仕事の悩み

【どうすれば】会社員に向いてない男でも無能ではない理由を徹底解説!

会社員に向いてない男でも無能ではない理由を徹底解説!

「会社員向いてないしどうすれば…」と無能な男だ…と悩んでいませんか?

 

結論から伝えると「会社員に向いてない=無能ではない」です。

 

とはいっても、現状をどうすればいいか悩んでしまいますよね。

本記事では「無能ではない理由」や「いま、どうすればいいか」を解説します。

会社員が向いていないから起業して成功した人や、自分の道を進みたくてアーティストやフリーランスになって活躍している人は多いです。

会社員の働き方で行き詰まりを感じている方は、ぜひ参考にしてください。

会社員に向いてない男でも無能とは限らない理由4選

パソコンを見て悩む男性「会社員に向いていない男=無能」ではありません。

その理由は、主に以下4つです。

会社員に向いてない男が無能ではない理由
  • 人には向き不向きがある
  • 業務内容とマッチしていないだけ
  • 会社員が嫌すぎるけど家族のために頑張っている
  • やりがいを感じてないだけ

これまでの経験や環境、適性によって、人それぞれ自分の長所が活かせる仕事は違います。

人が輝ける場所は1つではありません。

今の仕事で上手くいかないからといって、無能と決めつけないようにしましょう。

人には向き不向きがある

人は千差万別なように「得意なこと」も違います。

  • 仕事をし始めたばかり
  • 転職をした経験がない
  • 幅広い業務を経験していない

上記に当てはまる人は、得意な仕事に巡り会えていない可能性が高いです。

また、最近は多種多様な職業が生まれ、個人の能力を活かして働く仕事が多いです。

私の体験談ですが「世の中にはたくさん仕事があって、自分の経験はほんの一部だ」と考えたら楽になりました。

ぜひ、あなたの趣味や特徴を整理してみてください!いまの会社にマッチしていないだけかもしれません。

業務内容とマッチしていないだけ

会社が「あなたを適切に配置していない」可能性もあります。

  • 手先は器用だけどパソコンは苦手
  • 仕事は早いけど指示は苦手
  • 仕事は好きだけど会話が苦手

会社員の仕事の多くは、業務への知識・専門的なスキル・周囲とうまくやるコミュニケーション能力など、総合的な能力が必要です。

どれかひとつでも欠けてしまうと、会社員として無能と感じたり「あいつはできない」と言われてしまう場合があります。

仕事や上司とのコミュニケーションなど、器用にこなせる人材が有利になりやすい現状ですよね。

ひとつの物事を極めるのは得意だけど、色々な業務を器用にこなすのが苦手な人は、無能なわけではなく、会社員の働き方にマッチしていないだけかもしれません。

会社員が嫌すぎるけど家族のために頑張っている

「男たるもの、妻や子供のため安定した会社員として定年まで稼ぐべき。」

以前より大分薄れてきているといえ、このような考えは現在もまだまだ残っていますよね。

しかし、会社員の働き方がそもそも嫌いな人も世の中にはたくさん存在します。

  • 苦手な仕事を押し付けられる
  • 本当に意味があるのか疑いたくなるような会議
  • 下らない飲み会や付き合いでストレスMAX
  • ブラック企業を思わせる仕事の多さ

しかし会社員として働くのは、家族と自分のためにも、最もリスクが少ない働き方です。

安定していると理解しているからこそ、会社員が向いていないと自覚しつつ、家族のため毎日頑張っている人が多いです。

人のためなら嫌な仕事でも頑張れるというのは、立派な能力のひとつではないでしょうか。

やりがいを見つけられてないだけ

仕事は人生のほとんどの時間を使うので、やりがいがないと退屈です。

  • 意欲的に働けない
  • 体感時間が長い
  • 会社に行くのが億劫になる

やりがいがない仕事はつまらないですし、1日が長く感じます。

また、仕事に身が入らず、些細なミスが積み重なる場合もあります。

無気力感からくる些細なミスと無能を混同して「自分は無能だ」と勘違いしかねません。

一度、冷静に自分の仕事との向き合い方や、仕事への貢献度など、客観的に振り返ってみるといいかもしれませんね。

会社員に向いてない人の特徴

怒られる男性

会社員に向いていない人の特徴を一言で表現すると、周りの影響を受けやすく、合わせるのが苦手な人です。

具体的には、以下のような性格の人を指します。

  • 周囲と比べてしまう
  • 自分のペースで仕事をしたい
  • 人間関係が苦手

上記のような人がなぜ会社員に向いてないのかを、あなたの経験と重ねながら参考にしてください。

周囲の人と比べてしまう

頭ではわかっていても、周囲と比べて自己嫌悪になってしまうという人は、あまり会社員に向いてないかもしれません。

また、人と比べ過ぎてしまうところもあります。

  • 社内の競争が激しい
  • 上司から同僚と比べられる
  • 比べ過ぎてしまう性格だから

比べ過ぎてしまう人は、日頃から比べられてきた環境にいる場合が多いです。

生まれながらの個性やこれまでやってきた成果、得意・不得意が異なるため、同じ仕事をしても個人個人で結果に差が出るのは当然です。

「自分の得意なこと」を尊重し、強みと捉えられない人は会社員が向いていない可能性があります。

いまはリモートワークの会社やクライアントワークなどが増えてきているので、環境に左右されない働き方を検討してみてもいいですね。

自分のペースで仕事をしたい

自分のペースで仕事がしたいという気持ちはわかりますが、会社員として働く以上、周囲との協調性は必須です。

  • 周りの仕事が遅いと感じる
  • 周りから仕事を急かされる
  • どんどん仕事を進めていきたい

自分のペースで仕事がしたい人は、上記のような気持ちを抱えながら仕事をしている場合が多いです。

しかし、会社では足並みを揃えてプロジェクトに取り組んでいます。

自分で仕事を進め過ぎた結果、仕事をやり直す羽目になってしまうかもしれません。

自分のペースで仕事がしたい人は、クライアントワークや自己完結できる仕事が向いています。

自分のペースで仕事をしたい人は、タスクをしっかりとこなしてくれるので、会社によっては貴重な人材になります。

人間関係が苦手

会社員は組織で働いている以上、多くの人とかかわります。

「あの人、少し苦手かも。」

「理不尽なことばかりいう人だなぁ。」

こんな気持ちになったときは、何度もありますよね。

もちろん、人間関係には相性もあります。

しかし、業務を円滑に進めるためには、自分を押し殺してでも周囲に合わせる場面も必要になります。

  • 他人に合わせるのが苦手
  • 苦手な人に合わせるのに、抵抗感がある
  • 会社の人間関係に価値を置きたくない

過去の経験と照らし合わせると、人間関係が苦手な人は上記に分類されます。

簡単にいえば「空気が読めない」「仕事さえ完結すれば良いと思っている」と考えている人は、人間関係で問題を抱えやすいです。

会社員に向いてない人はどうすればいいか

会社員に向いていないだけで、あなたが輝ける仕事はあります。

今は様々な働き方ができるので、自分を活かせる仕事を見つけやすい時代です。

そのために下記の選択肢があります。

  • 起業やフリーランスになる
  • 副業を始める
  • 働き方の見直しをする
  • 転職する

上記のなかでも、働き方の見直しと転職は比較的早めに環境を変えらる選択肢です。

この目次はたくさんの選択肢を紹介しているので、読んでもらえればあなたにマッチした選択肢が見つかります。

起業やフリーランスになる

在宅ワークが一般化し、パソコンで収入を得やすい社会に変わってきました。

そんな状況の中、自分のスキルをいかして起業やフリーランスの道を考える人も少なくありません。

参考までに、代表的な職種を特徴と一緒に紹介します。

職種 特徴
Webデザイナー ・クラウドソーシングの募集が多い
・実務経験者が優遇される
・学習したスキル次第では未経験でも働ける
プログラマー ・人材不足のため実務経験者は重宝される
・起業するには最低1年の実務経験が必要とされる
ライター ・執筆分野の知識があれば未経験で働ける
・「記事単価×総執筆記事数」「文字単価×総執筆文字数」で収入が決まる

スキルまたは実績があれば、比較的に仕事として確立しやすい職種を厳選しました。

ただし、人によって安定して稼げるようになるまで時間を要するので、注意が必要といえます。

判断が難しければ、フリーランス専門エージェントのキャリア相談を利用すれば、適切に自分の市場価値を把握できるのでおすすめします。

副業を始める

いきなり起業やフリーランスのハードルが高ければ、副業から始めましょう。

副業には下記のメリットがあります。

  • 副収入で心に余裕ができる
  • 職種の向き・不向きがわかる
  • 本業で安定しながら挑戦できる

本業を辞めるのは現実的に難しいため、本業の傍らで行う副業がおすすめです。

副業で収入が入ると精神的に安定しますし、転職の際は自分のスキルとして強みにできます。

まずはクラウドワークスなどのアウトソーシングに登録し、仕事内容を確認してみてください。

働き方の見直しをする

そもそも会社員が向いていないと思っているなら、転職したところで上手くいかない可能性が高いです。

現状を変えるには、しっかり自己分析して、働き方を見直す必要があります。

自己分析で明らかにするポイント
  • 自分のどのような点が会社員に向いていないのか
  • 今できる具体的な改善策
  • 苦手な仕事の特徴
  • 苦手な職場環境や対人関係のパターン

自己分析が不安であれば、キャリアコーチングを受けるのもおすすめです。

キャリアコーチングは、具体的なキャリアプランの作成だけではなく、働き方や対人関係の悩みに対して個別カウンセリングをこなってくれます。

当サイトがおすすめするキャリアコーチングサービスは「マジキャリ」です。

→無料で利用できるマジキャリの評判はこちら

マジキャリは無料で利用できますので「キャリアコーチングって何?」と思っている人は、参考にしてもらえると幸いです。

転職をする

会社員として結果を出せるかは環境次第のところもあります。

転職によって状況が好転しそうなら前向きに検討しましょう。

  • 今の職場が向いていない
  • 得意なことがある
  • やりたい仕事がある

上記の内容にひとつでも当てはまれば、転職をおすすめします。

注意する点は、環境が辛いという理由だけで安易に転職を決断しないでください

決断には「転職に精通した」第三者の意見を取り入れてもらいたいです。

第三者の意見をもらうには転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは転職の相談から、実際に転職するまでを無料でサポートしてくれます。

→実際に使って良かった転職エージェントを比較紹介

上記の記事では、実際に使ってよかった転職エージェントを比較紹介しています。

5分ほどで読めますので、あなたが転職に悩んでいるならぜひ参考にしてください。

まとめ:会社員に向いてない男でも無能でもないし問題ない

会社員に向いていないと思っても、自分を無能と決めつけるのは時期早々。

たまたま、自分の長所が、会社員に求められる能力と一致しなかっただけの可能性もあります。

すぐできる対策
  • 無能と諦めず行動する
  • 自己分析をする
  • 転職エージェントに登録する

「どうすればいい」と悩んでいる人は、上記の内容を実施してください。

「会社員に向いていない」=「無能」ではありませんので、あなたが輝ける職探しに力を入れていただきたいです。

転職は…と思う場合、副業などから始めてみてくださいね。

楽しく、やりがいを持てる働き方の発見につながれば幸いです。