転職ノウハウ

転職面接がボロボロで受かった人は少ない|挽回できる中途面接の対策方法4つ

転職の面接ボロボロで受かった人は多くない|中途採用こそ面接対策が必須な4つの理由

「転職面接を控えている。ボロボロになって失敗しないかと不安」と思い詰めていませんか?

あなたの未来のキャリアにつながる転職活動なので、うまくいくかどうしても不安になってしまいますよね。

結論から言うと、転職面接がボロボロで受かった人はごく少数です。

手応えがボロボロなら、奇跡でも受かってるとは期待しないのがベター。

本記事では、転職面接がボロボロで受かった人が少ない理由や面接対策のポイントを解説しています。

  • 転職面接がボロボロだと受からない理由
  • 中途採用でおさえるべき面接対策
  • 面接対策におすすめ転職エージェント

転職面接は、入念な準備や対策にすべてが懸かっているといっても過言ではありません。

本記事を参考に、後悔のないよう面接へと挑み、転職成功を掴みましょう!

【手応えなし】転職面接がボロボロだと受かる人が少ない理由4つ

転職面接がボロボロだと落ちる理由は主に4つあります。

  • 準備不足が一発でバレるから
  • 転職者には積極性が求められているから
  • 受け答えがボロボロだとスキルに説得力がないから
  • 熱量があり即戦力になる人に入社してほしいから

それぞれ理由を具体的に解説します。

思い当たることがあれば改善して、次の面接チャンスに備えましょう。

準備不足が一発でバレるから

転職面接がボロボロだと準備不足がすぐ見抜かれます。

あなたも手応えのなさを感じるはずなので、何人もの求職者を見てきている面接官が準備不足に気づかないはずがありません。

そのため「面接がボロボロ」=「面接の準備不足」と判断され、評価を落とされてしまうのです。

面接は事前に聞かれる質問を考えたり、入室の仕方や面接中の仕草を練習したり、事前に準備するポイントが多くあります。

面接に自信があっても、準備不足は一発でバレてしまいます。

転職活動は人生のターニングポイントである活動です。

自分の人生がかかっていると自覚して、準備は徹底的におこないましょう

転職者には積極性が求められているから

企業は転職者に積極性を求めているので、面接がボロボロだと採用されにくくなります。

企業が転職者に求めるスキルとして「積極性」は最も求められるスキルです。

参考:doda公式サイト

昨今企業は多くの課題を抱えているため、上司からの命令を聞くだけの人材ではなく、自分で考えて行動して課題を解決できる人材を求めてます。

そのため面接がボロボロだと、積極性が面接官に伝わらないため採用されないのです。

積極性を重要視されていると理解して、積極性がアピールできる面接をおこないましょう。

受け答えがボロボロだとスキルが疑わしいから

面接がボロボロだと、スキル持っていても疑いの目で見られてしまいます

転職活動において、仕事に必要なスキルは大きな武器です。

しかし面接がボロボロだと、持っているスキルに対して「本当にそのスキルがあるの?」と疑問を持たれてしまいます。

せっかく努力して獲得したスキルを、面接の出来で不意にしたくはありませんよね。

スキルを最大限にアピールできるように、面接対策はしっかりおこないほうがよいのです。

熱量があり即戦力になる人に入社してほしいから

企業は転職者に熱量があり即戦力の人材を求めているため、面接がボロボロだと受かりにくいです。

将来一緒に仕事をする人材を評価しているので、仕事に熱意を持ち、即戦力になる人材を求めているのは当たり前ですよね。

面接がボロボロだと「熱意」と「即戦力になる能力」はほとんど伝わりません。

熱意と即戦力になる能力は、企業理念への共感や自分が企業にとってどんな利益があるのかなどを伝える必要があります。

そのため面接がボロボロだと、伝えるべき内容を伝えられず、転職活動が成功しないのです。

面接官が求めている人材だと伝えられるよう、面接対策は十分おこなってください。

転職の面接で受かりたい!中途採用におすすめの面接対策4選

転職活動で受かるためには、面接対策が必須です。

対策なしでは、面接がボロボロになる可能性大ですよ。

本記事で紹介するおすすめの面接対策は、以下の4つです。

  1. 企業分析をしっかり行う
  2. 転職者ならではの自己PRを準備する
  3. 社会人経験者としてビジネスマナーの確認をする
  4. 転職の面接でよく聞かれる質問を研究する

面接でボロボロにならないために、しっかりと面接対策をおこないましょう。

対策①企業分析をしっかり行う

企業分析をしっかり行い、仕事内容や事業の業界について詳しくなりましょう。

企業分析をすると、以下のようなメリットがあります。

  • 志望動機に説得力がつく
  • 企業に関する質問に答えられる
  • 企業が自分に合っているか判断できる

企業分析の結果、自分に合っていない会社だと判断できれば余計な転職活動をせずに済みます。

また面接時にも企業分析は効果を発揮するので、必ず企業分析は行いましょう。

企業や業界の情報は、主に企業のホームページや「就職四季報総合版」や「業界地図」などの書籍から得られます。

また情報源は1つだけでなく、複数持つようにしましょう

企業のホームページや説明会資料には「良い内容」しか書かれていません。

そのため他のサイトや書籍、OB・OG訪問などでも情報を得るようにしましょう。

面接で「企業の弱み」を質問されるときもあるので、いいところだけを見ないように注意が必要です。

対策②転職者ならではの自己PRを準備する

転職者ならではの自己PRを準備して、実績やスキルをアピールしましょう。

転職者は新卒とは異なり、社会人としての実績やスキルがあります。

中途採用の人材には即戦力の能力も求められます。

そのため面接で必ず質問される自己PRでは「私は即戦力です」としっかり伝えられるような準備が必要です。

自己PRの際、企業の仕事内容に実績やスキルを関連づけられるといいですよ。

企業は転職者を雇ってどんなメリットがあるのか評価しています。

入社後に具体的にどんな利益を上げられるかを伝えられると、面接官にもメリットが伝わりやすいのでオススメです。

対策③社会人経験者としてビジネスマナーの確認をする

社会人としてのビジネスマナーを再確認して、面接でボロが出ないようにしておきましょう。

面接では能力だけでなく、社会人として基本的なマナーができているかも評価されているためです。

マナーができていないと、取引先やお客様を不快にさせてしまい、利益を逃す場合があります。

「ビジネスマナーには自信がある」と思っていても、意外とできていないマナーがあったりします。

入退室時の振る舞いや、面接中の言葉遣いなど細かいところまでチェックされているので、必ずマナーを確認しましょう。

特に入退室のマナーは社会人でも意識する人が少ないので、事前確認必須です。

面接官の中にビジネスマナーに厳しい人がいれば、粗相は評価にかなり響きます。

面接前には、ビジネスマナーも忘れずに確認しておきましょう。

対策④転職の面接でよく聞かれる質問を研究をする

転職の面接でよくある質問を研究して、面接時に慌てないようにしましょう。

面接にはどの業界・企業でも高確率で聞かれる質問があります。

よく聞かれる質問の回答を事前に準備しておけば、面接への不安が少なくなりますよ。

転職の面接でよく聞かれる質問ベスト5は以下の通りです。

転職の面接でよく聞かれる質問ベスト5
  1. 自己PRをしてください
  2. 長所・短所を教えてください
  3. 前職を退職した理由を教えてください
  4. 当社があなたを採用するメリットはなんですか?
  5. 同業他社ではなく、なぜ我が社を選んだのですか?
すべて転職経験者である筆者が、実際に受けた質問です。

想定されるすべての質問に対して準備する必要はありませんが、高確率で聞かれる質問だけは押さえておきましょう。

転職の面接でボロボロにならない!確実に成功するためには転職エージェントに頼ろう

面接でボロボロにならないための面接対策として、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロのアドバイスが聞けたり、客観的な意見がもらえたりするので非常に効果的です。

当サイトでは「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」をおすすめしています。

リクルートエージェントとマイナビエージェントの比較
リクルートエージェント マイナビエージェント
求人数

2023年
1月1日現在

  • 公開求人:340,379件
  • 非公開求人: 277,497件
  • 公開求人:63,008件
  • 非公開求人:18,820件
対象エリア 全国・海外 全国・海外
年齢層 20代〜40代 20代〜30代
主な特徴
  • 豊富な求人数
  • 転職成功実績No.1
  • 若手の転職に強い
  • 丁寧なサポート体制

2つの転職エージェントには、それぞれ異なる強みがあります。

自分に合った転職エージェントが理解できるように、それぞれ詳しく解説します。

面接対策におすすめ①リクルートエージェント

リクルートエージェントは40年以上の転職ノウハウを持っており、積み上げられたノウハウを基に面接対策をしてもらえます。

多くの転職エージェントの中で転職成功実績No.1であるところも、信頼できるポイントです。

長年で培ったノウハウを基に「企業がチェックしている面接のポイント」を個別に教えてもらえます。

面接の基本から質問回答の添削、模擬面接まで面接対策を網羅的にカバーしています。

転職活動初心者でも安心して利用できるのは、嬉しいポイントですね。

またリクルートエージェントは、面接対策だけでも無料で利用可能です。

No.1の実績に裏付けられた面接対策を受けてみたいと思ったら、ぜひリクルートエージェントを利用してみましょう。

\業界No.1による面接対策を!/

リクルートエージェント

面接対策におすすめ②マイナビエージェント

マイナビエージェントの面接対策は、キャリアアドバイザーによる丁寧なヒアリングが売りです。

転職活動のプロによってヒアリングをしてもらうことで、自分で気づいていない強みやスキルが見つかります

本人が企業に伝えるまでもないスキルだと思っていても、実は魅力的なスキルだった。なんて場合もあります。

もちろんヒアリングだけでなく模擬面接も行っているため、面接の熟練度を高めたい人にもおすすめです。

またリクルートエージェントと同様に、面接対策だけでも無料で利用できます

強みやスキルを発掘できる丁寧なヒアリングが気になった方は、ぜひマイナビエージェントに登録してみましょう。

\丁寧なヒアリングで強みを見つける!/

マイナビエージェント

まとめ

本記事では、面接がボロボロでは転職活動がうまくいかないことや、おすすめの面接対策を紹介しました。

本記事で紹介した内容を、以下にまとめています。

  • 面接がボロボロで転職活動が成功する可能性は低い
  • 面接がボロボロだとさまざまな角度から欠点が見つけられる
  • 準備不足によって面接はボロボロになる
  • 転職活動では、面接対策は必須
  • 面接対策には転職エージェントの利用がおすすめ

最後におすすめの転職エージェントとして「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」を紹介しました。

それぞれに特徴がある転職エージェントなので、本記事を参考に自分に合った転職エージェントに登録してみましょう。

本記事を参考に面接対策をしっかり行って、理想の転職をしてください。