転職の悩み

転職の適性検査がボロボロだと落ちる?通過できる人の特徴や対策

転職適性検査 ボロボロのアイキャッチ

社会人経験者が、今さら適性検査が必要なのか疑問に思いますよね。

  • 転職したいけど、適性検査がボロボロだと落ちる?
  • 適性検査を実施する企業の意図は?

結論をいえば、転職は実務経験が重視されるので、適性検査の結果のみで採否が決まるケースはほとんど無いといえるでしょう。

しかし、各種選考の結果を総合して採否が決まることを考えると、適性検査が極端にボロボロだと総合的な評価を大幅に下げて落ちるリスクがあります。

そこで、本記事では適性検査の結果が少しでも上向くように、特に以下の点を理解できるように解説していきます。

  • 企業が適性検査を実施する意図
  • 検査結果で採用担当者が着目するポイント

ぜひ内定獲得につなげていきましょう。

転職の適性検査はどんなことをするの?

試験を受ける男性の手元

中途採用でも適性検査を実施する企業は多くあります。

書類選考通過後に行われるケースが多いのですが、面接当日や面接後に行われることも多いですね。

【代表的な適性検査】

SPI 最も多くの企業で導入されている適性検査

  • 転職者の対象はSPI3-G
  • 性格検査と能力検査(国語・数学)

CAB 技術職の選考で用いられるケースが多い

  • 図形の法則性や計算問題が出題
  • 論理的思考力や事務処理能力を判定

内田クレペリン検査

  • 簡単な足し算・引き算・掛け算・除算を繰り返す
  • 処理能力や性格・行動特性を測る
代表的な適性検査

さまざまな種類の検査がありますが、応募者の能力と性格的な特徴を客観的に分析する点は共通しています。

試験の実施方法は、ペーパテスト、自宅やテストセンターを受験会場にするWEBテストがあります。

能力検査とは

基礎学力と仕事をこなすための能力に問題がないかを判定します。

検査で分析される能力
  • 基礎学力(義務教育~高校卒業程度の学力)
  • 論理的思考力(物事を体系的に捉え、筋道立てて考える力)
  • 情報処理能力(知識の吸収力やアウトプット能力)
  • 柔軟性(組織や仕事に順応できるか)
  • 職務遂行能力(仕事をやり遂げるために必要な能力)

 

転職は即戦力採用のため、自立して仕事する機会が多いのが特徴です。

そのため、論理的思考力をはじめとした、地頭力はとくに重視される傾向があります。

性格検査とは

周囲と良好な関係を築け、すぐに辞めない人材か見極めるのが性格検査の本質といえます。

分析される性格的特徴
  • 社風に合う人材か
  • 対人関係に問題がなさそうか
  • 問題行動を起こすタイプではないか
  • 仕事に対する熱意があるか

 

能力検査の結果が多少悪くても、性格検査の結果が良ければ、十分に挽回できます。

性格検査でウソをついてしまうと、入社後に苦労してしまうリスクもありますが、回答のコツだけは前もって学んだおいて損はないでしょう。

性格検査の回答方法のコツについて解説した書籍は多くあります。

転職の適性検査で落ちる理由

適性検査の結果に対する捉え方は、落ちる原因はだいだい共通しています。

適性検査で落ちる主な原因
  • 企業が求めている適性の基準から大きく外れてしまった
  • 回答にウソが多い
  • 他の応募者との比較で足切りの対象になった

 

転職は実務経験が優先されるので、試験結果のみで採否が決定するケースは少ないでしょう。

しかし、合格基準から大きく外れ、仕事をする上でネガティブな要素が感じられた場合は、落ちてしまうことも十分に考えられます。

転職の適性検査で落ちてしまう理由について詳しく解説します。

志望職種の適性から大きく外れている

試験の出来はそこまで悪くないのに、なぜか結果が思わしくなかったケースはありませんか?

適性検査は、仕事を問題なくこなせる能力があるかどうかを判断するだけではありません。

ポテンシャルを最大限に発揮できる仕事や職場環境を探る目的もあります。

営業志望者を例にすると、以下のタイプは、他の職種の方が向いていると判断され不採用になる可能性もあります。

  • 対人業務の適性がそこまで高くない
  • 逆に事務職に有利な、作業スピードや照合能力が圧倒的に高い
  • メンタルが弱い

 

簡単にいえば、際立って悪い結果ではないが、自社で働くことが応募者にとって本当にベストか疑問というイメージですね。

仕事をこなせる能力・性格の適性があるにもかかわらず、落ちてしまうことはあるでしょう。

性格検査のライスケールに引っかかっている

ライスケールとは、応募者がウソをつく傾向があるか見極める基準。

性格検査の問題に、一定数存在するので注意が必要です。

ライスケールの問題例
  • 今まで一度もウソをついたことがない
  • ネガティブな人間だ

 

大きく2種類のライスケールの問題例を挙げました。

前者は明らかにひっかけだと分かります。

問題は、一見問題がなそうな後者。

ネガティブな人間か?

と聞かれ、正直にYESと答えない人も一定数いるでしょう。

しかし、他の質問でネガティブ傾向がある回答が見られた場合、整合性がないと分析されてしまいます。

良く見せようとせず、ありのまま回答することも重要といえます。

ライスケールが目立つと、企業の輪を乱す問題人物と判断されます。

合格基準よりかなり低い得点だった

SPIなど主要な適性試験の結果は、偏差値で表されます。

つまり、全体の中でどれくらいの得点を取っているかで、企業の判断が異なるということ。

例えば、企業が偏差値50以上を合格基準に設定している場合、平均点よりはるかに下回る場合は足切りのリスクもあります。

合格基準から大きく離れた結果だと、応募者に対して以下のような不安を持ちます。

  • 一部ではなく、トータル的に能力が低い
  • 義務教育レベルの学力もあやしい
  • 実際の仕事でも、準備や対策ができない

結果が悪すぎると、入社してから大変だと思われるのは確かでしょう。

面接に比べ重要度は低いですが、1冊は対策本を読んで準備することをおすすめします。

転職の適性検査がボロボロでも受かる人の特徴

応募者の適性を判断するのが目的なので、適性検査の結果のみで採否が決まるケースは少ないといえます。

採否は書類選考や面接など各選考の結果を総合して決まることがほとんど。

適性検査の結果が最悪でも受かる場合、何かしら他の要素で挽回している可能性は高いでしょう。

エントリーシートの中身が良い

最初に提出する応募書類がエントリーシート。

書類選考や面接など、ほぼ全ての選考過程で大切な資料として扱われます。

  • 仕事に対する想い
  • 志望動機
  • 具体的な実績
  • 自己PR

 

企業から提示された、これらの質問に対して適切に記入する必要があります。

面接でも必ず聞かれる質問なので、エントリーシートの内容が良ければ企業から一定の評価を得られるでしょう。

限られたスペースの中で、アピールポイントが具体的に伝わる文章を作成することは難しいものです。

選考の開始から終了まで関わってくるエントリーシートは、ほぼ全ての人が目を通します。

適性検査の結果以上に採否に関わってくるといえるでしょう。

性格検査の評価が高い

仕事ができるようになるかは、最終的に本人の取組み次第のところもありますよね。

苦手な仕事でも頑張って継続することで、成果を出せるまで成長する場合も多いでしょう。

したがって、能力検査の結果が悪くても、性格検査の結果で今後の成長性が認めれればマイナス評価にならない可能性もあります。

自社に適したスキルを持っている

中途採用は実務経験とスキルが最重視されます。

過去の実績から、即戦力であることが証明されれば、結果は参考程度にしか見ない企業も多いでしょう。

当日の体調やメンタル面、スケジュール的に対策時間を確保できたかによっても、結果は変わります。

適性検査の結果よりも、自社に適したスキルを持っているかを重視されます。

ボロボロだと思っていたけど高得点

適性検査の問題は、義務教育レベルがメイン。

普通に社会人として勤務できていれば、常識として身に付いているレベルの知識でしょう。

それでも結果がボロボロだと思うのは、学生時代から勉強やテストの雰囲気から離れていることによる、自信の無さが原因かもしれません。

はっきりと正解の自信がなくても、常識の範囲内で答えた問題が正解して、実は高得点を取っているケースもゼロではないでしょう。

適性検査は、マーク式の場合が多いので「何となくこれかな?」で答えても正解する場合もあります!

転職で適性検査を企業が導入する理由や目的

適性検査は、応募者の能力や性格的な特徴を把握するために実施されます。

簡単にいえば、マッチングの精度を上げるためですね。

企業が選考で重視する項目として、

  • 性格検査46.4%
  • 能力検査36.2%

と高い数値になっています。

適性検査

画像出典:キャリアパーク転職エージェント

このデータからも分かるとおり、適性検査を合否の判断材料の1つにしているのは間違いないでしょう。

なぜここまで企業は、適性検査を重視するのか解説します。

自社にマッチしている人材か

採用試験は自社で長く活躍できる人材か見極める目的で行われています。

多くの企業が適性検査を導入しているのは、マッチングの精度を上げ、短期離職をなくすためです。

すぐに辞められると、企業はゼロから選考をスタートしなければいけません。

採用試験に費やした時間や費用をムダにしないためにも、試験結果を選考材料にしている企業は少なくありません。

要注意人物を見分ける

適性検査の結果で、面接では認識できなかった、応募者のネガティブな要素や違和感がある部分に気付けるケースがあります。

  • ライスケールの基準に引っかかっている
  • 能力に著しい偏りが見られ、得意・不得意がはっきりし過ぎている
  • なぜか(違和感)ルール通りに回答していない
  • 他の応募者に比べミスが目立つ
  • 回答数が少ない

結果が目に見える分、本音を隠される可能性がある面接よりも、客観的に応募者の本質を見分けられます。

適性検査の結果は、要注意人物を判断するには有効といえます。

職務分析でどの業務に適しているか

適性検査を受けると、職務適応性が明らかになります。

職務適応性とは、職務の遂行に必要とされる、知識やスキルを取得するための基本的な能力のこと。

職務適応性の分析で明らかになる内容
  • 仕事をこなすためのスキルを、どれだけスムーズに身に付けられるか
  • 職種ごとの将来性・可能性
  • 業務別の得意・不得意

 

応募者を採用した時を想定した場合、職務適応性にマッチした業務配置ができれば、定着率や生産性の向上が期待できるでしょう。

面接では分からないスキルをはかる

面接は応募書類をもとに口頭ベースで進むので、応募者の本質的なスキルまで正確に把握することは難しいでしょう。

  • 仕事の早さ・要領の良さ
  • 知識・スキルの吸収力
  • 面接では見抜けない、性格的な特徴

 

普段の業務の様子が見られない分、これらは適性検査を通すことで客観的な情報を得ることが必要です。

面接は長くても1時間程度。

企業側にとっては、少ない情報しか得られていない状態で内定を出すのはリスクがあります。

適性検査を通して、応募者の本質的なスキルを見極めることで、ミスマッチの減少につながります。

基礎知識や能力が身についているか

応募先企業で実施される適性検査では、一般常識や作文などオリジナルの問題が含まれるケースもあります。

仕事をおこなう上で基礎的な知識やスキルを問われるケースが多いので、著しく結果が悪いと採用をためらう企業も多いでしょう。

SPIなどの適性検査の問題をそっくりそのまま使うだけでなく、問題の一部を切り取ってオリジナルの試験を作成する企業もあります。
企業オリジナルの問題例
  • 入社後の展望などをテーマにした作文
  • 時事・一般常識
  • 応募先企業の事業内容やサービスに関する問題
  • 応募職種に関するスキル試験

 

選考を有利にするため、SPIなど一般的な適性検査の対策と並行して、上記の学習も進めていきましょう。

面接の資料にするため

適性検査は、応募者の面接中の態度や回答内容に、明らかな偽りがないことを確認する資料として扱います。

採用担当者は、適性検査で明らかになった特性によって、質問内容や接し方を変えて応募者の本質を探っていきます。

面接は応募者と採用担当者のコミュニケーションによって成り立ちます。

双方の距離が最も近くなるのが面接ですが、何の資料もなしに応募者の本質を理解するのは難しいでしょう。

応募者がウソをついて、良く見せようと取り繕っても、面接中のやりとりだけでは完璧に見抜けません。

転職の適性検査で落ちる人は少ない

面接合格

転職は即戦力採用。

適性検査は、あくまで判断材料の一部にすぎません。

 

採用方針によっても異なりますが、極端に低い正答率でなければ問題視されないケースは多いでしょう。

適性検査の結果以上に、企業が求めている実績やスキルを保有しているかが重視されます。

年代別の求められるスキル

20代:ポテンシャル、ポータブルスキル(業界問わずいかせるスキル)

  • (具体例)主体性、考える力、仕事に向かうスタンス

30代:ポータブルスキル、即戦力となるテクニカルスキル、マネジメントスキル

  • (具体例)課題解決力、発信力、部下の指導・育成力

40代:マネジメントスキル、専門知識

  • (具体例)部下を動機づける力、部下の指導・育成力

参考元 : リクナビNEXT 年代別で重視される能力とスキル

上記のスキルをアピールできるかどうかが、採否に影響する比重として最も大きいでしょう。

まとめ:転職で適性検査ありの求人でも積極的に受けるべき

適性検査が苦手な場合、面接に進む前に落ちるリスクもあるので、避けたくなる気持ちは理解できます。

しかし、適性検査ありの求人は、ネガティブな面だけではありません。

適性検査ありの求人は、書類選考の通過率が高い可能性があります。

僕が転職エージェントから聞いた話だと、筆記試験がある会社の方が、応募者を総合力で判断する傾向が強いとのこと。

応募書類の内容(経歴)だけではなく、面接や筆記試験の結果も総合して採否を決定するということですね。

新卒採用と比べ、中途採用は書類選考の通過率が圧倒的に低いのが特徴。

ある程度の対策をした後、適性検査ありの求人でも積極的に受けることをおすすめします。