのです。

チームで成果をあげていくわけですから、個人プレーではなく周囲への気配りやサポート力を身に着けておかなくてはなりません。

  • メンバーごとの長所や短所を見極めて仕事を依頼
  • 進捗具合を見て適切なアドバイス
  • 時には仕事を手伝ってあげる
  • 広い視野が必要

例えば友達との飲み会で「全員のグラスの状況を見る」と意識するだけでも気配り力が鍛えられますよ!

自分で考えて行動できる

指示された仕事を言われたまま取り組むのではなく、自分で考えて行動する習慣を身に着けておきましょう。

  • この仕事の目的は何か
  • どうすれば短時間で終わらせられるか
  • クライアントが求めているものは?
  • 質を高めるにはどうしたらいいか

自分の頭の中だけで考えたり思考をまとめるのはかなり難易度が高いので、メモ帳やノートに書きながら考えるのがおすすめです。

考えるという行為も頭の中だけでやるより紙に書く方が思考の流れが見えやすいですし、何よりあとで振り返ることも簡単ですよ。

紙に書くのはあくまでも方法のひとつなので、自分なりの考える力の磨き方を「考えて」みましょう。

上司の仕事や言動を観察

先輩から離れて後輩の指導をする立場になるため、上司の仕事ぶりや部下へのアドバイスの仕方などを観察して勉強しておきましょう。

  • 部下への対応の仕方
  • 励ましの言葉
  • 部下への振る舞い
  • 仕事の効率化や順番
  • 仕事のスケジュール感

3年目までに上司や先輩の「部下への振る舞い」を観察しておけば、あなたが後輩を指導する立場になったときに対応に困る場面が少なくなります。

後輩の指導以外でも勉強になることは多いので、常日頃から観察を欠かさないようにしましょう。

業務に必要なスキルアップや資格取得

資格を取得していると、期待される以上の結果を残すことができます。

たとえば生命保険の代理店に勤めている方であれば、FPの資格を取得することでお金の管理全般の知識が身に付き、お客さんからの信頼が得やすくなるでしょう。

不動産関連の仕事であれば宅建の資格を取るなど、自分の仕事に良い影響を与える資格があるはずです。

また、資格を取得することで手当てが貰えて基本給アップにつながることもあります。

社会人3年目の立ち位置

経験を積んできた社会人3年目は明確に社内での立ち位置が変わります。

ここからは社会人3年目の立ち位置や心がけるべきポイントについて解説します。

仕事の中核的な存在に

社会人3年目になると社内では、中核的な存在になってくるでしょう。

  • 後輩への指導が本格的にスタート
  • 仕事のやり方やビジネスマナーのイロハを伝えていく
  • 自分なりの指導法を模索していく
  • 上司の仕事のサポート

あなたの立場から見える現場の動きを上司に伝えたり、仕事の問題に対する意見を求められることも増えていくでしょう。

信頼されているあなたに、任される仕事が増えていきます。

これも自分を育てるチャンスであり「仕事を教えてくれた先輩や上司へ恩返しする良い機会」と考えて、経験と工夫を活かして成功させていきましょう。

うまく行かないことも多いかもしれませんが、壁にぶつかるのは自分の考えを深めるチャンスだと捉えましょう。

仕事で求められることも多くなる

キャリアを重ねるにつれて仕事で求められることが多くなります。

上司や先輩から離れる形で自分なりの仕事術を確立させながら、様々な業務が押し寄せてきます。

  • 後輩の育成
  • 上司のサポート
  • 周囲との連携

プレッシャーが重く感じられるため社会人として節目の年とも言えるでしょう。

しかし、求められる業務を自分なりに考えて成果を上げていくことで、あなたが飛躍的に成長できる時期とも言い換えられます。

責任感のある仕事を任される

社会人も3年目になる頃には実力を身に着け、大きなプロジェクトを任せられることも増えていくでしょう。

「大きな仕事でバリバリ活躍したい!」

と考えていた方にとっては、願ってもないチャンスが次々にやってくる激動の一年になります。

私も3年目に入ったころから取引先に提案するプレゼンの資料を作ったり、実際にプレゼンをする役目を任されることが増えていきました。

もちろん、めちゃくちゃ失敗します。

誰しも思い出したくない失敗の黒歴史はありますよね・・・。

本番中にプレゼンの資料で抜けている部分に気付いたり、喋っている途中で頭が真っ白になって地獄のような空気を味わうこともありましたね。

辞めようかと思うような失敗や恥ずかしい思いもするでしょうが、それは「自分にとって大きな壁に全力で挑んだ結果」であり、かけがえのない財産になります。

なぜなら、たまたま成功することはあっても、失敗にはかならず理由があるからです。

失敗した原因や理由を自分で突き止めることができれば、同じ失敗を繰り返さない確率が上がり、成功する方法が見えてくるでしょう。

 社会人3年目は分岐点に

人生には様々な選択肢があり、どの時点でどんな選択をするかによって結果は大きく変わります。

自分はどのようなキャリアを築けるのか、どのような活躍ができる人間になれるのかは、社会人3年目の過ごし方で決まるといっても過言ではありません。

忙しい時期ですが、あえて自分の考えとしっかり向き合いましょう。

あなたの人生はあなたにしか決められないので、大切な社会人3年目という節目の過ごし方や会社との関わり方をよく考えて行動してみてください。

また社会人3年目であれば、20代と年齢も若い人が多いでしょう。

貴重な20代にやるべきことを整理してもいいですね。

新入社員の頃のあなたと、今のあなたで考えが変わっている部分も多いはずです。

社会人3年目だからこそ考えるべきこと

スーツ姿の男性

社会人3年目は求められる仕事が増えて忙しくなるからこそ、自分の考えや思いとしっかり向き合うことも大切だと解説しました。

最後に、社会人3年目のあなたが今真剣に考えてみるべきことについて解説します。

今後のキャリアを考える

社会人3年目は、今後のキャリアを左右する重要な一年です。

入社から経験してきた業務内容や社内の空気感を肌で感じてきて、あなたが今後どのように働いていくか、改めて考えるべきタイミングとも言えます。

  • これからもこの会社で働いていきたいのか
  • 新しいキャリアプランについて考えてみる
  • 他の仕事の可能性について検討する
  • 20代だからこそできることに挑戦する

自分の内面ともう一度真剣に向かい合ってみましょう。

ここで下した判断が、あなたの未来を大きく左右します。

未来のキャリアプランについて、同僚や友人、恋人や家族と話し合う時間を設けてみてください。

立ち位置次第では転職も検討

社会人3年目まで今の会社で働いてみて、今の立ち位置に満足していますか?

これまでのキャリアを心機一転して新しい環境で働きたいという思いがあるのなら、転職という選択肢も検討してみましょう。

新卒で入社して3年以内に辞めている理由がこちら

出典:日本労働組合総連合会

終身雇用が厳しくなっている今の時代、特に20代の若い世代は転職をすることが当たり前という風潮へと変わりつつあります。

転職しても、あなたが今の会社で努力してきた積み重ねは決してムダにはなりません。

私自身も転職を経験しており、前職でストレスだった人間関係や業務内容がガラっと変わって、今は楽しく働くことができています。

20代であれば、どんどん新しい道に進んでも大丈夫です。
いろいろ挑戦してみてください。

まとめ

社会人3年目が求められる働き方や身に着けておくべき能力について解説しました。

会社から求められる働き方も大きく変わり、プレッシャーも大きくなりますが更に充実した仕事ができる貴重な時期でもあります。

様々な経験を積んできたあなたが、これからどのように働いて生きていくのかを考えることはとても大切なことです。

今の会社で活躍できる自信があれば集中してもいいですし、経験を活かして新たな分野にチャレンジするにも適したタイミングと言えるでしょう。

今回の記事が、あなたらしいキャリア形成を考えるきっかけになれば嬉しいです!