退職の悩み

退職理由は嘘でもいい?円満に会社を辞めるためのおすすめ理由6選!

退職理由は嘘でもいい?円満に会社を辞めるためのおすすめ理由6選!

会社を辞めようか考えたときに、退職理由をストレートに言うべきか悩んだことがある人は多いでしょう。

辞めることは決意していても、引き止められたら後味が悪く不安になるので、トラブルなくスムーズに辞めたいのが本音ですよね。

  • 職場の人間関係に不満がある
  • 仕事内容が合わない

などネガティブな動機の場合、なかなか正直に言いにくいでしょうし、嘘でも理由の伝え方を工夫して円満な退職を目指したほうがいいです。

ただし下手な嘘をつくと罪悪感で良心が傷んだり、バレるリスクが生じたり、自分の首を締める可能性も。

そこで、自分が前向きな気持ちで会社とも円満に退職できる、おすすめな嘘の退職理由と伝え方について具体的に解説していきます!

退職理由は嘘でも問題ない

退職理由で嘘をつくことは、決して悪いことではありません。

いくら理解がある会社でも、やはり引き継ぎのことを考えてしまい、「○ヵ月は待ってくれないか」など引き留めてくる可能性があるからです。

ですが、すでにあなたの退職の決意は固いはず。

できるかぎり最短で円満に退職をしたいなら、会社に納得してもらい引き留められる余地を与えないよう、むしろ退職理由に嘘をうまく活用すべきです。

そもそも法律では、退職理由は「一身上の都合」でも問題ないとされています。

(退職時等の証明)
第二十二条 労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。

引用:労働基準法

ただ、辞められれば何でもいいと自分勝手な考えでは、会社の理解を得られずトラブルに…なんてことにもなりかねません。

退職理由で嘘をつくことは、お互いに気持ちよく終わるために、ある意味で必要な配慮とも言えます。

実は、約5人に2人が退職時に「嘘の理由」で辞めているそうです。

参考:転職Hacks

このように、ほぼ2人に1人は、嘘の退職理由でやめてるということですね。

会社を納得させる嘘の退職理由おすすめ6選

トラブルなく円満な退職を目指す上で、退職理由や伝え方はとても重要です。

ここでは、会社に納得してもらいやすい嘘の退職理由おすすめ6選を紹介します。

祖父・祖母や両親の病気・介護

両親など家族の病気・介護は、説得力がありつじつまも合わせやすいため、嘘の退職理由として一番おすすめです。

自分の体調不良に比べて本人の話ではないため、会社が追及するにも限界があります。

ただし、会社に「どんな病気?」「まず介護休暇をとってみては?」と詳しい状況を聞かれる可能性もゼロではありません。

その際、会社に納得してもらえるよう「あまり詳しくは言えない」「実は半年ほど症状が続いてるので、介護休暇ではカバーできない」など、きちんと答えを考えておきましょう。

中には、家族を嘘の材料に使って心が痛む人もいるかもしれません。

その場合は、家族に事情を正直に話し「会社を辞めたいけど引き留められたくなくて、退職理由○○と伝えたいんだけどいいか」と了承を得ることで、罪悪感を軽くできるでしょう。

自分の体調不良

体調不良による退職は、会社も「負担をかけて悪化させたら…」とむやみに引き留めてくるリスクも少なく、確実に辞めたい場合の嘘の退職理由としておすすめです。

休職を勧められることもあるので、

  • 会社に迷惑がかかるのが申し訳ない
  • 復帰の目処が見えない
  • 無意識に復帰後を考えて気分が重くなってしまうので何も気にせず療養したい

など、詳しい理由を考えておきましょう。

ただし、昨日まで元気だった人が急に「体調不良で辞めたい」と言い出しても説得力がありません。

明らかな嘘で不信感を買うことが目に見えますよね。

会社によっては診断書を求めてくることもあるので、体調不良を理由にするならつじつまを合わせる必要があります。

結婚・妊娠で寿退社

あなたが女性であれば、結婚や妊娠などによる寿退社を理由にするといいでしょう。

しかし現在は、「時短社員」や「リモート出勤」など働き続けられる選択肢があるため、「辞めなければいけない理由」としては弱いです。

そのため、以下のように「辞めなければいけない理由」をしっかり考えておきましょう。

  • 専業主婦(夫)になる
  • パートナーの実家で同居する

とくに男性だと、寿退社が理由では退職理由としては納得されないケースがほとんどでしょう。

男性の場合、確実性を高めたいなら他の退職理由を考えることをおすすめします。

配偶者の転勤など家族の事情

「夫(妻)の転勤についていくことにした」など家族の事情を理由にするのも手段の1つです。

ただし、退職後に元の会社の人と会う可能性がほとんどないことが条件となります。

退職後3ヵ月とかであれば「夫(妻)に先に行ってもらって、自分は色々と整理してから行く予定」など言い訳がききます。

しかし、それ以上となると嘘だとバレる可能性があり、気まずくて気軽に外に行けなくなるなどの弊害が生じることも。

退職後になかなか気を抜けない点で、嘘の退職理由としてあまりおすすめできません。

ただ「退職したあとに転勤話が立ち消えた」など、嘘に嘘を重ねることに抵抗がない人は、うまく活用するのもいいでしょう。

ちなみに、僕の元同僚は毒親エピソードを仕立てていました。賢い。

家業を継ぐことになった

両親や配偶者の実家が自営業をしてる場合、「家業を継ぐ」ということも説得力にある嘘の退職理由としておすすめです。

どんな仕事かなど、家業について質問される可能性が高いので、聞かれることを想定してしっかり回答を準備しておきましょう。

実家が離れている場合は、実家に戻ることや、両親の体調面を理由にプラスすると、より説得力を持たせることができます。

実家が自営業でない場合は、嘘のストーリーを仕立てるのにコストがかかりすぎるため、あまりおすすめできません。

転職先が決まった

もっともシンプルで考えやすい嘘の退職理由が「転職」でしょう。

ただしこの場合、

  • どんな仕事か
  • いつからなのか
  • なぜ会社を辞めてまで他の仕事にいくのか

など質問される可能性が高いです。

その際は「新しい業界に挑戦したい」「自分の可能性を試したい」など、ポジティブな理由を言うこと。

トラブルを避け円満に退職するために、会社に不満があったとしても心に秘めて、大人な対応を意識しましょう。

また、転職前提で退職を考えてたのであれば、一般的には、引継ぎ期間なども考慮してあらかじめ会社に話しておくのが、社会人として通すべき筋です。

なので、「ダメ元だったけど受かってしまった。自分の見立てが甘く迷惑をかけて申し訳ない」など、土壇場で退職を申し出ることへの謝罪の意を示し、謙虚な姿勢を演出することが大事です。

退職理由で嘘をつくメリットとデメリット

メリットデメリット

嘘の退職理由が、自分も会社も不幸にせず円満退職がしやすくなる工夫だとはいえ、メリット・デメリットがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【メリット】円満退社できる

嘘の退職理由を伝えることには、以下のようなメリットがあります。

  • 円満に退職できる
  • 引き留められにくい
  • 会社の雰囲気が悪くならない
  • 引き継ぎがスムーズに行える
  • 本音を言わなくて済む

一番のメリットは、問題を起こさず円満退職ができることでしょう。

嘘とはいえしっかり事情を伝えるので、引き留められにくく心理的な負担も少なくなります。

また、職場や同僚からの理解も得られやすく、退職まで気まずい思いをしなくて済みますし、引き継ぎや退職手続きなどもスムーズに進められるでしょう。

【デメリット】バレると面倒

嘘の退職理由を伝えることには、以下のようなデメリットもあります。

  • 退職まで嘘をつき通さなければいけない
  • 嘘の内容によっては退職後も配慮が必要
  • 不満(本音)を伝えられない

どんなにうまい理由を考えたとしても、嘘は嘘。

バレることは絶対厳禁です。

話のつじつまが合わないと嘘がバレてしまうので、退職理由や退職後について聞かれてもあまり多くは話さず、人によって答えを変えないようにしましょう。

また、嘘をつくのが苦手、よほど会社に不満が溜まってたなど、本音を言えないことがストレスに思う人もいるはず。

しかし、本当のことを言うと

  • 会社に引き留められてしまう
  • トラブルの原因になる

など本音を言えない以上に面倒なことになる可能性があるため、「嘘も方便」だと考えるようにしましょう。

退職理由で嘘をつく場合に注意すべきこと

注意

退職理由で嘘をつく際、注意すべきことが主に2つあります。

念には念を入れてトラブルのリスクを減らし、円満退職を目指しましょう。

  • バレるリスクの高い嘘はつかない
  • 退職理由の伝え方やタイミングを理解する

バレるリスクの高い嘘はつかない

デメリットでも伝えたとおり、嘘をつく以上、もっとも注意しなければいけないのが「バレる」こと。

精巧なストーリーを考えなければいけないとか、設定に無理があるなど、嘘だとわかりやすい内容は避けるべきです。

例えば…

同僚に「両親は普通の会社員」と話したことがあるのに、「両親の自営業を継ぐことになった」という嘘をつくのは、すぐにバレてしまうだろうと想像がつきますよね。

あくまで、これまでの自分の人生と矛盾していない現実的な嘘を考えましょう。

退職理由の伝え方やタイミングを理解する

退職理由の伝え方やタイミングは、以下のポイントを抑えておきましょう。

  • 理想のタイミングは退職の1~2ヵ月前
  • 繁忙期や退職者が多い時期はなるべく避ける
  • 上司と予定を合わせて直接伝える
  • 相談ではなく「決定事項」として伝える

円満退職のために、まずタイミングが重要です。

繁忙期や退職者が多い時期は、周囲も余裕がなくなり良い顔をされにくいです。

実際に体調が限界とかでない限り、上記の時期を避けた退職の1~2ヵ月前に伝えられるといいでしょう。

伝え方は「上司に直接」がベストです。

社会人としてのモラルを疑われるため、決してメールだけで済ませないようにしてください。

また、引き留められないために退職理由以上に重要なのは「すでに決めた」という姿勢でいることです。

迷いを見せて引き留められないようにしましょう。

退職を切り出せない怖いときの対処法は?勇気がない言い出せないときのコツ
退職を切り出せない怖いときの対処法は?勇気がない言い出せないときのコツ退職を切り出すのが怖い。人手不足や気まずい状況に耐えられない。そんなしんどい・言い出せない環境にいる人でも退職をスムーズに伝えられるコツをご紹介。どうしても自分の口で伝えるのが怖い人は退職代行を使う手段もありますよ。...

嘘の退職理由で会社とトラブルなく円満退職しよう

円満退社のための嘘は「嘘も方便」のうちであり、人生をうまく生きる処世術の1つです。

会社に納得してもらい前向きに送り出してもらうこと、自分も気持ちよく退社できることが、次の仕事にも前向きになるためにも必要です。

とはいえ、嘘をつくことに罪悪感がある人にとって、この方法は精神的に負担が大きいですよね。

その場合は、退職代行を利用して「嘘をつかずに退職希望を代わりに伝えてもらう」ことで、負担が少なく退職できます。

退職代行を使うと罪悪感や後悔するの
退職代行を使うと罪悪感や後悔する?マナー違反ではないし頼るのは悪くない退職代行を使いたいけど罪悪感に襲われ後悔しそう。マナー違反やクズ・ありえないと言われても、退職代行に頼るべき理由を徹底解説。退職代行を利用して、罪悪感を覚えることなく今の辛い状況を抜け出しましょう。...

嘘をつくほうが辛い人、会社への不信感がある人は、退職代行の利用を検討してみてください。