転職ノウハウ

みんなどうやって仕事探してるの?ハローワーク以外まともな求人の探し方!

みんなどうやって仕事探してるの?ハローワーク以外まともな求人の探し方!

就職や転職活動を行う時に、「みんなどうやって仕事を探してるの?」とふと疑問に感じますよね。

ひと昔前は求人誌やハローワークが一般的でしたが、今の時代はさまざま方法で仕事を探せます。

求人情報の幅が広がり、自分が将来進みたい方向も複数の求人から選択可能です。

 

この記事では、みんながどうやって仕事を探しているのかパターン別に解説します。

仕事の探し方は大きく6種類ある

ノートにメモを取る

仕事を探す方法はいろいろありますが、近年ではSNSで求人募集をしている企業もあり、探し方も時代に合わせて変化していますよね。

自分にあった探し方ができれば、就職活動の幅も広がります。

 ①転職サイト・転職エージェント

仕事探しと言えばやはり、転職サイト・転職エージェントですよね。

転職サイトと転職エージェントの違いはなに?このように思う人もいるでしょう。

転職サイトと転職エージェントは違います。

転職サイトとは、サイト上に求人が掲載されており、自由に求人応募ができます。

反対に転職エージェントとは、人材紹介サービスです。

転職サイトと転職エージェントは、それぞれの足りない部分を補うように併用がおすすめです。

転職サイトのメリットデメリットは下記があげられます。

転職サイトのメリット・デメリット

 【メリット】
  • 自分のペースで進められる
  • 簡単に沢山の求人情報を探せる
  • 気になる求人に応募
  • 求人情報が豊富

【デメリット】

  • 自分に合った仕事を選ぶのが大変
  • 面接対策や書類対策はセルフ
  • 気軽に相談できる人がいない
転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトは自分で求人を選べますが、転職エージェントはキャリアアドバイザーから紹介された中から応募する求人を選びます。

初めて転職活動をする人であれば、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントのメリット・デメリット

【メリット】

  • キャリアアドバイザーに相談
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる
  • 転職サポートを無料で受けれる
  • 面接のスケジュール調整もお任せ
  • 最新の転職活動の情報が分かる

【デメリット】

  • 自分のペースで進められない
  • 自由に求人を選べない

転職エージェントは、無料で転職に関する相談だけも受付ています。

転職エージェントのメリットデメリット
転職エージェントのメリットとデメリット|評判が悪いし使うべきじゃない?転職エージェントは使うなと聞いたことあるかもしれませんが、転職エージェントはメリットとデメリットを把握すれば転職初心者には強い味方です。転職エージェントのメリットデメリットと利用すべき人についてまとめました。...

 ②求人誌やフリーペーパーで仕事を探す

駅やコンビニなどで見かける無料の求人誌。

有名なのはタウンワークやanエリアですが、無料のフリーペーパーもあります。

無料求人誌の特徴は、地域やエリアが絞られているところです。

エリアごとに発刊されているため、場所により求人情報が異なります。

有料求人誌は、コンビニなどに置いてあり100円程で購入可能ですが、掲載内容は無料求人誌とあまり変わりません。

近年インターネットの普及にともない、有料求人誌は少なくなってきています。

求人誌のメリット・デメリット

【メリット】

メリット
  • 気軽に無料で入手可能
  • 住んでいる地域の求人情報を入手

【デメリット】

  • 求人条件の詳細がわからない
  • 地域限定
  • 募集が終了している求人もある
  • バイトがメイン

なんと言ってもメリットは、無料で簡単に入手できるところです。

反対にデメリットは、無料の求人誌なので転職するのに情報が少なすぎるところ。

タウンワークなどの無料求人誌はバイトやパートの求人がメインとなり、求めている職業が見つからない場合が多いです。

 ③知人の紹介で仕事を探す

知人の紹介で仕事を探す方法もあります。

知人と一緒に働けるなら、頼もしいですよね。

メリットは、職場の人間関係や雰囲気を事前に知れるところです。

このようなメリットもありますが、知人から仕事を紹介してもらう場合は注意も必要になります。

紹介で仕事を探すメリット・デメリット

【メリット】

メリット
  • 働く環境が事前にわかる
  • 信頼して転職できる
  • 環境に慣れやすい

【デメリット】

デメリット
  • 知人の紹介だと気が緩むことも
  • 知人と今までの関係が変わることも
  • すぐには辞めにくい

知り合いがいると、お互い気を使ってしまい本気で仕事ができない場合も考えられます。

④SNSで仕事を探す

最近は、SNSで求人情報を発信している企業が多くあります。

おすすめのSNSは3点はこちら

SNSは、無料で簡単に登録できるため、気になる求人情報が見つからない方やこれから就職や転職活動を始める方は登録しておきましょう。

Wantedly(ウォンテッドリー)は、Facebookに登録しておくと、Facebookからログインできます。

SNSで仕事を探すメリット・デメリット

【メリット】

メリット
  • 簡単に検索で仕事を探せる
  • リアルタイムで求人の情報収集
  • SNSを通して直接アピール

【デメリット】

  • 時期によって求人情報量が違う
  • 嘘の求人もある

SNSは、気軽に隙間時間を使ってサクッと検索ができるのでおすすめです。

通勤時間やちょっとした時間に探せるのは、気分転換にもなります。

デメリットは、デマや嘘の情報も一定数あるところです。

信頼できる情報なのか確かめてから応募しましょう。

⑤ハローワークで仕事を探す

ハローワークは、国の機関であり「公共職業安定所」とも呼ばれています。

国が行っているため、求人数も豊富にあり、無料で利用できます。

障害のある人を対象とした求人も多数取り扱っており、専用の窓口も用意されているのです。

相談をしたい場合は、障害者手帳の有無は関係なく相談もできます。

⑥企業へ直接応募して探す

自分が気になるものがない場合には、企業へ直接、求人の募集を行っているか連絡してみましょう。

直接応募する方法は、以下3点となります。

  • メール
  • 電話
  • SNS

おすすめは、電話での問い合わせです。

すぐに求人応募の確認も行えるため、スムーズに就職や転職活動ができるからです。

みんなどうやって仕事探してるの?

学生時代の友達や知り合の職業を聞いたときに、どうやってその仕事を探したの?って思うときありますよね。

今回は50人の方に「仕事の探し方」について実際にアンケートを取りました。

探し方 50/人数
ハローワーク 18人
転職サイト 13人
転職エージェント 7人
求人サイト 5人
友人や知人の紹介 3人
求人誌 1人
企業に直接応募 1人
SNS 0人

50人中一番多かった仕事の探し方はハローワークでした。

続いて転職サイト、転職エージェントと続きますが、仕事探しはひとまずハローワークという人が多いようですね。

選んだ理由についても紹介しますので参考にしてください。

ハローワークを実際利用した人の声

20代 男性
20代 男性

1番信頼のおける会社だから。しっかり安心して仕事を探すことが出来きるので、本当に頼もしいなと思います。ハローワークは、しっかり相談して仕事を決めることができるのも本当に良いなと、個人的に思ってます。

30代 男性
30代 男性

ハローワークは、記載されている条件に対して間違いがないことが多いと思います。実際に掲載されている条件と異なることが一番の問題だと思いますので、自分の希望に合った仕事を探すのには、1番良いと思います。

20代 女性
20代 女性

どのサイトよりも細かく検索条件を指定できる。自分が希望する休日日数や就業時間、沿線、賞与ありかなしかも見ることができて決めることができました。登録しないでもネットから検索できるので、気軽に見ることができたのが良かった。

転職サイトを利用した人の声

転職サイトは気軽に検索から好きな職種や職業を探せるので、実際に使ってみるのがおすすめです。

30代 男性
30代 男性

私が転職する際にリクナビNEXTを使用しました。求人数もさることながらスカウトメールで自分で探せていなかった企業からの求人票も見ることができたので、転職先を探している方にはおすすめできる転職サイトだと思います。

20代 女性
20代 女性

マイナビやリクナビなら、同じ業界でも多くの企業を一気に調べられるし給与や勤務地などの基本情報もわかり非常に便利です。また、「お気に入り」機能などを利用すると気になる企業に一括でエントリー、応募できるのも、一つ一つやるより効率が良い。

転職エージェントを利用した人の声

転職エージェントの利用は躊躇してしまう人もいるでしょう。

実際は利用して良かったとの声が聞こえます。

転職エージェントも無料で使えるところが殆どなので、まずは登録してみましょう。

40代 男性
40代 男性

ビズリーチに登録しました。理由は自己のキャリアで転職可能なところを広く探したかったからです。企業からの直接のスカウト、転職エージェントからかなり連絡がくるので、条件の比較や自身のスキルでの給与相場がわかると思います。首都圏在住ならかなり求人はあると思います。

30代 男性
30代 男性

サイトのみだと、自分ですべて動かないといけない場合があり、例えば先方とのやり取り、質問などがやりづらい場合がある点です。
その点で、エージェントさんがついていてくれるとアドバイスや指摘、場合によっては応援ももらえるので自分とは違う視点からの目線も追加できるのは良いです。

友人や知人の紹介で仕事を探した人の声

友人や知人が職場にいるのは何かと心強いですよね。

安心感もあり、仕事の悩みも相談しやすい環境はやはりおすすめです。

30代 女性
30代 女性

知人や友人の紹介を選択した理由は、普通に求人サイトなどを使って仕事を探すより変な職場にあたることが少ないからです。あと面接などで緊張してガチガチになりやすい人におすすめです。紹介なら安心して受けることが出来ると思うので。

40代 男性
40代 男性

知人からの紹介だと、相手方もこちらのスキルや経験業務を知っていることが多いので一から説明する手間が省けます。
また、面接などでもその会社の人に紹介してもらっていると思うとあがり症で初対面の人とうまく話せない自分でも緊張することなくPRなどができるのでおすすめです。

タイプ別の仕事探しのポイント

仕事の探し方は、新卒や第二新卒などタイプ別によって、適した仕事の探し方があります。

自分の状況に合わせて、仕事探しをした方がスムーズに進められるでしょう。

タイプ別仕事の探し方
  • フリーターニートの場合
  • 新卒で仕事を探す場合
  • 第二新卒で仕事を探す場合
  • 転職で仕事を探す場合
  • フリーランスや個人事業主の場合

今の自分の状況を照らし合わせて、確認しておきましょう。

 フリーター・ニートが仕事を探す場合

  • 転職エージェント
  • ハローワーク

フリーターやニートが就職活動を成功させるコツは「誰かに相談しながら進める」です。

1人で就職活動を行わずに、ハローワークや転職エージェントで専門のアドバイザーに相談しながら進めましょう。

焦らずに自分に合った就職先を探せます。

新卒で仕事を探す場合

新卒で仕事を探す方法は、主に就職サイトを利用する人が多いでしょう。

  • 企業説明会
  • 就職活動のイベント
  • インターンシップ

社会人経験がない新卒の場合は、色々と行動をして自分の気になる職種や働きたい企業を探しが大切です。

インターンシップが行われている場合は、是非参加しましょう。

新卒の場合は、「インターンシップ」と言って、企業の就業体験ができます。

新卒が就職活動を成功させるコツ
  • 自己分析をしっかりする
  • 気になる企業説明会に必ず参加
  • 業界・企業研究に力を入れる
  • OB・OG訪問をする
  • 業界・企業研究
  • 筆記試験や面接は余裕を持って対策

その企業で働く先輩からリアルな経験やアドバイスが聞けるので、社会人になった時の自分もイメージしやすくおすすめです。

 第二新卒で仕事を探す場合

第二新卒におすすめの仕事の探し方
  • 就職サイト
  • 就職エージェント
  • ハローワーク
第二新卒の転職におすすめの時期としては、求人が多くなる2月や9月あたりです。

いくら求人数が多くても、対策ができていなければ、転職成功率は低いものとなってしまいます。

  • 前職の経験やスキルをアピール
  • 自己分析
  • 将来のビジョンを明確に
  • 仕事に対する熱意や責任感を面接で伝える

しっかりと対策をして転職を成功させましょう。

第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェント
第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェント第二新卒の場合、第二新卒に特化した転職サイトや転職エージェントを利用した方が転職活動もうまくいきやすいです。この記事では、第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介しています。是非参考にしてください。...

転職で仕事を探す場合

転職で仕事を探す場合は、年代によってもおすすめする転職サイトが異なります。

特化している転職サイトやエージェントを利用した方が、アドバイザーも専門知識を持っているため、より具体的で明確なアドバイスを聞けます。

実際に使って役立ったおすすめの転職サイトと転職エージェント数ある転職サイトや転職エージェントの中で、僕が実際に使って役に立った転職サイトをまとめました。どこに登録すればいいのか分からない人は是非この記事を参考にしてください。...

 フリーランスや個人事業主が仕事を探す場合

フリーランスにおすすめ仕事の探し方
  • 知り合いからクライアントを紹介してもらう
  • SNS
  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
フリーランスや個人事業主は、自ら仕事を獲得していかなければいけないため、スキルはもちろん必要ですが、積極的な姿勢が大切です。
フリーランスや個人事業主が仕事を探すためにおすすめのサイトはクラウドワークス
事務アシスタントから動画編集など、200種類以上の種類の仕事があります。
僕も利用しましたが、フリーランスや個人事業主として、スタートしたばかりの人におすすめです。

まとめ

「みんなどうやって仕事を探してるの?」と悩んでいた人も、仕事を探す方法が見つかったのではないでしょうか。

さまざまな方法で仕事を探せますが、自分に合った方法を見つけるのが一番大事。

沢山の求人情報を確認すると、就職や転職活動の幅も広がります。