転職の悩み

短期離職を繰り返す人は転職で不利になる?成功する6つのコツを徹底解説!

短期離職を繰り返す人は転職で不利になる?成功する6つのコツを徹底解説!

短期離職を繰り返すと働くことに自信が持てない。

「次の転職活動でも不利になってしまう」と不安になりますよね。

  • 書類選考で落とされる
  • 面接で短期離職について聞かれたら困る
  • どうしたらいいのか分からない

どうしてもネガティブに捉えてしまいますが、原因や解決策をしっかり把握しておけば、短期離職でも転職は可能です。

短期離職を3回、5回と繰り返していても、転職に成功する6つのコツを紹介します。

離職回数が多いけど、今の状況を改善したい人はぜひ最後までご覧ください。

短期離職を繰り返すと転職で不利?

結論から言うと、短期離職はやはり転職で不利になってしまいます。

リクナビNEXTが行った「採用担当者は転職歴、何回目から気になりますか?」というアンケート調査では以下のような結果に。

転職回数統計

画像引用:リクナビNEXT

採用側も3回目以降の転職は、やはり多いと感じてしまうようです。

転職回数が多いと、採用担当者も良いイメージは持たないでしょう。

3回以上転職している場合は多い分類に入りますが、一貫性のある転職や明確な理由がある場合は、転職回数はとくに気にしないとしている企業もあります。

また、企業が求めている人材やスキルを持っているのであれば、採用される可能性はありますので、自信を持ちましょう。

短期離職を繰り返す6つのデメリット

短期離職でも転職はできますが、やはり回数が多すぎるのは悪いイメージを持たれやすいでしょう。

転職における短期離職のデメリットを紹介します。

  • ジョブポッパーに認定される
  • 書類選考で落とされる
  • 社会的信用を無くす
  • 妥協した転職活動になってしまう
  • 面接対策が難しくなる
  • 精神的な疲労から病気になることも

①ジョブポッパーに認定される

ジョブホッパーとは一般的に、1~2年で転職を繰り返していて、1つの企業に定着しない人材のことを指します。
一見かっこいいネームに聞こえますが、これは全く良いことではありません。
希望する業種と関係ない仕事で転職を繰り返していれば、いい印象をもつ採用担当はいないでしょう。

②書類選考で落とされる

短期離職を繰り返すひとは、面接官に好印象を与えることが難しくなります。

どうしても入社後すぐに辞めてしまうのではないか?という懸念を持たれますし、書類を見た時の印象も悪くなります。

同じようなスキルを持ったAさんとBさんがいた場合

  • Aさんは転職歴1回
  • Bさんは転職歴5回

明らかにAさんを採用したいですよね。

転職が多いと第一印象も悪くなり、書類選考で落とされてしまう可能性は高まります。

③社会的信用を無くす

短期離職が多いと、「うちに就職してもこの人はどうせすぐ辞めるだろう」と、どうしても頭に浮かんでしまうものです。

遅刻を繰り返す人が「次は遅刻をしません」と言っても、説得力に欠けるのと同じで一度無くした信用を取り戻すのは大変なことです。

④妥協した転職活動になってしまう

短期離職をしている人は、普通の人より転職先がなかなか決められず苦労します。

そうなると生活もかかっているので、どうしても妥協した転職を選択せざるを得なくなります。

本来ならもっと自分に合った仕事をしたいのにそれが出来なくなるため、不満を抱きながら仕事をすることになる。

その結果、早く辞めたくなり短期離職を繰り返す悪循環になりがちです。

⑤面接対策が難しくなる

短期離職が多いと、面接において退職理由を説明するのが、苦し紛れの言い訳と捉えられることも。

初めての離職は前向きな退職理由も多く、面接でも高評価に繋がりやすいです。

ただ、3回・4回と短期離職が続くと、退職理由を説明しても言い訳がましく聞こえ、面接官を納得させるのは難しくなります。

⑥精神的な疲労から病気になることも

短期離職は自分都合で辞めていることが多いとは言え、何らかの原因を抱えている人が多いです。

短期離職をしてしまう原因を突き止めないと、疲労から、うつ病など発症してしまうこともあるでしょう。

短期離職を繰り返す4つの原因

困る人

短期離職を繰り返す人は、自分を責めてしまう傾向がありますが、それでは何も意味がありません。

大切なのは「どうして離職を繰り返してしまうのか?」原因を分析することです。

  • 給料だけを見て入社する
  • 妥協して入社した
  • 企業研究不足のまま入社
  • 短期離職を他人のせいにする

それぞれ解説していきます。

①給料だけを見て入社した

求人票に掲載されている給与面だけをみて、入社を希望する人もいるでしょう。

確かに高給料は魅力的です。

しかし給料面だけで判断してしまうと、ブラック企業の可能性もあり結果的に失敗してしまうことも。

②妥協して入社した

転職したいなと考えたときに、始めは転職先の条件について真剣に考えますよね。

しかし、条件を始めに決めておいたにもかかわらず、妥協入社してしまう人もいます。

始めは入社できたという喜びはありますが、それは一瞬だけです。

譲れない条件を無視して企業に入社すれば、やはり満足することができずモチベーションが下がり離職してしまいます。

③企業研究不足のまま入社

入社前の企業リサーチはとても重要なことです。

 

  • 業務内容のギャップ
  • 能力以上の仕事
  • 将来性のない会社

など、本来であれば入社前に知ることができた情報も、知らずに入社し後悔してしまうことに。

準備不足といえばそれまでですが、少なくとも興味のある企業であれば事前に業務内容などは調べるものです。

ここで退職が頭に浮かんでしまえば「こんなはずじゃなかった」と離職に繋がります。

④短期離職を他人のせいにする

離職した原因を自分ではなく、会社や他人のせいにしている人はいつまでもうまくいきません。

原因を他責にする人は問題を見直すことがないので、成長もしないし感情で退職を決める傾向が強いです。

これではどこに入社してもうまくいかないので、強い意思をもって改心しないと短期離職がクセになってしまうことも十分考えられます。

短期離職を繰り返さない成功のコツ

閃き

短期離職を成功させる6つのコツについて解説します。

  • 自分に本当に合っている仕事を探す
  • 専門的なスキルを身につける
  • ネガティブ思考にならない
  • 転職理由を明確にアピール
  • 謙虚で前向きな姿勢
  • 人手不足の職種も検討

自分に本当に合っている仕事を探す

自分が本当に合っている仕事を探すことは大切なことですが、「本当に合っている仕事が分からない」と悩む人も多いでしょう。

見つける方法としては、仕事を探す前に「やりたくないこと」に目を向けてみましょう。

  • 初対面の人と話すのがしんどい
  • 上からの圧力がすごい
  • 会社の目標が厳しい

など、なんでもOKです。

苦手なことを書き出して、その中でも頑張れること、絶対無理なことに分けてみましょう。

自分に合っている仕事を見つけると、楽しくなり、転職活動も前向きになるのでおすすめです。

専門的なスキルを身につける

専門的なスキルを身につけておけば、就職で有利になってきます。

スキルさえあれば、即戦力の社員としてその会社でも重宝されます。

採用担当者も、「短期離職のマイナスより入社後どのように会社に貢献できる人材か」という視点で考えてくれるでしょう。

ネガティブ思考にならない

短期離職を繰り返していると、だんだん自信がなくなってきます。

  • どうせ自分なんて
  • 次の職場でもミスしたらどうしよう
  • 上司や同僚とうまくできるかな

一度ネガティブ思考になってしまうと抜け出すのは大変です。

面接が不合格だったとしても「次の企業をリサーチしよう」「大したことじゃない」と、切り替えてポジティブでいることが重要です。

転職理由を明確にアピール

転職理由をアピールすることはとても大切なことです。

まず転職理由で大事なのが、前向きな転職理由かどうか!

引越しや家庭の事情でやむを得ない事情はあるかもしれませんが、仕事を主体に自分の成長ややりがいなど、前向きな転職理由を考えるようにしてください。

謙虚で前向きな姿勢

短期離職を繰り返してしまうと、自虐的な発言も多くなるでしょう。

自虐的になったところで誰も助けてくれません。

だからこそ謙虚で前向きな姿勢でいれば、周囲も自然と応援したくなりますし、転職活動は誰かの支えやサポートがあった方がうまくいきます。

人手不足の職種も検討

どんなに不景気と言われている状況下でも、人手が足りない企業は存在します。

そういった企業に応募すれば、会社側とすれば「救世主が来た〜」と感じることでしょう。

ここで注意して欲しいのは、その会社が自分に合っているかどうかとブラック企業ではないかです。

人手不足の会社であれば内定を得られる可能性はグッと上がりますが、自分に合っていない場合は再び退職することになりかねません。

また、人手不足の会社はブラック企業の可能性も秘めているため慎重に進めましょう。

まとめ:短期離職を繰り返している人は転職エージェントに頼るべき

短期離職を繰り返して転職に不安を感じているなら、転職エージェントを活用しじっくり相談するのがおすすめです。

短期離職を繰り返していても、転職を成功させている人はたくさんいます。

どんなに厳しい状況下でも、必ずどこかにチャンスはあるので、それをどう生かすかもあなた次第です。

僕も実際に使って良かった転職サイトをまとめたので是非参考にしてください。

実際に使って良かった転職サイト▶