仕事の悩み

入社してすぐ辞める伝え方は?電話での言い方やコツがある!

タイトル画像

「就職活動や転職活動を頑張って、せっかく希望のところへ入社したのに、いざ働き始めたらなんか違う」

「しっかり働けると思ったけど、心と体がついてこない・・・」

こんなふうに、入社早々から辞めようか悩んでいるものの、周囲からどう思われるかが不安だったり、次の転職に悪影響がないかと心配だったり、ためらう人もいるでしょう。

我慢して働き続けるのも辛いですし、十分に能力が発揮できないなど時間を無駄にしてるような気分になりますよね。

結論、入社してすぐ辞めるのはできます。

ただし、職場への伝え方がすごく重要。

スムーズな退職をするためにはもちろん、次の転職活動に悪影響にも多少なりとも影響してくるからです。

今回は、入社してすぐ辞めるのが現実的にどうなのか、辞める時の会社や上司に対する伝え方を詳しく解説します。

入社してすぐだけどどうしても辞めたい・・・という方は、ぜひ最後までご覧ください。

入社してすぐ辞めるのはあり?

入社してすぐ辞めるのは「場合によってあり」です。

そもそも、労働者が退職するためには「会社に退職を伝えてから2週間が経過してなければならない」と法律で決まっています。

出典:たきざわ法律事務所

嫌だからと、自分都合で会社に出勤しないなど安易にすると、最悪の場合は損害賠償請求される可能性が。

しかし、体調不良などやむを得ない理由があれば、2週間以前でも退職が認められるケースもあります。

入社してすぐ辞められるパターン
  • やむを得ない理由なら入社から2週間以内でもすぐ退職可能
  • 入社から2週間以降なら正当に退職可能

これらについて詳しく解説しますね。

体調不良などやむを得ない場合は可能

持病の悪化や環境の変化による体調不良など働き続けられる状況ではなくなった場合、入社してすぐに辞めるのも仕方ありません。

体調不良は、すぐ辞めたい理由として正直に事情を伝えましょう

会社によっては、休職や時短勤務といった対策を提案してくれるなど、想像以上に親身に対応してくれるケースもあります。

他にすぐ辞めたい理由がなければ、会社からの親切な提案に応じるのがいいでしょう。

逆に、実は人間関係がうまくいかないなどハッキリ別の理由があるなら「治療に専念するため退職します」としっかり伝えたほうがいいです。

この際、病院からの診断書が絶対に必要というわけではありませんが、辛い状況でよりスムーズに退職をしたいなら、診断書の提示を推奨します。

次の転職活動のため明確な理由がなければ考え直すが吉

短期間での退職は、少なからず転職活動に影響します。

当たり前ですが、会社は社員に「長く働いてもらいたい」と考えているので、またすぐに辞めてしまうのではと、マイナスな印象を与えてしまう可能性が高いです。

「なんとなく合わなかった」「やりたい仕事と違った」など安易な理由で会社を辞めてしまうと、面接でも十分なアピールができず転職活動が難航してしまいます。

失業手当を受けられないなどもあるので、よほど切迫した状況でない限り、次の転職活動で不利にならないためにも、明確に辞める理由がなければ、今の会社でキャリアと向き合うのがベターです。

入社してすぐに辞めたくなる理由

入社してすぐ辞めたくなる理由には、主に以下の5つが考えられます。

  • 希望の部署に配属されなかった
  • 人間関係が辛い
  • 残業が多いブラック企業
  • 仕事を教えてもらえない
  • 求人内容と実態が大きく違う

理由を具体的に分析すると、自分がどうすべきかわかってきますし、転職を考える際もどんな企業を選ぶべきかが明確になります。

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう!

希望の部署に配属されなかった

大企業など、社員数の多い会社では「自分が希望する部署へ配属されない」といった不運はよくあります。

例えば「商品開発やマーケティングといった花形の部署へ行きたかったのに、事務に回されてしまった」といったようなケースですね。

自分が思い描いていた働き方ができないと分かり、そこでモチベーションを失って辞めたいと思う方も多いでしょう。

どうしても諦めきれない場合は上司に相談してみるのも手段のひとつですが、必ずしも希望が通るとは限りません受け入れてもらえない場合も充分に考えられます。

自分の描くキャリアプランと現状があまりにもかけ離れていたら、転職を視野に入れましょう。

人間関係が辛い

入社してすぐに辞めたくなる理由の多くは、人間関係がうまく行かないストレスです。

やりがいや待遇以上に、仕事に前向きになれるかどうかは人間関係次第といっても過言ではありません。

自分なりにコミュニケーションの取り方を工夫してうまく付き合えるようになれば、人間としても成長できますし、退職する必要もなくなるでしょう。

しかし中には、どうあがいても仲良くなれない・会話するのも苦痛と感じるくらい相性が悪い人が存在するもの。

ただ「合わない」くらいならまだしも、いじめやパワハラを受けたとなると話は別です。

明らかに自分の自尊心を傷つけるような人間がいるなら、心を守るための退職も賢い選択でしょう。

あまりにもひどいパワハラを受けている場合は、弁護士や労基署への相談を想定し、メールや音声を記録しておきましょう。

残業が多いブラック企業

日本全体で働き方改革が進められているなか、社員の健康に悪影響を及ぼすような長時間労働を強いるブラック企業は存在します。

入社初日から長い残業をさせられ、ろくに休めない日々が続く中でモチベーションの低下は容易に想像がつきますよね。

残業の上限は、基本的に「月45時間、年間360時間まで」と法律で定められています。

出典:厚生労働省

あまりにもひどい場合は、長時間残業の証拠を残しておきましょう。

何かあった時に労働基準監督署に相談したり、転職の面接で「長時間の残業に耐えられなかった」と説得力を示す根拠にもなるためです。

ひどい残業で体を壊すと転職にも悪影響が出ますから、早急に対処が必要なります!

ブラック企業から未払いの残業代を回収して退職した方法 ▶

仕事を教えてもらえない

入社してすぐは上司の仕事を手伝ったり雑務を任され、なかなか仕事を教えてもらえない環境に嫌気が差してしまうでしょう。

自分から仕事を教えてもらう姿勢も大切ですが、それを苦手とする人にとっては快適な労働環境とは言えませんよね。

古くさい「仕事は見て盗め」的な考え方の上司の下についてしまうと、あなたの成長スピードが低下してしまうので時間がもったいないです。

仕事を学ぶ環境が自分の肌に合っていないと感じる場合は、周囲に相談するか転職をするかの2択になります。

自分に合わない環境では成長も遅くなるので、環境を変えてしまうのも重要な選択肢のひとつです。

求人内容と実態が大きく違う

入社前に求人で確認していた仕事内容や待遇と実態が明らかに違うと、辞めたいと感じるのも無理はありません。

たとえば「事務の仕事だと思って入社したのに、テレアポで営業をさせられる」というような事例ですね。

仕事内容・待遇などが明らかに求人と異なっていた場合、労働基準法によって会社を即時に辞めることができます。

(労働条件の明示)
第十五条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
② 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
③ 前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

引用元:e-Gov 法令検索

入社して違和感があれば、労働基準監督署への相談をおすすめします。

内定後に会社と交わす雇用契約書や労働条件通知書の内容と、実際の業務内容がどれぐらいかけ離れているのかが判断のポイントになるようです。

明らかに問題があると判断されれば会社に指導が入り、当初希望していた業務内容に改善される場合も。

しかし、こういう企業は何か1つ問題があれば他にも問題が隠れている可能性が高いです。

なので、あなたが会社の体質に疑問を抱くようであれば、早めの転職を検討してみてください。

求人内容と違ったら辞めてもいい? ▶

入社してすぐ辞める際の伝え方とコツ

退職したい理由の伝え方次第で、周囲の反応は大きく変わります。

入社してすぐに辞める時の言い方・伝え方のポイントを4つに分けて解説します。

働くことが難しい理由を正直に話す

入社してすぐに退職を考えるほどの理由がある場合は、正直に伝えましょう。

退職理由をごまかしたりウソをついてしまうと、上司から話を深堀されたときにバレてしまう可能性があります。

ふわっとした理由だと「まだ入社したばかりなんだから、もうちょっと頑張ってみようよ」とうやむやにされ、引き止められてしまう場合も多いです。

  • 持病が悪化して長時間働けない
  • パワハラを受けている
  • 求人内容と実務が違いすぎる

このように、あなたが仕事を続けられないと感じた事実を率直に伝えてください。

ただし、余計なトラブルにならないよう、言い方や言葉選びには慎重になる必要があるでしょう。

もしも会社から「その点については改善するから辞めないで欲しい」と引き止められた場合、できる限り「退職するという姿勢」を崩さないようにしてください。

そう簡単に対処できる問題なら初めから改善しておけばいいだけの話ですし、ただの口約束に過ぎない可能性が非常に高いからです。

引き止めの言葉を信じた結果、「前と何も変わらない環境で働き続ける」という事例はたくさんあります。

よほど説得力のある提案で気持ちが変わらない限りは、きっぱりと退職する姿勢を見せ続けるようにしましょう。

その場しのぎの軽い約束を信じると痛い目に遭います!

メールはNG

メールだとあなたの伝えたい内容や本気度が相手にうまく伝わらない可能性がありますので、基本的には避けた方が無難でしょう。

まずはメールもしくは電話で直属の上司などに「お話があるのですが、お時間を頂けないでしょうか」とアポイントを取り付ける行動が大切です。

  • メールで伝える際のポイント
  • 直属の上司に伝える
  • 邪魔が入らない個室を選ぶ
  • 相談という表現に抑えておく
  • 相手の都合を優先する

その際に「退職したい」と伝えても良いのですが、必ず「直接会ってお話したい」をセットで付け加えてください。

メールで済ませたい気持ちも分かりますが、直接話した方がスムーズに伝わる可能性が高いです!

会社に問題があるような発言はしない

会社への批判を攻撃的な言葉選びで伝えてしまうと、上司との関係が悪化したり退職時にトラブルへと発展してしまう可能性があります。

会社を辞めたい理由は正直に伝えるべきですが、会社や社員へ配慮した冷静な伝え方を心がけましょう。

たとえば、「給与や人間関係に不満があるのでやめさせてください」といった言い方をすると露骨に嫌な顔をされます。

下手に機嫌を損ねると退職がゴタゴタしてしまうので注意してくださいね。

実際のところ人間関係や給料への不満で退職・転職する方がほとんどですが、批判的に伝えると話がこじれてしまいます。

ですので、前向きな理由や感謝を述べながら退職したい理由を伝えると、角が立たなくなるのでスムーズに受け入れられやすいでしょう。

「実は、以前から興味を持っていた〇〇に挑戦したく、転職を決意しました。面倒を見ていただき心から感謝しています。」

このように出だしから具体的な退職日の相談につなげるとスムーズです。

あくまでも一例ですが、このように自分のキャリアに積極的な姿勢と、職場への感謝を伝えると余計なトラブルを未然に防げます。

場合によっては嘘でも問題ない

どうしてもネガティブな言い方しか思い浮かばなければ、前向きな嘘を伝えるのも仕方がありません。

心の奥底では不満がいっぱいかもしれませんが、前向きな理由の方が会社から承諾されやすく、結果的にストレスなく辞められる可能性が高いです。

前向きな理由の例
  • 新しくやりたい分野が見つかった
  • キャリアアップを目指したい
  • 既に転職先が決まっている

退職を決めた時点で上記のような想いを本当に抱いているかは別として、「スムーズに辞められればそれでいい」であれば嘘でも問題はないでしょう。

ネガティブな理由を伝える問題点は、「じゃあその部分を改善するから止めないで欲しい」という引き止めの材料を与えてしまう事にあります。

ポジティブな嘘は相手も否定しにくいですし、引き止める材料も見つけにくいのでおすすめです。

とはいえ、基本的には正直に伝えるのがベストですので、嘘を言うのは退職を伝える際の最終手段だと思ってください。

退職理由は嘘でもいい ▶

伝えるのが難しいなら退職代行を検討

伝えるのが難しかったり、伝えたにもかかわらず強引な引き止めに会うなど、辞められない状況になってしまった場合は退職代行を検討してみましょう。

退職代行とはあなたの代わりに退職の手続きをすべて任せられるサービスで、「会社に伝えるのが難しい」と感じるあなたの味方になってくれます。

料金の相場は2万円台~5万円程度ですが、「ある程度お金を払っても良いからストレスなく退職したい!」という人におすすめです。

退職代行を申し込んだ次の日には会社に行かなくて済むため、すぐにでも会社を辞めたい方にピッタリではないでしょうか。

僕がおすすめする退職代行のまとめ記事を掲載しておきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

退職代行おすすめランキング ▶

入社してすぐ辞める伝え方のまとめ

終身雇用の風潮が強かった日本では退職に対してまだまだネガティブな印象が強いものの、退職の権利は法律で認められており、恥ずかしくありません。

退職を会社に伝える時はタイミングや言葉選びに注意して、あなたが辞めようと思った理由を正直に伝えましょう。

ただし、退職理由が曖昧だと転職活動に悪影響が出るため、自分の中で「なぜ会社を辞めるのか」を明確にしておく必要があります。

退職したいと伝えても引き止められたり、そもそも伝える自信がない方は、退職代行を利用してみてはいかがでしょうか?

退職代行を利用しても転職には影響なし! ▶