仕事の悩み

【もう働きたくない30代】仕事しないで生きていく方法はある?30代の選択肢

30代にもなると、仕事での立場も大きく変わり責任も増え、ストレスから

もう働きたくない…

と思ったことがある方は、たくさんいるのではないでしょうか。

本記事では、もう働きたくないと感じている30代が他にどのような生き方ができるかを解説しています。

  • 30代が仕事をせずに生きていく方法
  • もう働きたくない30代が仕事を辞めたほうがいい理由
  • もう働きたくない30代の選択肢

もう働きたくないという強い拒否感があるなか無理して働き続けると、ストレスで体調や精神を崩す可能性があります。

本記事を参考に、30代のより良い生き方を模索してみてください。

もう働きたくないと30代が思ってしまう4つの理由

30代が「もう働きたくない」と思ってしまうのは、主に以下4つの理由があります。

  • 給料が上がらないのに仕事量が多くなる
  • 責任感の重い仕事ばかり任される
  • 仕事内容がつまらない
  • 会社に希望が持てない

何故あなたがもう働きたくないと感じるかを理解し、より良い人生にするための対策へと繋げていきましょう。

給料が上がらないのに仕事量が多くなる

今の時代どの会社も業績が厳しく、大きな給料アップはほとんどないでしょう。

そんな中でも、年齢を重ねれば自ずと仕事での立場も上がりますし、仕事量も増えます。

その結果、給料は上がらないのに仕事量だけが増えるという状況になってしまうのです。

自分の努力が報われないどころか、さらに努力を求められる状況では、もう働きたくないと思ってしまいますよね。

責任感の重い仕事ばかり任される

在職期間が増えると、どんどん仕事での責任感は大きくなります。

一般的に、責任の大きさに伴い給料も増えますが、それ以上に精神的なプレッシャーで辛い方もいるでしょう。

今は、給料が増えず責任だけ大きくなる仕事も多いみたいです。

仕事内容がつまらない

仕事内容がつまらないと、もう働きたくないと思ってしまう方が多い印象です。

つまらないけど給料が高いとかつまらないけどラクとか、他のメリットもないことがほとんどだからです。

いくら生活のためとはいえ、少しはやりがいのある仕事がしたいものですね。

会社に希望が持てない

意外と多かったのが、会社に希望が持てず「もう働きたくない」と思ってしまうパターンです。

30代にもなると、ある程度は社会情勢や会社組織についても想像がつくようになります。

そうすると、会社に未来があるかどうかの想像がついてしまうのです。

「今の会社にいても希望がない」と感じると、働く意味を見失ってしまうのですね。

【もう働きたくない30代】仕事しないで生きていく方法はある?

30代でもう働きたくないと思ったら、仕事をしないでも生きていく方法もあります。

ここでは、もう働きたくない30代が仕事をせず生きていく方法を紹介します。

  • 失業保険でしばらく生活する
  • 専業主婦・専業主夫になる
  • 貯金を崩しながら節約生活をする
  • 実家で生活する
  • 全く仕事しないで生きていくのは厳しい

とはいえ、ずっと仕事をしないで生きていくのは厳しいのが現実。

一時的に働かない生活をしながら、将来を見据えた人生設計を考えましょう。

失業保険でしばらく生活する

直近の仕事を正社員として1年以上やってた方は、失業保険が受給できます。

そのため、もう働きたくないと思ったら失業保険の生活を考えてもいいでしょう。

失業保険を自動計算できるサイトがあるので、今あなたが会社を辞めたらいくらの需給が可能かチェックしておきましょう。

ただし失業保険の目的は、働く意欲がある人が就職先を見つけるまでを支援することです。

自己都合による退職の場合、受給期間は90日(約3ヵ月)。

すぐに仕事復帰は考えておらずそれ以上の余裕がほしい人は、他に紹介してる手段を検討しましょう。

専業主婦・専業主夫になる

パートナーがいる方は、パートナーの理解を得られるなら専業主婦(専業主夫)になるのもいいでしょう。

もう働きたくないけれど、何もしないのは申し訳ない…という罪悪感が軽減します。

主婦(主夫)にも違った大変さがありますので、逆に「これなら外で働きたい!」とモチベーションにつながる可能性も。

貯金を崩しながら節約生活をする

これまで貯金を頑張ってきた人は、貯金を切り崩しながら節約生活をするのもいいでしょう。

実際に貯金生活をしたことがある筆者からすると、目に見えて減っていく貯金に不安を感じるタイミングが来ます。

貯金がゼロになるギリギリまで働かないのは、逆にストレスになる可能性が高いです。

そのため、「働かない」ことで生まれた心の余裕があるうちに、これからの人生をどう生きていくかを考えていきましょう。

実家で生活する

頼れる実家がある人は、思い切って実家で生活するのもおすすめです。

これだけで、毎月の家賃が数万~10万円ほど浮き、精神的に余裕ができます。

また、ご両親が元気な場合、帰ってきた子どものためにご飯を作ってくれることもあるでしょう。

金銭的な負担と家事の負担が一気に減り、精神的な回復も早まるはずです。

全く仕事しないで生きていくのは厳しい

ここまで、仕事をせず生きる4つの方法を説明しました。

しかし、ずっと全く仕事をしないで生きていくのは厳しいのが現実です。

総務省による「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」では、1ヵ月の生活費は平均155,561円という結果が出ています。

参考元:家計調査報告書 家計収支編(2021年)

たとえば、貯金が300万円あったとすると、一人暮らしなら約20ヵ月、実家暮らしなら約30ヵ月(家賃は生活費の3分の1で計算)がリミットとなります。

対策としてできることは、「もう働きたくない」と思った理由がない仕事に転職したり、働き方を工夫することです。

将来のことを見据えて、より良い選択をしていきましょう。

30代もう働きたくないと思ったら今の仕事を辞めてみよう

30代でもう働きたくないと思ったら、今の仕事を辞めてみるのも手段の1つです。

仕事を辞められるなら辞めたいけど、本当に辞めていいの?

このような不安を感じる方に、仕事を辞めてもいい具体的な理由を解説します。

  • ①働きたくないと思うのは現仕事に不満があるから
  • ②我慢しているとうつ病になる可能性もあるから
  • ③ゆっくりリフレッシュする時間も必要だから
  • ④仕事を辞めることは悪いことじゃないから

「仕事はしなきゃいけない」という固定観念から解放された先で、自分の人生には何が大事かと気づけるかもしれません。

①働きたくないと思うのは現仕事に不満があるから

現仕事が不満なら、もう働きたくないと思うのも同然ですし、十分に辞める理由となります。

まだ不満を感じるだけで何の対策もしていないなら、一度どうにかできないか本気で向き合ってみてもいいでしょう。

不満が解決して「働きたくない」気持ちがなくなるなら、それが一番だからです。

不満を解決しようと精一杯のことをしてみたけどダメだった場合は、辞める決断をするのがベストと言えます。

ゆったりとした時間を過ごし、今後の自分の人生を見つめ直す良い機会になるでしょう。

②我慢しているとうつ病になる可能性もあるから

どんな事情があれ「もう働きたくない」と思う気持ちが本心でしょう。

30代は働き盛りだから…
働いてない30代はやばい!

なんて体裁を気にしたところで、やりたくないことを無理やり続けようとすることで確実にストレスがたまります。

その結果、うつ病になる可能性も。

そうなっては本末転倒なので、もう働きたくないと思ったタイミングで辞める選択をするのがベストです。

③ゆっくりリフレッシュする時間も必要だから

「もう働きたくない…」と思い詰めてるようなら、ゆっくりリフレッシュする時間が必要なタイミングかもしれません。

休日や有給休暇を活用しても気分が晴れなければ、一度きっぱりと仕事を辞めるのもアリです。

紹介した仕事しないで生きていく方法のように、一時的にでも働かなくても生きる方法はあります。

今後の人生をより良いものにするためにも、半年~1年ほどリフレッシュする時間をとってみましょう。

④仕事を辞めるのは悪いことじゃないから

そもそも、仕事を辞めるのはまったく悪いことではありません。

一般的には、

  • 目的もなく仕事をやめるのは危ない
  • 30代で働いてないのはヤバい

と言われますが、何が良いか悪いかは限りなく自分次第です。

多少は金銭的に不安になっても、今は仕事を辞めたほうが自分のためになると感じたら、その自分の考えを信じましょう。

【30代】もう働きたくないと思ったときの選択肢

30代でもう働きたくないと思ったら、以下の3つの選択肢を検討してみてください。

  1. バイト生活で生きる
  2. フリーランス・個人事業主になる
  3. リフレッシュして時間をおいてから転職活動する

正社員で働くだけがすべてではありません。

ぜひこの先を読み進めて、あなたに合った働き方を見つけましょう。

①バイト生活をして好きな仕事を探す

「もう働きたくない…」と思った30代は、ひとまずバイト生活をしてみるのがおすすめです。

【ひとまずバイト生活をするメリット】

  • シフト制のところが多く、自分で働きたい日時が選べる
  • 正社員よりプレッシャーが少ない
  • 短期バイトも多く、さまざまな職種を体験できる
  • 週3週4の働き方を試してみる

長い人生の中、ずっと正社員で働き続けなくても大丈夫です。

少しペースを緩めて、自分らしく働ける環境やストレスフリーな働き方ができる仕事を探すのも大切ですよ。

②フリーランス・個人事業主になる

型にはまった働き方が窮屈に感じる方は、フリーランスや個人事業主を検討してみましょう。

フリーランスや個人事業主は、基本的に時間や場所に囚われず自由なスタイルで働けます。

通勤もなく、満員電車のストレスに悩まされることもありません。

自分で仕事を選べるため、できれば関わりたくない上司やクライアントなど、人間関係に悩まされることも減ります。

ただし、

  • 安定的に稼げるようになるまで時間がかかる
  • すべての自己管理を行わなければならない
  • やらなければ収入は減る

というデメリットがあります。

よく在宅ワークは稼げないと言われますが、やり方次第なので、やってみたい方はぜひチャレンジしてみてください。

③リフレッシュして時間をおいてから転職活動する

リフレッシュする時間を作ったことで、「やっぱりまた働きたい」と感じた方は転職活動をしましょう。

前職で「もう働きたくない」と思ってしまった理由をきちんと把握し、転職活動に活かすこと。

転職ブランクがあって何もしてない期間があっても、30代なら転職活動の方法次第でいくらでも転職できる可能性があります。

少しでも「やっぱり働きたい」という気持ちが芽生えたら、これまで休んだ分のエネルギーを活かして再チャレンジしてみましょう!

まとめ

今回は、もう働きたくないと思った30代が、働きたくなった理由や仕事をせずに生きる方法を解説しました。

  • 「もう働きたくない」と感じるのは努力が報われてる気がしない時
  • 仕事せず生きる方法はあるがあくまで対処療法
  • もう働きたくないと思ったら仕事を辞めるのもアリ
  • もう働きたくない30代の選択はバイト・フリーランス・転職

少なからず「もう働きたくない」と思った原因があるはずです。

原因を払拭すれば、次は楽しく働けるようになる可能性があります。

一時的に仕事から離れてでも余裕を作って、あなたにとってより良い人生の方向性を見つけましょう。