退職代行

退職代行sarabaのリアル体験談!デメリットや特徴を徹底解説

退職代行sarabaのリアル体験談!デメリットや特徴を徹底解説

この記事は実際に退職代行SARABAを利用して退職した人の体験談となっています。

私は過去に退職代行SARABAというサービスを利用して、勤めていた会社を辞めました。

そこで今回の記事では筆者が実際に退職代行SARABAを使って退職した時のリアルな体験談を解説します。

嘘偽りなく実体験をすべてお話しします!

結論から先にお伝えすると、私は退職代行SARABAを利用すると決心した翌日には、出社することなく、有給を消化して無事に退職できました。

SARABAを選んだ理由やメリット・デメリットを、他のユーザーの口コミも交えながら詳しくお伝えしますので、気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

退職代行sarabaとは

退職代行SARABA

様々な退職代行サービスが運営されており、業者ごとに何がどう違うのか分かりにくいですよね。

まずは私が利用した退職代行SARABAの特徴やメリットについて解説していきます。

退職代行sarabaの特徴

退職代行SARABAは株式会社スムリエが運営している退職代行サービスです。

退職代行SARABAのメリット

  • 労働組合法人なので「交渉」可能
  • 24時間365日対応(即日退職OK)
  • 料金はコミコミで24,000円
  • 万が一退職できなければ全額返金

一般企業が運営する退職代行サービスと異なり、労働組合法人が運営しています。

有休消化退職日の調整といった交渉ができるのが最大のポイント。

万が一退職できなければ全額返金とのことですが、現時点で退職に失敗した事例はないようです。

労働組合が運営しているサービスの中で最安値に近いため、リーズナブルでありながらトラブル対応まで安心して任せられます。

万が一会社と揉めても絶対に辞められるという安心感が最大の決め手でした。

退職代行sarabaのリアル体験談

サービスを利用する前に、実際に利用したユーザーの生の意見を聞きたいですよね。

ここからは私が退職代行を利用したきっかけやSARABAに依頼した理由を解説します。

退職代行を利用した理由

私が退職代行を利用しようと思ったきっかけは、以下の理由が挙げられます。

  • どうしても上司に退職を言い出す勇気がなかった
  • 退職を切り出すとトラブルになりそうだった
  • 社長がワンマンで脅される可能性があった
  • 辞めたいけど不安と恐怖で精神状態が不安定だった

こんな会社本当にあるの?

と思うかもしれませんが、事実です。

当時勤めていた会社の社長は、従業員とトラブルを起こして裁判になっているような会社でした。

「辞めたいです」と伝えれば、短気な社長に自分も殴られたり脅されたりするのではないかと気が引けてしまい、会社に伝える決心がつかなったのです。

とにかく当時は、不安と恐怖がいっぱい・・・

当時勤めていた会社の社員数は12人程度で年齢層も高く、私は「数少ない20代の若手社員」だったので、引き止められることは簡単に想像できます。

仕事やプライベートの問題が積み重なり心身を消耗していたため、これ以上のトラブルに耐えられる自信はありませんでした。

あまりにも長い期間退職を迷いすぎので、「辞めたい」という気持ちはすでに限界に達しています。

就業規則を守り、退職を伝えてから1ヶ月も勤務することが嫌で仕方なかったです。

ネットの情報で「即日退職できるサービスがある」ということを知り、退職代行を利用しようと考え始めました。

「ある程度のお金を払って辞められるなら、今すぐにでもやめたい!」と気持ちが固まった瞬間です。

退職代行sarabaを選んだ理由

退職代行sarabaを選んだ一番の理由は、労働組合法人が運営しているという安心感でした。

退職代行sarabaの料金は24,000円で、他の代行業者の中には1万円台の料金でもっと安く依頼できるところがあったのも事実です。

しかし、調べていくうちに

「一般の代行業者だと会社と何かしらのトラブルがあったときに、間に入って交渉してもらえない」

ということが分かりました。

たとえ安くても、そのせいで会社とトラブルになって余計に大きな問題になるのだけは避けたかったのです。

「もし有給休暇の消化を拒否してきたらどうしよう」

「万が一退職金を払わないような態度を取られたら嫌だ」

何があっても確実に辞められるところが良いと考えた時、トータルで24,000円という金額に納得できたため、退職代行SARABAにお願いすることを決めました。

ケチって退職に失敗したら会社で生き地獄に遭いますからね・・・。

また、契約前に無料でLINE相談ができたことも決め手となった理由のひとつです。

はじめて退職代行を利用するにあたり不安な事だらけでしたので、細かな心配事も含めて質問しまくったことを覚えています。

LINEの返信も早く的確な回答だったので、そこで「退職代行SARABAに依頼しよう」と決心しました。

退職代行SARABAを実際に利用した流れ(体験談)

退職代行SARABA

はじめて退職代行を利用する方にとっては、申し込みから退職までの一連の流れが気になるポイントではないでしょうか。

ここからは実際に退職代行SARABAを利用する流れを過程ごとに詳しく解説していきます!

お問い合わせ方法

退職代行sarabaの公式サイトにアクセスし、「LINEで問い合わせる」をタップして友だち申請の手続きをします。

友だち申請が完了後、はじめにsarabaの自動対応メッセージが送られてきますので、そこから気になることを質問することができます。

私の場合、夜23時05分に最初の問い合わせをしたところ、3分後には回答が返ってきてビックリしましたね。

夜遅くの問い合わせにもかかわらず、すぐに返信が帰ってきたので24時間365日対応は本当だと確信しました。

相談から申し込みまで

退職代行SARABAでは無料でLINEの問い合わせに対応していますので、納得できるまで質問して疑問点を解消することができます。

疑問が解消し、「退職代行をお願いしたい」と決まったら申し込みに移りましょう。

支払い方法は前払いで、銀行振り込みもしくはクレジットカード払いを選ぶことができます。

私の場合は銀行振り込みを選択したので、SARABAが指定する口座に振り込んだ明細を写真で取ってLINEで送信しました。

ATMから出る明細を取り忘れないようにしましょう!

支払いをして明細を送ることで申し込みが完了します。

その後15個の質問が書かれたヒヤリングシートがLINEで送られてきますので、質問への回答をLINEで送信しましょう。

  • 住所、氏名、電話番号
  • 職種
  • 会社名と所属部門
  • 会社に連絡してほしい日時
  • 希望退職日
  • 有給休暇の残り日数 など

ヒアリングシートの回答を元に、あなたが希望する日時に会社へ退職する旨の電話をしてくれます。

私は即日退職を希望していたので、次の日の朝に会社へ連絡してもらうよう依頼しました。

退職代行実施中の心境

夜に連絡をし、翌朝には会社へ退職代行から連絡が入る流れになっていたので、当日は心臓がバクバクして気持ちが落ち着きませんでしたね。

当然会社や上司から携帯に連絡が入ってきますので、着信やLINEを拒否。

すべての対応をSARABAの担当者にお任せしていたことを覚えています。

朝9時に女性のスタッフと連絡が取れたようですが、社長がお昼に出社するということで「その時間にもう一度連絡をします」と担当者から連絡が来ました。

その数時間も不安でいっぱいでしたし、正直「自分はとんでもないことをしているのかもしれない」とも思いましたね。

血の気の多い社員も多かったので、家に押しかけてこないかと不安でいっぱいでした。

上司から電話が掛かってきたときにはSARABAの担当者に

筆者
筆者
「私に連絡しないように伝えてもらいましたか?」

とLINEで質問をしています。

担当者
担当者
「お伝えしていますが強制はできないため掛かってきてしまう可能性はありますが、出られなくても大丈夫です」

と回答を貰えて安心しましたね。

12時になり社長と連絡が取れ、

「社長様と連絡が取れました。書類(退職届など)を確認しますとのことです」

とLINEで報告が入りました。

退職するまでにかかった時間

退職代行を依頼した翌日には必要な書類一式を会社へ郵送したので、退職に向けて自分が動いたのは1日だけでした。

退職すると決めてから退職日まで有給を消化した期間はありましたが、とくに問題なく時間は過ぎていきます。

あとは会社から離職票や源泉徴収票などが届くのを待ちつつ、有給を消化して退職日を迎えた、というのが私の実体験です。

特に会社と揉める様子もなく、スムーズに辞められたので本当に良かったです。

無事に退職

有給休暇を終え、退職日を迎えた時にやっと気持ちが落ち着き始めました。

従業員が営業で動き回る会社なので家に立ち寄られたりするのではないかとビクビクしていましたが、結局そのような事は一度もありませんでした。

正直、退職代行を実行している最中は「とんでもないことをしているのではないか」と不安で仕方ありませんでしたが、今では断言できます。

本当に、退職代行SARABAに依頼して良かったです。

私はいろいろと考えすぎて行動できなかったため、何年も退職を迷いながら自分をごまかすように働いてきました。

しかし、「絶対に辞めてやる!」と決意して退職代行SARABAに連絡したら、次の日には出社せずに済んだのです。

「今までウジウジと何を悩んでいたのだろう」とすら思いましたね。

それくらい、あっさりと辞められたので退職代行SARABAを使うと決心した過去の自分を褒めたいくらいの気持ちです。

退職代行SARABAを利用して感じたデメリット

退職代行を利用した時の体験談を紹介しましたが、気になる点もいくつかありました。

メリットだけを語ると偏りがあるので、退職代行SARABAを利用して私が感じたデメリットについても解説します。

対応が淡々としている

特に問題なく退職できたので、結論から言うと大きなデメリットを感じることはありませんでした。

しかし、相談に対する回答の文章が淡々としており、ビジネスライクな温度感だったのは気になったポイントです。

なので「退職を迷う人への温かみのある対応」を望む方には合わない可能性があります。

せめて少しでも絵文字を使って柔らかい雰囲気を出してくれても良いのではないかと思いました。

私は最初から最後までLINEでやり取りしていたので、電話相談だと違った印象を受けることも考えられます。

淡々と仕事をしてくれる事に頼りがいを感じる方もいるでしょうし、やり取りの感想に関しては「人による」と言ったところでしょうか。

事前にLINEで相談できるので、その時のやりとりで安心感を抱けるかどうかを判断ポイントにしてみましょう。

お金が掛かる

退職代行を利用すれば、少なからずお金がかかります。

退職代行SARABAは合同労働組合と提携しているサービスの中でもトップクラスに安いのは事実ですが、24,000円というお金が出ていくのはそれなりの痛手でした。

私のように転職先を決めずに辞める方であれば、しばらく無職になる可能性も考えられるのでお金には少しでも余裕を持っておきたいところですよね。

退職代行サービスとしてはリーズナブルですが、財布には少し痛かったという話です。

しかし、全く後悔はしていません。

退職代行を使わなければ、退職日まで嫌な空気を味わい続けることになっていたでしょう。

会社での全てが嫌になっていた私にとっては、辞めるために取引先などを挨拶して回ることすら考えたくありませんでした。

退職を伝える会話や退職までの嫌な1ヶ月をたったの24,000円で全てスキップして会社に行かなくて済むようになったことは最高の一言です。

なので退職代行を利用する前に、お金をしっかりと貯めておくことをおすすめします。

会社の人との縁が切れる

会社の中には自分に優しくしてくれたり恩を感じる上司も何人かいたので、その人と縁が切れてしまったことに少し後悔しています。

退職代行を使えば強制的に会社から抜け出せるため、副作用として「お世話になった人との関係が終わる」という心の痛みがありました。

これはあくまで私個人の話であり、「会社の人間と縁が切れようが一向に構わない」という人もいるでしょう。

会社の中で「今後も会いたい」という人がいるのなら、事前に退職の話をしておくなど何かしらの対処が必要です。

会社内に仲の良い人がいる場合、退職代行の利用は慎重にならざるを得ないでしょう。

退職代行sarabaを利用して感じたメリット

デメリットを解説しましたが、もちろん得られたメリットの方が断然大きいです。

ここからは退職代行SARABAを実際に利用した私が感じたメリットを紹介します。

ストレスから一気に解放される

退職代行SARABAに依頼したことで、長年の会社に対するストレスや苦しみから、わずか1日で解放された日のことは忘れません。

「もっと早く依頼すれば良かった」と心から思います。

私のように会社の人間関係やタイミングを考えすぎて、なかなか退職を伝えられない人はたくさん居るはずです。

今思うと「辞めたい」と思いながら長く働き続けるのは、体力や気力を削られ自信を失っていくだけの無意味な時間でした。

プロにマッサージされて初めてひどい肩こりに気付くように、「実はとても辛い環境だった」と気付くのは退職後なのです。

だからこそ、自分で伝えられずに悩んでいる人には退職代行にお願いすることを強くおすすめします。

「明日から会社に行かなくていい未来」を想像してみてください。

その時に気持ちが晴れやかになったり、心地よく感じるようであれば、退職代行を検討してみましょう!

手続きがシンプル

SARABAに申し込むために必要なのは、振り込みの明細をLINEで送るだけだったので、手続きがシンプルです。

一番時間がかかったのは、申し込み前に不安なことや疑問点をあれこれと質問した時で、肝心の手続き自体はすぐに完了します。

ヒヤリングシートにも10分くらいで回答できますので、「忙しい、めんどくさい」といった感覚はありませんでした。

手続きはシンプルですし、途中で分からないことがあればLINEで気軽に相談できるのも安心できます。

あっという間に話が進んでいくので、「仕事が早いな~」と感動したことを覚えています!

必要書類を送ってくれる

退職代行SARABAに支払いを終えてヒアリングシートを記入したあと、会社やSARABA宛に送る必要書類をまとめて貰えました。

退職代行SARABAから貰えた書類
  • 退職届のひな型
  • 会社への要望書
  • 退職代行ユニオン加入届

SARABAから貰った書類のフォーマットを印刷して記入し、まとめて会社に送付すれば完了です。

退職代行ユニオン加入届は労働組合に一時的に加入するための書類で、退職完了後に自動で脱退となるようです(特に連絡はありませんでした)。

初めて退職する人だと退職届の書き方や必要書類が分からないという方も多いでしょう。

退職代行SARABAなら書類の書き方や準備で不明な点があっても、LINEですぐに回答が届くので安心して手続きを進められました。

交渉を依頼できる

退職代行SARABAの強みは労働組合に加入して退職の手続きを行うため、万が一のトラブルにも対応してもらえるところです。

たとえば次の日から会社に行かなくて良いようにするためには、設定した退職日まで有給休暇を利用する流れになります。

本来は違法ですが、会社が「有給消化を認めない」と拒否することも考えられるでしょう。

このように万が一会社がこちらの要求を無視したり拒否した場合に、退職代行SARABAなら労働組合法に基づいて正当に交渉してもらえます。

私の場合は揉めることがなかったので交渉してもらう必要はありませんでしたが、その安心感は紛れもなく大きなメリットでした。

なので「万が一会社とトラブルになって退職できなかったらどうしよう」と不安な方でも安心して全てを任せられます。

料金はすべてコミコミですべてをお任せできる分かりやすさと安心感でとても助かりました!

退職代行SARABAを利用したリアルな感想

退職代行SARABAを利用してみて、「あまりにもスムーズに退職の手続きが進んだので最初は実感がなかった」というのがリアルな感想です。

筆者
筆者

あんなに長年悩んでいたのに、LINEで相談して振り込みを完了させた翌日には会社に行かなくなったわけですからね。

有休を消化して退職日を迎えた数日後にようやく「自分は本当にあの会社と縁が切れたんだな」とホッとした気持ちになったことを覚えています。

今では自分の能力を活かした働き方を実現できてストレスもかなり減りましたので、「あの時退職代行を使って本当に良かった」と心の底から感じますね。

逆にあの時退職代行SARABAに依頼していなかった今頃どうなっていたのかと思うとゾッとします・・・。

退職代行SARABAをおすすめできる人

アイテム

退職代行SARABAをおすすめしたい人を紹介します。

  • 万が一のトラブルに対応して欲しい
  • 明日にでも辞めたい
  • 安くてしっかりした業者が良い

私の場合は幸運にも会社と揉めるようなことにはなりませんでしたが、人によってはトラブルに発展する可能性もあります。

普通の退職代行だと、トラブルに泣き寝入りするか、結局自分で弁護士を立てたり労働基準監督署に連絡しなければなりません。

労働組合法人が運営している退職代行SARABAであれば、有給休暇や退職金の支払いといった「交渉」が可能です。

つまり万が一のトラブルでもすべてお任せできるので、「一切会社と連絡せずに退職を成功させたい」という方にピッタリではないでしょうか。

 

労働組合法が「盾」になるので、従業員としての権利を堂々と主張してもらえる安心感が強みです。

即日退職もできる

 

退職代行SARABAリアル体験談のまとめ

今回の記事では、筆者が実際に退職代行SARABAを利用したときのリアルな体験談を紹介しました。

改めて私がお伝えしたいのは、

「辞めたいと感じる会社はすぐにでも辞めた方が良い」

ということです。

辞めたいと感じている職場に居続けたとしても自信を失っていくだけですし、あなたが自分らしく活躍できる環境は必ずありますからね。

繰り返しになりますが、私は退職代行SARABAを使って本当に良かったと思っています。

退職代行SARABAを使うか迷っている人は、LINEで納得がいくまで問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

電話ではなくLINEのメッセージで気軽にやり取りができるため、話すのが苦手な方でも安心して相談できます。

あなたがストレスだらけの環境から抜け出して、新たな一歩を踏み出せることを心から応援しています!