仕事の悩み

仕事が覚えられない萎縮は身体の拒否反応?怒られて怖いときの解決策!

仕事覚えられない萎縮状態はやばい?怒られて辛いときの対処法!

「仕事が中々覚えられない、怒られてばかり委縮しちゃう」

同僚は仕事ができて、自分だけ覚えられないと、焦りや不安から毎日職場に行くの辛くなってしまいますよね。

結論をお伝えすると、仕事ができない理由は自分だけでなく会社にも問題があります。

  • 萎縮は拒否反応の理由
  • 恐怖で萎縮するときの対処法
  • 萎縮しないで仕事を覚える6つの方法
  • 頑張っても仕事が覚えられないときの解決策

毎日上司や先輩に「まだ仕事覚えてないのか」と怒られると身体が委縮してしまい恐怖からうまく行動できていない可能性も考えられます。

本記事では、仕事で萎縮してしまう時の対処法や解決策も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

仕事が覚えられなくて怖い、怒られて萎縮してしまう人はあなただけではないので大丈夫です。

仕事が覚えられない!委縮するのは危険信号

仕事が覚えられず、萎縮している状態はかなりストレスも溜まっていてヤバい状態と言えるでしょう。

仕事が覚えられず委縮してしまうのは、仕事に対してかなり恐怖を感じている状態です。
  • 怒られるのが怖い身構えてしまう
  • 思考停止状態
  • 新しいことにチャレンジできない
  • 通常業務なのに緊張が解けない
  • 仕事が辛い出勤が困難

萎縮してしまう状態がなぜ危険なのか5つの理由から解説していきます。

怒られるのが怖い身構えてしまう

仕事が覚えられず怒られてばかりいると、また怒られると身体が勝手に拒否反応を起こし身構えた状態になってしまいます。

  • また怒られたらどうしよう
  • ミスが怖い
  • とにかく不安
仕事をする前から「また怒られたらどうしよう」と恐怖でいっぱい。

なんとか挽回したい気持ちはあるのに萎縮してしまい、本来の力が発揮できない状況です。

このような精神状態でまともに仕事を覚えるのは難しいでしょう。

思考停止状態

仕事で萎縮していると、正常に判断ができず思考停止になっている可能性があります。

〇〇さん、この仕事今日中にやっておいてね
え、あ、はい。どうしよう・・・分からないところ聞きたいけどまた怒られたら怖い

聞いたら怒られるかも→結局ミスに繋がる→怒られまくる→思考停止になる

恐怖から思考停止になり、仕事を覚えるどころではありません。

新しいことにチャレンジできない

仕事で萎縮してしまうと、仕事を覚えられないほか新しいことに挑戦することも難しくなってきます。

会社で仕事をしているなら、次の目標やステージに向けて積極的にチャレンジしていきたいですよね。

しかし萎縮してしまうと、新しいことにチャレンジする余裕もなく、現状維持するのも困難になってしまいます。

通常業務なのに緊張が解けない

仕事が覚えられず萎縮してしまうと、何でもない通常業務なのに常に身体が緊張した状態になってしまうこともあります。

私自身も同じような経験があります。

私は接客業をしていたのですが、理不尽なお客さんから怒号を浴びせられたのです。

その後、自信喪失になり人前に出るのが怖くなり、恐怖から手が震える症状も一時出てしまいました。

仕事も常に身体が緊張した状態で、また失敗したらどうしよう・・・。

通常業務もこなすだけでもいっぱいいっぱいだったことを覚えています。

私の場合は、前に出て接客しないように職場が配慮してくれたおかげて、転職はしないで済みましたがそうでない職場もたくさんありますよね。

仕事で萎縮してしまうと、通常業務も困難になってしまい辞めざるおえなくなります。

仕事が辛い出勤できなくなる

仕事が覚えられず、怒られて萎縮してしまうと、最終的に出勤するのが困難な状態になってしまう人もいるでしょう。

出勤しても、自分の恐怖心と常に戦っている状態なので、かなり辛い状況と言えます。

家に帰っても自分の不甲斐なさに落ち込み、まさに無限ループの中。

会社=恐怖の場所になっているため、自分自身を取り戻すためにも退職するのがおすすめです。

仕事を覚えられない恐怖で萎縮してしまうときの対処法

仕事を覚えられず職場で萎縮してしまうときの対処法について解説します。

深呼吸して落ち着く

萎縮してしまい恐怖を感じているときは、1回大きく深呼吸して心を落ち着かせましょう。

深呼吸は体をリラックスする効果があります。

呼吸は意識をすることで呼吸の回数や速さをコントロールすることができます。 正しく深呼吸をすることで、副交感神経を刺激し、交感神経優位の体をリラックスした状態にする効果があります

引用:脳神経リハビリ北大路病院

深呼吸はすぐにできるので、取り入れてみてくださいね。

また、自分なりに心が落ち着く方法を探しておくのもいいでしょう。

先輩や同僚と話す

先輩や同僚と話したり、誰かに自分の気持ちを聞いてもらうとかなり楽になれますよ。

大丈夫だよ。緊張しているんだね、リラックスしていいから安心してね。

自分を受け入れてもらえると、スッと緊張がほぐれてリラックスした状態になるでしょう。

また、最初から自分は緊張や萎縮してしまう性格だと話しておくと周囲の人も対応しやすくなります。

あなたの本音を先に言ってしまいましょう。

大丈夫できると考える

仕事が覚えられない焦りから「自分はできない」「覚えられない」と決めていませんか?

最初から諦めるのではなく、「大丈夫!きっとできる」と強い意思を持つだけで、前向きになり仕事にも身が入るようになります。

恥を捨てる

仕事を覚えられない自分は恥ずかしいと思っていませんか?

新人じゃないのに聞くのが恥ずかしいと思っていませんか?

どちらも恥ずかしいことではないので、思い切って恥を捨ててください。

できないのをずっと黙って隠している方が苦しくなり余計に萎縮に繋がります。

恥を捨ててしまえば、気が楽になるのでやってみてください。

萎縮しないで仕事を覚える6つの方法

仕事が覚えられなくて萎縮してしまうけど、あなたはかなりの頑張り屋さんではないでしょうか?

何とか今の状況を変えようと一生懸命やっているのに、覚えが悪く結果、萎縮してしまい本来の力を発揮できていません。

どうすれば仕事を覚えて萎縮しないで業務ができるようになるのか、6つの方法から解説します。

  1. 分からないことはその場で聞く
  2. 自分から分からいことを聞く
  3. できない仕事は引き受けない
  4. 筆記用具は常に携帯
  5. ノートにまとめる
  6. 家に帰ってからも予習復習

分からないことはその場で聞く

仕事を覚えるためには、分からないことはすぐにその場で聞くが鉄則です。

分からないのに聞かないで放置していてもできるようにはなりません。

人に分からないことを聞くのは恥ずかしいことではありませんが、恥ずかしいと思ってしまう人も多いですよね。

ただ、「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」の通り、知らないままだといずれ本当に困るのはあなた自身。

たとえ「こんなことも知らないの?」と聞かれても、覚えて次から実践できれば大丈夫です。

何か言われて「軽く流しておく」くらいにしましょう。

自分から分からいことを聞く

仕事を覚えられない人の中には、相手から教えてもらうのを待っている人がいます。

先輩や上司も、あなたが分からないことまで把握していません。

自分から「ここの業務が分からないので教えていただきたくお時間ありますでしょうか。」と聞きましょう。

待っているだけでは仕事は覚えられないので、自分からガンガン質問してくださいね。

筆記用具は常に携帯

仕事を覚えるためにも筆記用具は常に携帯し、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

スマートフォンが当り前となったいま、メモ帳やボールペンは不要と思っている社会人も少なくありません。

しかし、仕事で上司や先輩に指導されてすぐにメモ帳やノートに自分で書くことが非常重要です。

上司からも熱心にメモしているなと思われて好印象を持たれます。

できない仕事は引き受けない

上司に仕事を振られても、なんでもかんでも引き受けないようにしましょう。

よくある悪い例として、「これやっておいてくれる」と言われて内容をあまり確認せずに「はい」と返事してしまうパターンです。

「はい」と返事をしたからには、後からやっぱりわかりませんでしたとは言いづらいですよね。

そのまま仕事が分からず一向に進んでいないと、

分からないのに引き受けるな

と上司に怒られてしまいます。

分からない場合は思い切って「自分にはまだスキルが足りておらず難しいです」など断る勇気も必要です。

ノートにまとめる

自分は仕事の覚えが悪いと思ったらノートにまとめたり、メモする努力は必要です。

マニュアルを確認するのはもちろんですが、自分で分かるように再度まとめると脳にインプットされやすいですよ。

教えてもらった仕事は、返事だけでなくその場でささっとメモに残しておくと後から振り返ったときに思い出せるのでおすすめです。

家に帰って復習する

慣れない仕事を覚えるためには、自宅での復習が一番大切です。

仕事ができる同僚も自宅では「たゆまぬ努力」をしている可能性が高いでしょう。

覚えが悪いと自覚されているなら、やはり自宅での復習や業務のシミュレーションは必要不可欠です。

もし復習しているのに覚えられないのであれば、そもそも業務内容が適正なのか検討しましょう。

仕事覚えられない萎縮するのは会社にも問題あり

仕事を覚えられず萎縮してしまう理由は自分だけでなく、会社に問題があることも考えられます。

会社に問題がある場合は、自分だけの努力では改善が難しくなってしまいます。

以下のような会社で勤務している方は、転職も視野に入れておきましょう。

  • 部下への教育不足
  • 職場のコミュニケーション不足
  • 上司のマネジメントスキル不足
  • 上司が怖いスパルタ気質

部下への教育不足

仕事を覚えてもらうためには、丁寧な指導や教育が必要です。

  • 人員不足で適当な教育
  • まともに業務を教える時間がない
  • 誰に聞いたらいいのか分からない

このような状況でまともに仕事を覚えるのはかなりハードルが高いと言えます。

会社環境が良いとは言えないので、転職も検討しましょう。

上司のマネジメントスキル不足

仕事を覚えられないのは、自分のせいではなく上司のマネジメントスキル不足が考えられます。

  • 職場の管理ができてない
  • 部下の教育ができてない
  • 部下への指示が適当
  • 現場の様子を把握できてない

上記のようにマネジメントスキル不足の上司がいる職場では、まともに人材教育はできません。

仕事を覚える気があっても、理不尽なことで怒られたり怒鳴られてしまうと「自分がいけないんだ」と萎縮してしまうこともあるでしょう。

ただ、あなたのせいではなく、それは間違いなく会社の責任です。

上司がスパルタで怖い

令和の今、スパルタ気質の会社も減少はしていますが、まだまだ根性論や体罰するパワハラ上司は存在しています。

このような会社で毎日怒られてばかりなど、萎縮するのは当然です。

追い込まれてまともな判断ができなくなってしまう前に、いますぐ転職しましょう。

【仕事が覚えられない】萎縮で苦しいなら今すぐ転職

ここまで萎縮してしまう理由や、対処法について解説してきましたが、どうしても無理な場合もあるでしょう。

仕事が覚えられず萎縮して苦しい状態なら、今すぐ転職して環境を変えましょう。

職場環境が変わるだけで、心境も大きく変わります。

仕事が覚えられないのは適性じゃない業務をしているから

どんなに努力しても覚えが悪いのであれば、適正じゃない仕事に就いている可能性があります。

自分にピッタリな仕事を見つけて、本来の力を発揮した方が仕事も私生活も楽しくなるでしょう。

萎縮するのは身体の拒否反応

冒頭でも話した通り、仕事で萎縮してしまうのは身体の拒否反応とも捉えられます。

精神的に無理をしながら仕事をしていても、あなたがダメになってしまいます。

無理してまで、今の会社で身を削って働くのはやめましょう。

人生一度きり、仕事も私生活も充実させてくださいね。

転職エージェントに相談する

仕事で一度辛い思いをしているので、転職先は自分一人では探すのではなう転職エージェントに相談しながら進めるのが最適です。

転職エージェントは、あなたとしっかりカウンセリングした上で、あなたにピッタリな求人を提案してくれます。

提案してくれたからと言って応募しないといけないわけではありませんので安心してくださいね。

今の状況から抜け出せるおすすめの転職サイトをまとめたので、ぜひ以下の記事も参考にしてください。

\仕事覚えられない辛い萎縮から脱出

おすすめの転職サイト

登録・サービスの利用は無料です。

仕事で萎縮は恥ずかしいことではない

最後に仕事を覚えられず萎縮で悩んでいる方へ、どうして自分だけとこうなってしまうのかと苦しい状況にいると思います。

私自身も同じような経験をしたことがあり、当時はかなり苦しい状況でした。

狭い会社の中だと自分だけに感じますが、世の中あなたと同じように悩んでいる人は他にもいます。

誰かに話すのは、とても勇気がいることですが、思い切って一歩を踏み出してください。

あなたが自信を持って仕事ができる環境を探しましょう。

まとめ

本記事では仕事覚えられず、萎縮してしまう人に向けての解決策や仕事を覚える方法について解説しました。

萎縮してしまっている方は本当に辛い状況に置かれているので、仕事よりも自分優先に考えて行動しましょう。

萎縮するなんて恥ずかしい、誰にも言いたくないと思っているかもしれません。

転職のプロである転職エージェントのコンサルタントは、さまざまな悩みを抱えた転職者の相談に乗っています。

あなたの悩みもきっと解決できますので、勇気をもって行動してみてください。