転職の悩み

リクルートエージェントと面談したくない?無視した場合のデメリットを徹底解説!

リクルートエージェント面談したくない

面談となると、心配や不安はつきものです。

  • リクルートエージェントの面談は必要なの?
  • 面談したくないけど無視するのはあり?
  • リクルートエージェントと面談したくない・・・

しかし、納得のいく転職をしたいのであれば、面談はするべきですよね。

この記事では、リクルートエージェントと面談はしなくてもいいのか、しなかった場合のデメリットについて解説します。

面談で悩んでいる方は、是非最後まで読んでみてください。

リクルートエージェントと面談はしなくてもいいの

リクルートエージェントと必ず面談する必要はありません。

面談をしなくても登録できますし、求人のチェックも可能です。

登録に関して「面談を絶対にしなくてはいけない」という項目もないので安心してください。

面談が苦手だから登録を迷っている場合、「面談」は強制ではありませんので安心してください。

「まずは登録して様子を見たい!」

という人でも利用することができます。

リクルートエージェントの面談を無視したらどうなる

面談を無視してしまった場合に起こりうる問題点は3点あります。

  • コンサルタントから信頼されない
  • サポートが雑になる
  • 連絡頻度が多くなる

それぞれについて、解説します。

コンサルタントから信頼されない

面談や連絡を無視することは、社会人としてのマナーが欠落しています。

あなたの信用はなくなり、コンサルタントからも本当に転職したいのか疑われるでしょう。

無視した結果、キャリアアドバイザーと顔を合わせるのが気まずくなる可能性が。

最終的に、「あのとき、連絡を無視していなければ」と後悔してしまうのです。

サポートが雑になる

サービスは全て無料のため、面談を無視しても違約金などはありません。

しかしキャリアアドバイザーもわざわざ面談の時間を作ってくれています。

それがドタキャンされて、無視されたらどうなるかは想像できますよね。

サポートが雑になるのはもちろん、求人紹介の優先度も低くなる可能性が。

有益な情報がほしいなら連絡は密にとりましょう。

連絡頻度が多くなる

自分は「キャリアアドバイザーとのやりとりが面倒だから」と無視しても、相手はその真意を悟ることはできません。

アドバイザーは、連絡が取れないことを心配してくれているのです。

あなたが連絡をしないと、連絡の頻度が多くなるだけです。

必要ないならその旨はきちんと伝えないと、お互い無駄な時間や労力になるだけです。

リクルートエージェントと面談しない3つのデメリット

デメリット(×)を持った人

面談しない場合のデメリットについて解説します。

面談が苦手でどうしようか悩んでいる人は参考にしてください。

①非公開求人を逃す可能性が高い

面談をしないと、好条件の非公開求人を逃してしまう可能性があります。

「非公開求人」は面談によりアドバイザーから紹介されることが多いからです。

電話で紹介してもらえることもありますが、面談なしではアドバイザーに転職の熱意を正確に伝えることはできません。

つまり、自分にあった好条件の求人があったとしても、優先的に紹介してもらえないこともあるでしょう。

②応募書類や面接対策が満足に受けられない

面談を行わない場合、応募書類や面接対策など細かなサポートを受けることは難しいです。

  • 応募書類の添削ができない
  • 面接時の話し方のアドバイス
  • 身だしなみのアドバイス
  • 模擬面接

内定をもうらためには、面談でのアピールが非常に重要です。

対策が不十分だと、本番で本来の力を発揮することも難しいでしょう。

職務経歴書の作成や面接に自信がない人は、面談を受けてしっかりサポートしてもらうのが得策です。

③方向性が共有できない

面談ができないと、転職の方向性をしっかり共有できない恐れがあります。

  • 転職する目的や方向性
  • 希望条件
  • 転職活動の進め方
  • 応募したい企業とのやり取り
  • 求職者が欲しがっている情報

 

転職の方向性がアドバイザーと共通認識できていないとミスマッチが起こります。

なぜ転職エージェントを利用しているのか、しっかり目標を決めて行動しましょう。

リクルートエージェントと面談する4つのメリット

メリット(〇)の棒

リクルートエージェントの面談には、もちろんメリットもたくさんあります。

実際に面談することで、あなたの状況を把握し的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

 

①希望する業界の状況を知ることができる

キャリアアドバイザーは、業界の内部事情に詳しいです。

自分1人では、探しきれない情報も丁寧に教えてくれます。

面接をする前には、業界の知識を勉強するのは必須。

アドバイザーとの面談で最新の情報を知ることもできるのです。

②自分のキャリアや人間性を知ることができる

面談を利用することで、客観的な情報を得られるようになります。

一人で転職活動を進めていくと、視野が広げられず迷いも出てくるでしょう。

面談をすることで

  • キャリア
  • スキル
  • 性格

など、新たな自分の可能性を知ることができ、未経験の職種にも挑戦できるようになります。

③今後のキャリアプランについて相談ができる

転職希望者の中には、本当に今転職するべきなのか悩んでいる人もいるでしょう。

リクルートエージェントの面談は、一人ひとりのキャリアプランや仕事の悩みも相談できます。

自分1人では、難しいことも相談すること解決できることはたくさんあります。

 

④面接対策のアドバイスをもらえる

アドバイザーは、面接官の質問傾向や選考ポイントについて詳しいです。

つまり、面談でより効果的なアドバイスを受けることができます。

企業との面接後にフィードバックをもらえることもあり、たとえ選考で落ちても次に活かすことができるので、アドバイザーとの関係は大切にしたいですね。

リクルートエージェント面談の評判や口コミ

面接している会社員の男性

実際にリクルートエージェントで面談をしている方の評判や口コミを紹介します。

面談の良い口コミと評判

良い評判として「面談が丁寧で親切だった」という声があります。

やはり圧倒的な知名度にひかれて登録をしました。登録してからのレスポンスも早く、最初のインタビューから求人紹介・選考過程での状況ヒアリングやアドバイザリー・内定後のフォローアップまでメール、電話ともに気持ちのよい対応をしていただけました。私が支部の存在しない遠隔地に在住だったため、実際にオフィスでの対面は難しく、メールと電話での対応に終始しましたが、選考が進んで模擬面接(想定させる質問への対処方法アドバイス)も丁寧にご対応いただけたことが、実際の面接時の自信にもつながり最終的に内定をいただけたと感謝しております。 引用元:みん評

求職者の悩みを親身になって聞いてくれます。

「前向きな相談ができ、しっかりと目標や思想について聞きいれてくれる」というのが素晴らしいです。

面談の悪い口コミと評判

「アドバイザーとの相性の良し悪しでモチベーションに変化」

という口コミがありました。

最初の面談も息苦しさを感じる、突っ込まなくていいことも聞いてきて失礼。
担当が悪かったのでしょうか。
非常に残念です。
担当者がよければ継続していたかも。

引用元:みん評

相性が悪いなと感じたらアドバイザーを変えてもらいましょう。
ほとんどの転職エージェントでは、キャリアアドバイザーをチェンジすることが可能です。

リクルートエージェントと面談したくないときの対処法

面談を行ったほうがスムーズに転職活動を進められますが、どうしても面談できない人もいるでしょう。

リクルートエージェントを面談なしで利用する際は、アドバイザーへ必要な情報をしっかり伝えられるように準備が必要です。

担当キャリアアドバイザーをチェンジしてもらう

面談したくない場合、担当コンサルタントを代えてもらうのは効果的な対処法です。

アドバイザーとの相性が悪いと感じたら、「担当者を変更してほしい」とハッキリ伝えることで、代えてもらうことができます。

希望条件を広げる・見直す

なるべく希望条件を広げるようにしましょう。

自分の希望条件が狭すぎると感じた場合は、アドバイザーと調整する気持ちが重要です。

既に実績とスキルがあれば別ですが、実績がない状態で無理を伝えると紹介できる求人が限られてしまうので注意しましょう。

リクルートエージェントと面談したくないときは他の転職エージェントに頼る

リクルートエージェントが自分に合わないと感じるなら、他の転職サービスの利用がおすすめです。

他の転職エージェントも併用すれば、幅広い求人情報を知ることが可能です。

面接対策から職務経歴書の添削をはじめ、自分にマッチしている転職エージェントを見つけましょう。

実際に使って良かった転職エージェントを紹介▶

まとめ

リクルートエージェントと面談したくないと考える人もいますが、転職を成功させるためには面談した方が絶対うまくいきます。

めんどくさいと感じる人もいるでしょう。

ここでしっかり転職活動をしないと、いつか後悔するときがきます。

将来の可能性を引き出すためにも、面談はするべきです。