退職代行

退職代行を使うと罪悪感や後悔する?マナー違反ではないし頼るのは悪くない

退職代行を使うと罪悪感や後悔するの

退職代行を使って今すぐ会社を辞めたいけど、罪悪感や後悔の念に駆られて利用できず悩んでいませんか?

  • 同僚にも迷惑がかかりそう
  • 社会人としてマナー違反にならないか心配
  • 利用後は罪悪感に押しつぶされそう

どんなに会社が嫌でも、退職代行を本当に利用していいのか、最後の一歩が踏み出せない人は多いでしょう。

しかし、退職代行を使うことに罪悪感を感じる必要はありません。

我慢を続けて苦しむより、今後の人生を明るくするこを優先するべき。

そこで、退職代行を使っても罪悪感や後悔しない理由を詳しく解説していきます。

今いる状況を一刻も早く改善したい人は、ぜひ本記事を参考に退職代行の認識を変え、罪悪感を感じることなく一歩踏み出すきっかけにしてくださいね。

退職代行で罪悪感や後悔する心情は普通

退職代行を使いたいけど実際は、罪悪感を感じ踏み切れない人は多いですよね。

  • 会社に迷惑がかかりそう
  • 自分で伝えるのが当たり前
  • 同僚や上司に非難されそう

真面目な人ほど悩んでしまいますよね。

具体的に紐解いて解説していきます。

退職代行を使用して辞めた人を知らない

退職代行はここ数年でメディアや雑誌に取り上げられるようになったサービスですが、まだまだ退職代行の存在を知らない人の方が多いでしょう。

実際に退職代行サービスを利用して辞めた人が身近にいないと、本当に利用していいのかと「罪悪感」を覚えますがそれは普通の感情です。

当たり前のように誰もが退職代行を使うようになれば、罪悪感に悩むこともなく利用できるはず。

実際は、退職代行を利用して辞めている人はたくさんいますよ。

退職代行で退職するのは「悪」ではありませんので、どんどん利用していきましょう。

会社に迷惑がかかりそう

退職代行を依頼したら「会社に迷惑がかかるのではないか」と心配になりますよね。

どんなに会社が嫌いな人でも、同僚やお世話になった人にまで迷惑をかけるのは避けたいはず。

結論から言うと退職代行業者は会社としっかり話してくれますし、迷惑をかけることもありません。

退職代行業者は、退職のプロ集団とも言えるでしょう。

利用者が抱えている悩みや罪悪感も、把握した上で退職を進めてくれます。

退職のことは退職代行業者に任せてしまいましょう。

自分自身で伝えるのが当たり前と思っているから

「退職を伝える=自分の言葉で伝える」

そう思っている人も多いですが、そんなことはありません。

重要なのは「退職の意思が会社に伝わること」です。

退職代行を使うことはその為のひとつの手段として捉えましょう。

原則として労働者の意思による退職は自由で、会社は退職を拒むことはできません。

退職の2週間前までに退職届を提出することで退職可能。

期間の定めのある雇用契約の場合
  • やむを得ない事由がある→ただちに退職可能
  • 特に重大な事由がない→ただちに退職はできない(会社との合意が必要)
  • 契約期間の初日から一年後→自由に退職可能

どのような場合も、労働の強制はできないので退職は可能です。

同僚や上司に非難されそう

「退職代行を使ってしまったら周りから非難が・・・」

そんなことを考える必要はありません。

退職代行を使ってから、有給消化を使い会社の人達と会わないまま退職することも可能です。

自分が消化できる有給は事前に確認しておきましょう。

退職代行を利用した後は会社の同僚ともしばらく連絡は取らない方が良いでしょう。

本当に信頼できる人や、お世話になった人へは退職後に連絡すれば大丈夫です。

退職できずに悩んでいるのであれば、退職代行を利用して新たな一歩を踏み出しましょう。

退職代行の利用で罪悪感や後悔してしまうパターン

勇気を出して退職代行を利用したのに「罪悪感」だけでなく「後悔」まで出てきたら最悪ですよね。

退職代行で後悔するパターンもしっかり把握してから利用しましょう。

退職代行のサービスが悪質だった

悪質な退職代行に依頼したら円満退社どころか、退職のことで会社とトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

こうなってしまったら会社にも迷惑がかかり罪悪感が増えるだけです。

退職代行選びは、いきなり一社に絞り込むのではなく、複数に相談してから決定するのがおすすめです。

親や家族に利用がバレてしまった

親や家族に退職代行の利用がバレてしまったときも罪悪感や後悔を感じることが多くなるでしょう。

退職代行が家族に連絡を入れることはないので心配無用ですが、会社から家族に連絡が入ることも無きにしも非ずです。

退職代行から会社に親や家族に連絡しないように伝えてもらうことはできますが、ただの口約束です。

ただ成人した社会人であれば、緊急時以外に会社がわざわざ親に連絡することは通常ありません。

あなたが退職代行利用前にバックレなど問題を起こさなければ大丈夫です。

もし家族や親にバレてしまっても、罪悪感や恥ずかしいという気持ちにならないでください。

あなたの選択は間違っていませんし、会社の状況や辛い心情を話せば理解してくれるのではないでしょうか。

退職代行の利用で罪悪感や後悔しないための準備

退職代行を利用する前にしっかり事前準備しておけば、罪悪感や後悔する時間も減らすことができます。

退職代行後にどうしたいのかしっかり計画する

退職代行を利用してもその後どうしたいのか決まっていないと、辞めた後に喪失感に襲われることもあるでしょう。

退職できたのは嬉しいけど、給料が貰えなくなると

「やっぱり退職代行なんて使わなければ良かったかも」

と思ってしまいがち。

このような状態にならないためにも事前に、

  • 退職代行後にどうしたいのか
  • お金の心配がないように3ヶ月生活できるくらいは貯金しておく

など事前準備は大切です。

退職代行で急に辞めても罪悪感や後悔に悩むことがないように、先の計画をしっかり立てておきましょう。

転職活動を進めておく

退職代行の利用で罪悪感を覚えないためにも、転職活動を進めておきましょう。

新しいことに目を向けていれば負の感情に覆われることはなくなります。

転職活動は自分のキャリアを考えるきっかけにもなりますし、さまざまな業種の仕事に応募ができるので前向きな気持ちになれますよ。

退職代行と転職活動の並行は時間的に厳しいこともありますが、少しでも進めておくといいでしょう。

退職代行に罪悪感を感じる必要はない

退職代行の利用に罪悪感は不要です。

退職代行じゃなく普通に退職する場合でも「罪悪感」を感じてしまう人は多いですよね。

結論を言えば、あなたがそんなに悩む必要はないですよ。

罪悪感を覚える必要がない理由について解説しますので、退職代行の利用で心を痛めてしまう優しい人はぜひ参考にしてください。

  • 新しい人材はすぐに入ってくる
  • 時間の経過とともに薄れていく
  • 退職代行を利用しないといけないような環境が悪い
  • 終身雇用の時代ではない
  • お世話になった人には個別で感謝を伝える

新しい人材はすぐに入ってくる

退職代行を利用して即日退職したら、人手不足の職場はかなり困ってしまうでしょう。

しかし会社の経営状態まであなたが心配する必要はありません。

辞められたら困る状況でも、実際は何とかなっていることがほとんど。

心配しなくても人手不足なら求人を出しますし、新しい人材は補充されます。

私も会社を辞めるときに、自分がいなくなったら悪いなと思ったときがありました。

実際は他の人でもできる仕事だったので、「代わりはいくらでもいる」と認識しちゃえば楽になりますよ。

時間が解決してくれる

退職代行で罪悪感を覚えたとしても、時間とともにその気持ちは薄れていきます。

退職代行に依頼したときは、緊張感や罪悪感などさまざま不安が溢れていますが、退職完了となれば案外気持ちもサクッと切り代わります。

案ずるより産むが易しというように、退職代行の利用に罪悪感や心配は無用です。

その時の感情だけで退職代行を辞めてしまうのはもったいないですよ。

「やっぱりあのとき退職代行を使えば良かった」と後悔しないようにしましょう。

退職を切り出しにくい職場環境だから

退職を切り出しにくい会社に「退職」と伝えるのはかなりのプレッシャーです。

  • 上司が怖い
  • ブラック企業
  • 人間関係が辛い

このような状況下にいる人は、自分の口で退職を伝えるのはかなり厳しいと言えます。

誰だって好きで退職代行を頼っているわけではないですよね。

自分の口でサラッと「退職します」と言えたらどんなに楽だろうかと考えるでしょう。

職場環境や人間関係は、自分だけではどうにもできない問題なので「罪悪感」は一切不要です。

終身雇用の時代ではない

昨今は、昔の終身雇用といった働き方は少なくなっています。

自分に合った職場、自分をもっと必要としてくれる職場へ転職するのは普通の考え方です。

転職するのは悪いことではなく、「辞めるのが悪」という風潮が残っている社会に問題があります。

自分の人生にプラスになる選択をしていきましょう。

お世話になった人には個別で感謝を伝える

退職代行を利用してもお世話になった人には事前に個別で感謝を伝えておけば「罪悪感」に押しつぶされることも少なくなります。

あなたのことをかわいがって育ててくれた先輩や上司がいるのであれば、恩を仇で返す行為と思われるかもしれません。

しかし自分の人生なので、何か言われたとしても誠意をもって感謝を伝えれば大抵の人は分かってくれますよ。

退職代行の利用前に伝えてしまうと社内に情報が漏れるリスクや、引き止められるため、お世話になった人にも退職代行を利用後に伝えましょう。

罪悪感や後悔しない退職代行の選び方

退職代行を利用して罪悪感や後悔しないためには、退職代行業者の選び方が重要です。

特に注意してほしい3つのポイントがこちら。

  • 退職時に交渉ができる退職代行を選ぶ
  • 安すぎる業者は選ばない
  • 無料相談をして違和感を感じないかチェック

退職時に交渉ができる退職代行を選ぶ

退職代行業者も用途別に種類が分かれています。

  • 一般的な退職代行
  • 労働組合が運営する退職代行
  • 弁護士が運営する退職代行

一般的な退職代行業者は、会社に退職する意思を伝達するのみで「交渉」ができません。

このことを知らずに依頼してしまい後悔してしまう人も。

有給休暇を使いたい、退職に関する交渉を会社にしてほしい場合は交渉ができる

  • 労働組合が運営する退職代行
  • 弁護士が運営する退職代行

を選びましょう。

費用が安すぎる退職代行は選ばない

退職代行費用を押さえたい気持ちは分かりますが、相場よりかなり安い場合は注意が必要です。

一般的な退職代行の相場は30,000円程度

弁護士が運営している退職代行だと、50.000円ほど費用がかかるので安い金額ではありません。

しかし金額だけ見て業者選びをしてしまうとサービス内容が他社と比べて少ないこともあり、円満退社できない可能性も出てきます。

退職代行を利用して後悔しないためにも、費用だけでなくサービス内容もしっかり目を通しましょう。

無料相談をして相性が良い代行業者を探す

退職代行の利用は、無料相談をするところから始まります。

ほとんどの退職代行が気軽にLINEなどからメッセージを送れるので、メッセージする中で信頼できる業者なのかを見極めることも重要です。

  • 自分の悩みを真剣に聞いてくれるのか
  • 質問に丁寧に答えてくれるのか
  • すぐに返信はくるのか
  • やりとりの中で違和感を感じないか
  • 罪悪感を取っ払ってくれるのか

退職代行で後悔しないためには、利用する業者選びが本当に大切です。

少しでも嫌だなと思ったら他の退職代行業者を探しましょう。

退職代行業者の数は100社以上もあり、この中から自分にピッタリな退職代行業者を探すのはかなり大変ですよね。

初めて退職代行の利用を検討しているけど、業者選びに迷っている方へおすすめの退職代行トップ10を紹介しています。

口コミも多数あり、評判やサービスの特徴も知りたい人はこちらの記事をチェックしてみてください。

退職代行おすすめランキングTOP10
退職代行おすすめランキングTOP10退職代行を使って会社を辞めた僕がおすすめする、退職代行ランキングを紹介します。会社を退職したいけど「辞めたい」と伝えることが難しく悩んでいる人は是非この記事を参考にしてください。...

まとめ:悩んで疲弊するくらいなら退職代行に頼ろう

退職に対して悩んでしまい、行動が遅れてしまうこともあります。

「どんな伝え方にしようか・・・」

「退職の理由は何がいいのか・・・」

色々と考えていると次第に疲弊してしまいます。

疲弊するくらいなら、退職代行に頼って次に進みましょう。

退職代行を使うことに罪悪感は不要ですし、間違った選択ではありません。

自信を持って利用してみてください。

退職代行を使って会社を辞めた人は、新たな気持ちで新しい人生に向かうことができています!