仕事の悩み

人間関係が悪い会社の特徴!続けるべきかの判断基準も紹介

人間関係の悪い職場の特徴
給料が良くても、人間関係が悪い職場で働くことは、日々ストレスを感じますよね。

 

「人間関係がもっと良い職場で働きたいな・・・」

と思いつつも、何も行動できない日々を過ごしている人も多いでしょう。

結論:人間関係が悪い職場で無理して働く必要はありません。

本記事では、人間関係が悪い職場の特徴、続けるべきかの判断基準について紹介していきます。

人間関係の悪い職場で働くことに疲れている人は、この記事をぜひ参考にしてください。

人間関係が悪い職場の特徴

頭を抱えて悩む男性

人間関係が悪い職場には、6つの特徴があります。

  1. 挨拶しても返さない人が多い
  2. 上司が理不尽
  3. 年功序列が根付いている
  4. 悪口・陰口・愚痴・不平不満が多い
  5. 個人プレーが目立ち連携ができず協力して仕事できない
  6. 風通しが悪く情報共有ができていない

自分の職場と照らし合わせてみましょう。

 挨拶しても返さない人が多い

「おはようございます」や「おつかれさまです」などの挨拶を返さない人が多い職場は、人間関係が良好とは言えないでしょう。

職場での挨拶は、ビジネスマナーの1つでもあり、コミュニケーションをとるために必要なことです。

挨拶をしない理由

  • 挨拶がビジネスマナーだと思っていない
  • 上司が挨拶をしないから、自分もしない
  • 人によって挨拶をする人としない人を選んでいる
  • あまり親しくない人には、挨拶をしない
  • 挨拶されたことに気づいていない

出勤時に挨拶をしたのに無視されてしまうと、小さなことですがストレスを感じてしまいます。

上司が理不尽

上司との関係は、仕事をする上でとても大切です。

上司が理不尽であると、部下同士の関係が悪くなるなど、さまざまな部分で悪影響を及ぼします。

理不尽な上司の特徴

  • 自分はサボって、部下に仕事を頼む
  • 指導することは激怒するものと思っている
  • 部下には高圧的な態度
  • 自分よりも目上の人には気に入られようと接する
  • 気持ちに波がある
  • 気分で仕事をしている
  • 部下を好き嫌いで判断

人間関係が悪い職場は、上司の理不尽さを誰も指摘しないため、治ることは難しいでしょう。

 年功序列が根付いている

いい意味で年功序列が根付いていて、経験豊富な頼もしい上司が沢山いる環境であれば、働きやすい職場と言えます。

しかし、悪い意味で年功序列が根付いている職場は、部下がとても働きにくい環境です。

年功序列が根付いている例

  • 部下に、平気で傷つくことを冗談のようにいう
  • 自分はあまり働かずに、部下に仕事をまかせる
  • どんなに効率のいい方法でも、意見を聞かず、昔からのやり方を突き通す
  • 長く勤めているがスキルがない上司が、部下に指示を出す
悪い意味で年功序列が根付いている例

古き時代の考えが根付いている職場は、改革も難しいでしょう。

なるべく早く転職を考えるべきです。

悪口・陰口・愚痴・不平不満が多い

悪口・陰口・愚痴・不平不満が多い職場は、人間関係が悪いと言えます。

悪口・陰口・愚痴・不平不満が多い人の特徴

  • 自分がやりたい仕事ができていない
  • プライベートが上手くいっていない
  • 周りの人に嫉妬心がある
  • 悪口を言って、周りとコミュニケーション

仕事をする中で、嫌なことは誰にでも起こり、愚痴を言いたくなる時もあります。

しかし、周りの人からするとストレスになるだけです。

自分も気づいたら平気で悪口を言ってしまう可能性もあり、早く環境を変えましょう。

個人プレーが目立ち連携ができず協力して仕事できない

個人プレーが多い職場は、連携が取れず仕事もスムーズに進みません。

社員同士が協力をして成果を出したときに、信頼関係が深まり、良好な人間関係を築くことができます。

個人プレーが多い職場だと、助け合いや協力をして仕事を進めることが難しいため、人間関係も悪い傾向にあります。

情報共有ができていない

情報共有ができていない職場では、仕事にも支障が出て、人間関係の悪化にも繋がります。

情報共有ができない環境

  • 情報共有はなんて無意味だと思っている
  • コミュニケーション不足
  • 情報共有を円滑にできる人間関係ではない
  • 職場にリーダーがいない

情報を得られない結果、ミスも増えてしまいます。

お互い嫌な思いをして、どんどん悪い人間関係になってしまうでしょう。

人間関係が悪い職場で続けるべきかの判断基準

人間関係が悪い職場で続けるべきか悩んでいる人は、「このまま働き続けることで、何が得られるのか?」を考えてみましょう。

得られるものが多ければ、働く意味も見つけることができます。

 人間関係が悪いことを相談できる人や部署はあるのか? 

1人で悩みを抱え込むと、ストレスを発散させる場所がなく、どんどん暗い気分になって最悪の場合はうつ病などの病気になってしまうこともあります。

  • 職場の人間関係が悪くてつらい
  • 職場の人間関係がストレス
  • 毎日イライラしてしまう

職場の人間関係で悩んだ時はまずは、誰かに相談してみましょう。

  • 信頼できる友人
  • 家族
  • 外部の相談窓口
  • SNS上での知り合い

友人や家族に言いにくい人は、外部の相談窓口やSNS上での知り合いへ相談してみましょう。

 人間関係が悪い中でも尊敬できる人はいるのか? 

尊敬できる上司や同僚からは、仕事のやり方以外に学べることが沢山あります。

尊敬できる人がいれば、人間関係が悪い中でも、上手く職場で働く方法を見つけることができるでしょう。

スキルアップや成長を感じられる職場なのか? 

仕事に集中し、人間関係のことを考えないようにする人もいるでしょう。

スキルアップや目標があれば、仕事に対するモチベーションも上がります。

しかし、人間関係の悪さに耐えられなくなったら、転職を考えるべきです。

職場環境も良くて、スキルアップできる会社はたくさんあります。

組織風土は簡単には変わらないという事実

「職場の組織問題」の場合は、簡単に変えることは難しいです。

  • 社員同士のコミュニケーションがない
  • 協力する姿勢を大切にしていない
  • 人材を育てる環境が整っていない
  • 離職率が高い

これらに当てはまる人は、環境を変える選択肢を検討してもよいでしょう。

人間関係が悪い職場で退職を切り出せない時の対処

ストップと矢印

人間関係が悪い職場で、辞めたいのに退職を切り出せない人は、退職代行の利用がおすすめです。

退職代行とは?

退職代行とは、退職したい人の代わりに職場へ退職の意思を伝えることができるサービスです。

人間関係が悪い職場で退職を切り出せない人も利用しています。

退職代行のメリット

  • 退職の意思を会社へ伝えてくれる
  • 上司と顔をあわせずに退職もできる
  • 退職後にトラブルにならない
  • 即日退職できる(退職代行業者により異なる)

退職代行のデメリットや問題点を徹底解説▶

業者によっては、即日で退職できるところもあります。

人間関係が悪いことで悩むなら転職する方が幸せ

人間関係が悪いことで悩むなら転職をする方が幸せです。

転職するメリット

  • 新しい人間関係を築くことができる
  • キャリアアップができる
  • 年収を増やすことができる
  • 自分自身を見つめ直すきっかけになる
  • 新しい職種への挑戦ができる

「転職しようかな?」と思ったら、まずは気軽に転職エージェントに登録してみましょう。

プロのキャリアアドバイザーへ無料相談ができます。

相談したからといって、必ず転職活動を始めなければいけないわけではありません。

1人で悩むよりもキャリアアドバイザーへ相談することで視野が広まり、新たな可能性も見つけることができるでしょう。

実際に使って良かった転職サイト▶

まとめ

人間関係が悪い職場で、無理をして働くことは、自分が思っている以上にストレスを感じています。

最悪の場合は、うつなどの病気になってしまうこともあるため、転職をして環境を変えるようにしましょう。