仕事の悩み

嫌がらせをする人の末路は?いつか自滅して不幸になるだけ!

嫌がらせをする人の末路
  • あいつなんか不幸になればいい…
  • あんなやつが幸せなんて許せない…

嫌がらせを受けると、嫌なドス黒い感情が湧いてきますよね。

悩む時間が無駄な気がしてしまうし、そんなふうに思っている自分にも嫌気がさすでしょう。

結論から言うと、嫌がらせをする人の末路は、ろくなものになりません。

とはいえ、彼らが制裁を受けるまで嫌がらせをされ続けるのも耐えられませんよね。

今回は、嫌がらせをする理由と対処法、嫌がらせをする人の末路のエピソードを紹介します。

  • 嫌がらせをする人の特徴や心理
  • 嫌がらせをする人の末路
  • 嫌がらせをする人への対処法

嫌がらせの辛さを解消したい方は、ぜひ参考にしてください!

嫌がらせをする人の7つの特徴や心理

嫌がらせをする人には、以下のような特徴と心理があります。

  • 注目を浴びたい
  • 思い込みが激しい性格
  • 嫉妬心がすごい
  • 構ってほしい・自分の存在を認めてほしい
  • 自己中心的な考え
  • 悪いことをしている自覚がない
  • 嫌がらせする人にも背景がある

それぞれを具体的に解説します。

嫌がらせをする理由を知ると、本質的には自分に原因がないとわかったり、真に受ける必要がないと考えられ、心が軽くなるかもしれません。

注目を浴びたい

自己顕示欲が強い人は、注目を浴びたいという心理から嫌がらせをします。

  • しつこいくらい自慢話をする
  • 他人を下げて自分を良く見せる
  • 他人の功績を自分の成果のように語る

など、自分が注目を浴びるためなら手段を選ばない言動が、他人からは「嫌がらせ」のように感じてしまいます。

注目を浴びたい気持ちが一番なので、注意されたり自分の見せ場を邪魔されたと感じると、逆にヒートアップしてしまう場合も。

思い込みが激しい性格

嫌がらせをする人は、実は自分に自信がなく繊細で、思い込みが激しい性格である場合が多いです。

仕事上で必要な注意・指摘だったとしても、「自分の人格を否定された」「攻撃された」と飛躍して考えてしまい、相手が悪いと言わんばかりに猛反撃してきます。

「あの人はまた自分を傷つける」という警戒心から、何もしていなくてもわざわざ傷つくような言動をしたり悪口を吹聴したり、嫌がらせをしてきます。

嫉妬心がすごい

嫌がらせをする人は、嫉妬心をこじらせている可能性があります。

自分ができないことを平然とやっていたり、自分にない能力を当たり前のようにもっている嫉妬心が自分で消化できません。

嫉妬心を原動力に「自分ももっと頑張ろう」とモチベーションアップに繋げられず、相手を引きずり降ろしてやりたいという気持ちから、嫌がらせに至ってしまいます。

構ってほしい・自分の存在を認めてほしい

心が満たされず、かまってほしい・自分の存在を認めてほしいという気持ちから嫌がらせをする人もいます。

精神的に幼い傾向にあり、大人としての信頼関係の深めかたがわからず、嫌がらせをしてかまってもらおうとしてしまうのです。

好きな子の気を引きたくてスカートめくる男の子や、お母さんにかまってほしくてわざと粗相をする子どもの心理と似ていますね。

自己中心的な考え

嫌がらせをする人は、自己中心的な考えをしていることが多くあります。

普通は、ちょっとした相手の言動でイライラしても、すぐ相手の立場で考えて「悪気はなかったのだろう」と、自分で落としどころをつけるもの。

しかし、自己中心的な考えだと「自分のイライラした感情」をどうにかしたい一心になってしまいます。

それゆえ相手の気持ちを考えず、イライラを収めようと3倍返しで言い返したり、必要以上に責め立てたり、嫌がらせをする結果に至ってしまうのです。

悪いことをしている自覚がない

嫌がらせをする人の中には、まったく悪いことをしている自覚がないケースも。

他人を陥れたり他人の仕事を横取りしたり、結果のためなら手段を選ばないサイコパス気質な傾向があります。

一般常識が通用せず何をしてくるかわからないところもあるため、下手に改心させようとしないのが吉でしょう。

嫌がらせする人にも背景がある

嫌がらせをする人のほとんどは、嫌がらせしないとメンタルを保てない理由を抱えています。

ストレスを感じていたり、心に寂しさを感じていたり、自分が過去に嫌がらせを受けていた立場だったり…。

どんな事情でも決して嫌がらせを野放しにはできませんが、嫌がらせをする背景に想像を巡らせば、対処方法が考えやすくなるでしょう。

嫌がらせをする人の8つの末路!結局どうなる?

これは断言できますが、嫌がらせをする人の末路は基本的にバッドエンドです。

  • 周囲から嫌われて浮いた存在になる
  • 誰にも相手にされなくなり孤独になる
  • 第三者から報復されることもある
  • SNSで拡散され社会的制裁を受ける
  • 普通に生活するのが難しくなる
  • 自分自身の歪んだ性格に嫌気がさす
  • これまでの行いを認め許しを請う
  • 嫌がらせをする人は不幸になるだけ

「いずれはこういう制裁を受けるんだな」と思えるだけでも、少し気持ちが晴れるかもしれないので、ぜひ参考にしてください。

周囲から嫌われて浮いた存在になる

嫌がらせをする人は、ターゲットのみならず、いずれ周囲からも嫌われます。

嫌がらせのターゲットにされる人の辛さは、不思議と周囲にも感じ取られるもの。

周囲がまともな人間であれば、原因を作っているのは「嫌がらせをする人」だと理解するはずです。

そのため、「あの人の嫌がらせのせいで雰囲気が悪くなっている」と周囲からも嫌われ、だんだんと浮いた存在になっていきます。

誰にも相手にされなくなり孤独になる

嫌がらせをする人は、いずれ孤独になります。

「相手にするとつけあがる」ため、みんな相手にしないようになるからです。

その結果、誰とも深い信頼関係が築けず、どんどん孤独になっていきます。

かまわれたい・注目されたいといった自分の行い(嫌がらせ)でかまわれなくなってしまうのは、とても皮肉な話ですね。

嫌がらせをする人の中には、自分への対応はひどいのに上司への態度はとても良く逆に評価されている、人によって接し方を変える立ち回りがうまい人がいます。

嫌がらせを報告しても、相手にしてもらえなかったり上司がかばったり、問題の改善に至らないことも。

このような場合、自分の努力だけではどうにもならない可能性が高いです。

そのため、職場で頼れる人・相談できる人がいないと感じたら転職を検討しましょう。

第三者から報復されることもある

嫌がらせをしてきた人が、第三者から報復を受けることもあります。

自分は何もできなくても、これまで嫌がらせを受けた他の人が報復してくるのです。

嫌がらせをしてくる人が、常に誰かから報復を受ける可能性があると思えれば、「ザマアミロ」と少し心が軽くなるでしょう。

SNSで拡散され社会的制裁を受ける

今のインターネット社会では、SNSが広く普及している関係で、嫌がらせをする人が社会的制裁を受ける機会が増えています。

最近だと、自衛隊で握りつぶされていたセクハラ問題が、SNSによる呼びかけで公的に取り上げられ、実態調査が入る展開となりましたね。

嫌がらせをする人は、あなた以外にも横暴に振る舞っているはずなので、このようにSNSでさらされて社会的に潰される可能性は十分にあります。

普通に生活するのが難しくなる

嫌がらせする人はだんだん普通に生活できなくなる可能性があります。

周囲からは疎まれ、まともな人間関係を築けません。

また、度重なる嫌がらせにより、日常的に常に他人から恨みを買っている可能性もあります。

当事者からの報復やSNS拡散による社会的な制裁に怯え、頼れる人もおらず、自分が撒いた悪意から逃げるような生活になるでしょう。

自分自身の歪んだ性格に嫌気がさす

嫌がらせをする本人も、自分の歪んだ性格を自覚して嫌気がさすことがあります。

扱い方が面倒ゆえに周囲から距離を置かれるようになり、孤独を感じた時に自分の在り方に疑問を持つようになるからです。

  • なぜ自分は孤立しているのか
  • なぜ自分は嫌がらせばかりしたのか

このように自分を省みた時に、これまでの自分の歪んだ性格が引き起こした至らない言動に自己嫌悪し、自滅していきます。

これまでの行いを認め許しを請う

嫌がらせをする人が自分の歪んだ性格に気づくと、このままでは本当に自分の立場が危ういと感じるようになります。

そして、手のひらを返して「許してくれ」と謝ってくる場合が。

ただ、あくまで自己保身による謝罪の可能性が拭えず、こちらが許して状況が落ち着くとまた同じことを繰り返す…というケースも少なくありません。

そのため、中途半端な同情で安易な許しを与えないよう注意です。

嫌がらせをする人は不幸になるだけ

「因果応報」という言葉があるように、嫌がらせをする人には、自分の行いが巡り巡って自分に返ってきて、結果的に不幸になっていく可能性があります

まともな人からは相手にされず、誰とも深い信頼関係を築けないため、孤独で虚しくなっていくでしょう。

気づいたときには後の祭り。

謝っても誰も許してくれず、居場所を失っていなくなっていきます。

嫌がらせする人はいつか自滅するけど早く対処したいなら

今まさに嫌がらせを受けてる立場からすれば、嫌がらせをする人が自滅するまで待っているだけも辛いですよね。

そこで、嫌がらせをする人に今すぐできる対処法は、主に4つあります。

  • イラつくけど報復はしない
  • いちいち相手にしないで放っておく
  • 立場が上の人や権力がある人を味方につける
  • 嫌がらせの証拠を残す

それぞれ具体的に解説するので、あなたの平穏な生活を取り戻すため、ぜひ参考にしてください。

イラつくけど報復はしない

嫌がらせをする人は、悪賢さに長けています。

そのため、下手に反発したりムキになったりすると、さらに「嫌がらせをしていい理由」を与えてしまい、ヒートアップする可能性が。

証拠を掴んで徹底的に立ち向かうとかでなければ、中途半端な報復は考えないようにしましょう。

大人としてきちんと会話をせず嫌がらせに至ってしまうのは、その人が精神的に幼いから。

子ども相手にムキになってもしかたないと、大人な対応を心がけてください。

ブラック企業や組織が未熟で人手不足など、会社がパワハラ対策に乗り気でないことも。

こちらは常識的に正しい訴えをしていても、面倒な社員」と認定され逆に疎まれてしまう可能性があります。

このような場合、会社に頼った状況の改善は限りなく難しいです。

根本的に会社の人間関係が悪いと判断して転職を検討するのがいいでしょう。

いちいち相手にしないで放っておく

嫌がらせをする人は、相手が「辛い、悲しい」といった反応を見せることで、自分が相手をコントロールできている優位性に味をしめています。

そのため、嫌がらせをされても無視したり気づかないふりをしたりと、逆に毅然と対応するのが効果的です。

相手が望む反応を与えなければ、「嫌がらせしてもおもしろくない」と諦めてくれるでしょう。

嫌がらせをしてくるのが上司の場合は無視するよりも転職を検討するほうがいいでしょう。

立場が上の人や権力がある人を味方につける

嫌がらせする人は、嫌がらせをする相手を選んでいます。

自分が弱いから、さらに弱者に嫌がらせをすることで「自分は強い」という自信を得ているのです。

逆に言えば、自分より強いとわかりきった相手には嫌がらせをしません。

そのため、嫌がらせをする人が逆らえない上司や権力者を味方につければ、間接的なバリアになってもらえます。

嫌がらせの証拠を残す

嫌がらせをする人を徹底的に潰したい場合、しっかり証拠を残しましょう。

  • 嫌がらせをされている状況がわかるメール
  • 嫌がらせを受けている会話内容を録音したボイスレコーダー

嫌がらせをする人は、嫌がらせをする時点では、まさか大事にはされると思ってもいません。

そのため、正当に戦える武器を身に着けておきましょう。

すぐ何か行動を起こすことはなくても、いざというときは自分の一言で相手に制裁を与えられるという状況に安心感を得られます。

まとめ

今回は、嫌がらせをする人の特徴や心理、どのような末路を辿っていくかを解説しました。

  • 嫌がらせには理由があるから対策できる
  • 嫌がらせをする人はいずれ孤立する
  • 嫌がらせをしている自分に自己嫌悪して自滅する
  • 嫌がらせをする人は常に報復される可能性がある
  • 嫌がらせをする人はろくな未来にならない

どんなに周囲の環境が良くても、嫌がらせをしてくるたった1人のせいで居心地が悪くなってしまうのは避けたいですよね。

嫌がらせをする人の背景や対策を知って、快適な人間関係を維持できるように努めましょう。