転職の悩み

転職はブランク期間に何もしてないと不利?空白期間が1年空いたときの対策方法

転職でブランク期間に何もしてないと不利になる?

仕事を辞めてからある程度のブランク期間が空いてしまうと、この先転職できるのか不安になってしまいますよね。

  • 転職ブランク期間に何もしてない
  • ブランク期間が長いから転職で不利になりそう
  • 空白期間が1年以上で自信がない

このような状況でも、しっかり対策すれば十分再就職することは可能です。

本記事では、転職ブランク期間に何もしていないと不利になってしまうのか、空白期間の影響度についても解説します。

ブランク期間が長い場合の対策方法を知ることで、不安も解消され自信を持って転職活動ができるでしょう。

ブランク期間に何もしてなくても転職できる?

結論から言うと、ブランク期間に何もしていなくても転職は可能です。

  • 企業が求めるスキルや経験がある
  • 若さとポテンシャルがある
  • ブランクを通じて得たものをアピール

ブランク期間何もしてなくても受かりやすい人の特徴を順番に解説します。

企業が求めるスキルや経験がある

企業にアピールできるようなスキルや経験を持っている人は、ブランク期間に何もしてなくても特段問題はないでしょう。

  • 特別な資格を保持している
  • バイリンガルではなくトリリンガル
  • 自信ももってアピールできる経験がある

企業も転職者が自社に相応しいスキルを持っているのであれば、即戦力として迎えられるのでwinnwinな関係を築くことができます。

若さとポテンシャルが高い

20代は体力もあり、ポテンシャルも高いので、ブランク期間に何もしていなくても採用される可能性は高くなります。

ブランク期間に仕事以外のことに挑戦したり知見を広げておくことは今後の人生においても大切です。

20代であればブランク期間は気にしなくても大丈夫なので、自信を持って転職活動を進めましょう。

ブランクを通じて得たものをしっかりアピール

ブランク期間に何もしていないとは言っても、何かしら考えたり感じることはありますよね。

自分探しをしたり、今後の人生について真剣に考える時間も時には必要です。

何もしてない状態から、転職活動を始めるだけでも大きな一歩。

等身大の自分をしっかりアピールすれば、その熱意はしっかり面接官にも伝わります。

転職におけるブランク(空白期間)の影響度とは?

転職のブランク期間が長くてもまったく採用されないということはありませんが、空白期間が長ければ長いほど影響度が大きくなるのは否めません。

ブランク期間が長いとどうなってしまうのか、1ヶ月と1年の場合どうなのか、影響度の違いについても解説します。

ブランク期間が長いと仕事への意欲が低下する

ブランクによる影響が大きいのは企業ではなくあなたにあります。

  • 働くことに対する意欲が低下
  • 働いてもすぐに辞めたくなる

働いていない期間が長いと、就職できてもすぐに辞めたくなったり、仕事が嫌になってしまうこともあります。

転職ブランクが1ヶ月の場合

1ヶ月のブランク期間何もしていなくても殆ど影響はありません。

ブランク期間が1ヶ月〜半年以内であれば正常の転職期間と言えます。

転職エージェントの利用期間が3ヶ月の所が多いですが、転職にはある程度の時間が必要です。

転職活動しながら、他の職種や仕事に興味を持つ人や、転職活動に疲れて一時休止したい人もいます。

焦って1ヶ月以内に転職活動を進めるよりは、じっくり検討しながらの転職がおすすめです。

転職ブランク1年何もしていない場合

ブランク期間が半年〜1年以上の場合は多少転職に影響が出てくるころ。

特に1年以上何もしていないと企業は「なぜ?」という疑問を持ちますので、「ブランク期間に何をしていたのか」をしっかり証明できれば大きな影響はないでしょう。

  • 転職に必要な資格取得をしていた
  • 出産や子育てをしていた
  • 体調や健康不良のため
  • 留学していた
  • 自分探しをしていた

休んでいた期間に何をしていたのかしっかり回答できるようにしておきましょう。

転職でブランクがある際に会社が抱く懸念点

ブランクがあることで企業が懸念するポイントは以下の6つ。

  1. 計画性がないのではないか
  2. 技術職やクリエイティブ職は能力低下が懸念点
  3. ブランク期間の理由と何をしていたか
  4. 採用してもすぐに辞めないか?
  5. 責任感の有無
  6. 再就職への意欲や熱意

①計画性がないのではないか

ブランクが長いと、計画性がないと思われることがあります。

やむを得ない事情がある場合は必ず理由を明確に伝えましょう。

「それなら仕方ない」と納得できる内容を伝えることが大切です。

②技術職やクリエイティブ職の場合能力低下が懸念

再就職しようとしている仕事が技術職やクリエイティブ職の場合、ブランクによる能力低下は否めません。

企業はブランクの有無に関わらず、即戦力を求めることが多いので、能力低下で仕事が満足にできない場合は採用が難しくなります。

どうしても技術職やクリエイティブ職で働きたいという人は、面接時や書類選考の際にポートフォリオを提出できるようにしておきましょう。

③ブランク期間の理由と何をしていたのか

大切なのは、なぜブランク期間があるのかをしっかりと伝えること。

  • 病気になってしまった
  • 親の介護が必要だった
  • 転職活動してたけどうまくいかなかった

親の介護で半年間仕事を辞めていたとしても、実際のブランクがトータル1年であれば、残りの半年間は面接官を納得させられる内容を伝えなければなりません。

ブランクだけを原因に受からない言い訳をしていては、内定を貰える確率も下がるでしょう。

④採用してもすぐに辞めないか

働いていない期間があるため、採用してもすぐに辞めないかと思われるのは仕方がないことです。

熱意を伝えるために、働いていた頃にどのような考え方をもって仕事をしていたのかをアピールしましょう。

一生懸命仕事をしていた過去を鮮明に説明できる状態であれば、面接官は「この人は十分働ける」と思ってくれるでしょう。

⑤責任感の有無

ブランクがある人は、どうしても仕事への感覚が薄れてしまっているため責任感の有無が問われます。

責任感があることを伝えるのは非常に難しいですが、

  • 仕事への熱意や今までの経験を伝える
  • 自分の強みをしっかりアピール

することが重要になります。

⑥再就職への意欲や熱意は確かなものか?

企業は仕事に対して意欲の薄い人は採用したくないと考えます。

やる気をアピールし、意欲や熱意があることを証明しましょう。

転職でブランク(空白期間)が不利になる場面

転職活動でブランク期間が長い場合に不利になってしまうことについて解説します

ブランクがあると書類審査に影響する

ブランクがあると職務経歴書や履歴書に空白ができてしまいます。

これは企業にとってマイナスに感じる部分が大きく、どうしても不利になりがち。

このような状況の人は、書類選考のない転職エージェントの利用がおすすめです。

書類選考をしない企業は、、今までの経歴やスキルを重要視していません。

  • やる気
  • 熱意
  • ポテンシャル
  • 自社で一緒に働きたい

このような気持ちが重要になります。

書類選考がないおすすめの転職エージェントは就職Shopです。

就職shopの評判や特徴を解説
就職Shopの評判は悪い?口コミから特徴や注意点を徹底解説就職shopは、職歴に自信のない人や若い人におすすめの転職エージェントです。 転職エージェントといっても数多くあり、一体どれが自分...

面接はブランクがあっても不利にはならない

書類選考を通過しているのであれば、企業はブランクがあることも受け入れているので面接では気にしなくても大丈夫です。

ただ、ブランク期間について聞かれる可能性はあるので、明確に答えられるようにしておきましょう。

企業が気にするのはブランクそのものではなく、ブランクがあったことによる仕事への影響です。

ブランク(空白期間)がある面接で伝えるべきこと

ブランク期間がある人は面接で何を重視して伝えればいいのか、伝え方や対策について解説します。

ブランクを選んだ理由を明確にする

ブランクの理由は出産や介護、資格取得や勉強、心身の休養など人によって様々です。

伝え方の一例を紹介します。

親の介護でブランクが空いた場合

親の介護をどのくらいの期間していたのか明確に伝えましょう。

再就職後は介護による仕事への支障があるのかを前もって企業に伝えておくことも重要です。

出産・子育てによるブランクの場合

働けるようになった理由や環境を伝えましょう。

  • 子供が大きくなって働くことに支障がなくなった
  • 親が面倒をみれるようになった
  • 保育園に入所できた

また、「子供が風邪を引いた場合は会社を休まないといけない」など仕事に影響をおよぼす可能性はあらかじめ伝えることも大切です。

子供や家庭の事情を事前に伝えておくことで、企業もあなたの環境を理解します。

資格取得や勉強のためのブランクの場合

資格取得の勉強やスクールに通っていたことを伝えることで、仕事で活躍していきたいという前向きな姿勢をアピールできます。

ただ、世の中には働きながら勉強して資格取得している人もいるので、、休んでまで資格取得をしたかった理由を明確に伝えましょう。

ブランク期間で得た学びと次に活かせること

ブランク期間は働いてないとはいえ、学べることは数多くあります。

資格取得や留学などはもちろん、介護経験や療養期間に学べたことや気付きは面接でもしっかり伝えましょう。

  • 親の介護をして自分には介護が向いていると思った
  • 療養して働けない期間があり仕事を頑張りたいと思った

新たな学びをもとに、仕事で活かせるものを探ってみることも大切です。

向いていないと思っていたものが実は向いていたり、苦手意識のあったものが平気になることもあります。

ブランク期間何もしていないと感じる人は、小さな気づきを大切にしましょう。

ブランクで何もしてなくても正直な思いを伝える

特に介護があったわけでもなく、資格取得などの勉強をしていたわけでもない。

いわゆる「なにもしてこなかった人」もいるでしょう。

その場合は嘘の理由を並べず、はっきりと何もしていなかったことを伝えるべきです。

何もしていなかったことが悪いとは限りません。

仕事が嫌になって辞めてしまい、そのままズルズルと無職の期間が続いたのならその旨を伝えましょう。

大切なのは、何もしていなかったけど、今転職活動をしているという事実。

決してマイナスになる要素ばかりではないので、ウソを重ねるより正直な気持ちを伝えることが大切です。

まとめ

転職ブランク期間に何もしていなくても、転職で成功することは可能です。

ブランク期間が1年以上など長い場合は不安も大きくなるため、しっかり対策した上で企業にアピールしましょう。

  • ブランク期間の理由を明確にする
  • 仕事への意欲を見せる
  • ブランクがあってもこれまでのスキルや経験をアピール

自己分析が苦手な人やアピールポイントが見つからない場合は、転職エージェントのサポートを受けながらの転職活動がおすすめです。

何もしていないから諦めるのではなく、自分にできることは何なのか探すことで転職成功への道が開けます。

初心者でも利用しやすいおすすめの転職サイトをまとめているので、是非参考にしてください。

実際に使って役立ったおすすめの転職サイトと転職エージェント数ある転職サイトや転職エージェントの中で、僕が実際に使って役に立った転職サイトをまとめました。どこに登録すればいいのか分からない人は是非この記事を参考にしてください。...