転職の悩み

【転職失敗して後悔してる奴】その後どん底からでも復活して成功する方法!

転職失敗して後悔してる奴でも再転職する方法
  • キャリアアップのため転職したけど、本当にこれでよかったか自信がない…
  • 転職しなければよかったと後悔…

このように、転職先でうまくいかず、自分が「転職失敗して後悔してる奴」だと感じる方もいるのではないでしょうか。

せっかく転職したのにと、すぐ次の転職に前向きになれない方も多いですよね。

結論から言うと、転職失敗したと感じたらなるべく早く次の転職を考えるのがおすすめです。

  • 転職失敗で後悔する理由ベスト3
  • 転職失敗から復活した人の口コミ
  • 再転職したい人のための転職のコツ

今回は、転職失敗して後悔してる奴のエピソードや復活劇、再転職を考えている人のための転職方法を紹介します。

Contents
  1. 【自分だけじゃない】転職失敗して後悔している奴は多い
  2. 転職失敗した!後悔の理由ベスト3
  3. 転職で失敗した奴から復活した人の口コミ
  4. 転職で失敗したくない!同じ過ちを繰り返さないために
  5. 【転職失敗した奴】後悔してるならい今すぐ再転職しよう
  6. 二度と転職失敗で後悔したくないなら転職エージェント!使うべき5つの理由
  7. 【再転職できる】おすすめの転職エージェント3選
  8. まとめ:転職に死ぬほど後悔しても人生終わりじゃない

【自分だけじゃない】転職失敗して後悔している奴は多い

転職失敗して後悔してる奴は意外と多くいます。

調べたところ、失敗と感じた理由には以下のようなエピソードが散見されました。

「転職失敗した」と感じやすい理由を把握して、後悔の原因を避けた転職活動をすれば、成功確率が高まります。

ぜひ参考にしてください。

仕事に対するイメージと現実が違った

実際に仕事をしてみたら理想と現実が大きく違ったと、転職に失敗したと感じてしまうケースがあります。

たとえば、

  • 忙しい仕事から余裕のある仕事に転職したら、余裕はあるけど毎日ルーチンをこなすだけでやりがいをまったく感じられない…
  • 企業紹介を見て、綺麗で清潔感のある職場だと思ってたのに、実はとても生活感のある環境だった…

などです。

こうならないために、転職活動時は企業の口コミサイトをチェックしたり、転職エージェントに話を聞いたり、内情までしっかり把握した上で転職先を決めるようにしましょう。

新しい職場環境や人間関係に馴染めなかった

転職先の新しい職場環境や人間関係に馴染めないことも、転職に失敗したと感じやすい理由の1つです。

社会人は、睡眠を除く1日の半分以上の時間を仕事に費やします。

つまり、職場環境や人間環境が良いと思えないと、毎日を憂欝な気分で過ごすことに…。

入社後すぐの立ち回りをうまくすれば自分の居心地がいい環境を築くことができるので、最初の印象を大事にしたいですね。

成果ややりがいを感じにくい業界を選んでしまった

特に向上心が高い人は、選ぶ業界を間違えると成果ややりがいを感じられず、転職に失敗したと思ってしまうことがあります。

仕事での充実感を得られないのもそうですが、業界が衰退していく様子を肌で感じるため、「このままで大丈夫なのか」と将来に不安も感じるでしょう。

会社の将来を案じて不安にならなためにも、転職活動では成長している業界を選びたいところです。

転職失敗した!後悔の理由ベスト3

マイナビニュースの調査によると、転職失敗して後悔する理由ベスト3は、以下のような結果でした。

転職して失敗・後悔したと感じた理由

引用元:マイナビニュース

転職に失敗しやすい原因が統計的にも明確にされているので、失敗の原因を避けることを意識した転職活動をしましょう。

組織体制や文化が合わない

  • インドアな性格なのに社内イベントが頻繁な企業に入社してしまった…
  • アグレッシブな性格なのに裁量が少ない保守的な職場だった…

このように、転職先の組織体制や文化が自分の性格と大きく合わない場合、転職に失敗したと感じやすいです。

意外にも、給料の低さよりわずかに軍配があがっていますね。

転職先を探す際は、企業の口コミサイトをチェックしたり、転職エージェントに内情をうかがったり、実際の現場の雰囲気をしっかり把握しておきましょう。

給料が低い

言わずもがなですが、「給料が低い」と転職に失敗したと思いやすいです。

給料は、仕事へのモチベーションに直結する大きな要素。

やりがいが微妙でも給料がそこそこであれば割り切って働けたりもしますが、給料が微妙なのにやりがいだけで働き続けられる人は多くないでしょう。

転職先が決まらず焦ってしまうと、とりあえず内定をくれた企業で決めてしまいたくなりますよね…。

給料を妥協して転職先を決めることはしないのが吉です。

人間関係が辛い

やはり「人間関係が辛い」は、転職に失敗したと思う理由の上位にあがってきました。

かの有名な心理学者:アドラーも「人間の悩みの9割は人間関係」と言っているくらいですからね。

特に、上司との人間関係がうまくいかないことは評価にも繋がりやすく、仕事全体のパフォーマンスを下げてしまう可能性が。

立ち回りの工夫で改善できる可能性もありますが、こればかりは相性の問題もあるので、人間関係が辛いと感じたら再転職を検討するのがおすすめです。

転職で失敗した奴から復活した人の口コミ

「せっかく転職したのに、失敗したら終わりじゃん…」と不安な方のために、転職失敗から復活した人のエピソードを調べてみました。

今まさに「転職に失敗した」と悩んでる方は、復活劇を参考に転職活動を進めていきましょう。

異業種・未経験を狙った

転職失敗から復活して再転職するために「異業種・未経験を狙った」というエピソードがありました。

「ちゃんと転職できるだろうか…」という不安から、少しでも実力をアピールできればと慣れた仕事を選びたくなるでしょう。

しかし、転職失敗からの再転職の場合、そもそも「またすぐ転職してしまうのでは」と思わせるリスクがあります。

そのため、異業種・未経験を目指すからこそ「ポテンシャルを見てもらいやすい」という側面が活かせますよ。

人脈を活用した

再転職をするために「人脈を活用した」という方もいました。

社外の人とつながりを持つ、転職成功した人が利用した転職サイトやエージェントを教えてもらうなど、人脈を活用することで転職活動の効率化が図れそうです。

転職エージェントに頼った

転職失敗から復活するため「転職エージェントに頼った」という話もありました。

転職のプロである転職エージェントなら「転職に失敗して再転職したい人」をサポートした経験もたくさんあるでしょう。

通常より厳しい転職活動になるからこそ、しっかり専門家を頼っていきたいですね。

転職で失敗したくない!同じ過ちを繰り返さないために

もう二度と転職で失敗したくない…という方は、今後の転職活動で下記4つを意識してみましょう。

転職に失敗したと思ってしまうからには、それなりの原因がきちんとあります。

しっかりと振り返って、次こそは転職成功に繋げていきましょう!

反省と失敗を認める

何よりも大事なのは、転職に後悔してる中でも「反省と失敗を認める」ことです。

  • たまたま企業が外れだった
  • 入社するまで雰囲気まではわからなかった

このように何かのせいにしていたら、次に失敗しないためにどういう転職活動をすればいいかが見えてきません。

  • たまたま企業が外れだった
     →軸を固めずに求人探しをしてたかも
  • 入社するまで雰囲気まではわからなかった
     →企業の内情リサーチを怠ったかも

こんなふうに、何故こうなってしまったのか?と自分の課題に落とし込むことで、次の転職活動の方向性が見え、成功につなげやすくなります。

自己分析の徹底

二度と転職に失敗しないために、あらためて自己分析を徹底しましょう。

転職失敗の原因として、内定を焦るあまり自己分析を怠り、自分の目指すキャリアと合わない企業を選んでしまうケースがよくあります。

とはいえ、自己分析の仕方がわからない…という方もいますよね。

経歴を登録すれば代わりに転職市場価値を分析してくれる、転職アプリ「ミイダス」を利用してみるのがおすすめ。

登録後は、細かく自分の強みを分析してくれる「コンピテシー診断」も受けられ、転職活動の道しるべになること間違いなしです。

\ 【無料】自分の転職市場価値を診断する /

ミイダスに登録する

ミイダスは会社にバレるリスクはある?実際に使ってみた!本記事では、ミイダスが会社にバレるリスクについて解説しています。結論ミイダスが原因でバレることはありませんが、あなたの行動次第ではバレることも。会社に転職活動がバレない注意点をまとめましたので、ぜひご覧ください。...

転職の条件を明確にする

自己分析をしたら、転職の条件を明確にしましょう。

  • 希望年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 福利厚生 など

最初から全部が希望通りを狙うと厳しい可能性が高いです。

選択肢を広げるためには、絶対に譲れない条件と比較的にこだわりのない条件をハッキリさせておきましょう。

時間をかけて転職活動を進める

意外と盲点なのが「時間をかけて転職活動を進める」ことです。

転職活動は会社を辞めてからしないといけない、だから早く転職先を決めないといけない…と勘違いしてる方がいますが、そうではありません。

今の仕事を続けながらでも自己分析や転職条件の明確化、書類応募はできます。

選考に通過して面接に繋がったら、有給休暇を活用することになる場合もあります。

時間をかけるところはしっかりかけて、間違いのない転職先探しをしましょう。

【転職失敗した奴】後悔してるならい今すぐ再転職しよう

「転職したばかりで辞めたら、その後の転職活動も厳しくなるのでは…」と、転職に失敗したと感じてもすぐ転職活動を考えられない方は多いはずです。

結論、本当に厳しいと感じたら、短期でも再転職を考えることがおすすめです。

ポイントを抑えて戦略的な転職活動をすれば、再転職は十分に可能です。

転職失敗で後悔していて再転職を考えてる方は、ぜひ参考にしてください。

転職後に離職する短期離職は意外と多い

厚生労働省の「平成27年転職者実態調査の概況|直前の勤め先および現在の勤め先の状況」によると、転職後に短期離職した割合として以下のような結果が出ています。

  • 6ヵ月未満:8.5%
  • 1年未満:10.2%

参照元:厚生労働省

つまり、約10人に1人は「一度は短期離職の経験がある」ということです。

そのため、あまり短期離職そのものが悪いというふうに捉える必要はありません。

短期離職でも仕事は見つかる

短期離職は、企業に「自分の企業もすぐ辞めてしまうのでは?」と思わせるので、一般的に良い印象を持たれません。

そのため、短期離職からの転職は普通より難易度は上がります。

しかし、やりたくない仕事を嫌々と続けるより、難しくても一時的に集中して転職活動を頑張るほうが、長い目で見ても有意義でしょう。

20代の場合は、「第二新卒」として企業側もある程度の事情を理解してくれているところも少なくありません。

基本的に短期離職を繰り返すのは不利ですが、うまく戦略を立てれば転職成功させることは可能です。

年齢が上がると転職は厳しくなる

一般的に、転職できる限界年齢は「35歳」と言われています。

35歳の壁

35歳までは転職しようと思ったときに求人数があるものの、35歳を過ぎると応募できる求人が一気に減ってしまう

引用元:マイナビAGENT

たった数ヵ月の差でも、35歳より34歳のうちに転職活動するほうが採用確率が高くなります。

少子高齢化社会である日本の市場原理として、どの企業も若手を欲しており、若いほど採用されやすく年齢が上がるほど採用されにくいのが現実です。

年齢のハードルは自分の力ではどうにもできません。

自力でやみくもに転職活動しても行き詰ってしまう可能性が高いです。

年齢的な問題を抱えてる方は、この先で紹介する転職エージェントを利用した転職活動をおすすめします。

二度と転職失敗で後悔したくないなら転職エージェント!使うべき5つの理由

転職失敗という厳しい状況から再転職したい…。もう転職失敗したくない…!

このような方は、転職エージェントを使った転職活動がおすすめです。

上記5つのメリットがある転職エージェントをうまく活用して、転職失敗からの復活を目指しましょう!

①丁寧なヒアリングで条件に合った求人を紹介してくれる

転職エージェントは、丁寧なヒアリングで利用者の悩みを汲み取り、条件に合った求人を紹介してくれます。

やっと転職できたと思ったら失敗だったなんて…これ以上どう探せばいいんだ…

このような状態の方でも、しっかり話を聞いて悩みを整理してくれ、転職成功へと導くサポートをしてくれるのが転職エージェントの強みです。

②非公開求人が豊富

転職エージェントには、登録して利用してる人だからこそ担当から内々に紹介してもらえる「非公開求人」がたくさんあります。

つまり、自力で探してるだけでは見つけられない求人があるということです。

転職先の選択肢が広がるのも、転職エージェントを利用するメリットの大きな1つでしょう。

③面接対策や履歴書添削などフォローが手厚い

転職エージェントを利用すると、面接対策や履歴書添削などのフォローもしっかりしてくれます。

  • 転職に失敗して再転職は、どんなふうに履歴書に書けばいい?
  • 再転職の理由を、面接でどう話せばいい?

こんな悩みにもしっかり乗ってくれます。

④業界の知識が豊富で最新情報を聞ける

転職エージェントは、転職市場の最前線にいるため、業界の知識が豊富で最新情報を教えてもらえることがあります。

転職するならどの業界が熱いか、今はどの業界が転職しやすいか、など色々と聞ける可能性があるので、積極的に利用していきましょう。

⑤企業と条件交渉や日程調整もしてくれる

直接自分で企業に応募すると、選考の日程調整や採用される場合の条件交渉もすべて自分で行う必要があります。

強気な主張が苦手な方は、条件交渉など満足にできないのではと不安になりますよね。

転職エージェントを利用すると、企業と関わることになれた担当がプロの提案力をもって代わりに日程調整や条件交渉をしてくれるのが嬉しいポイントです。

【再転職できる】おすすめの転職エージェント3選

自分が「転職失敗して後悔してる奴」だと思う方が使うべき、おすすめ転職エージェント3つを紹介します。

転職エージェントは、保有してる求人の違いや担当との相性があるため、基本的に複数エージェントの同時利用をするのがベストです。

うまく使って、今度こそ転職を成功させましょう!

おすすめ①doda

dodaのトップページ

一般的には、転職サイトと転職エージェントは別サービスとして展開されてることがほとんどですが、dodaはサイトとエージェントの一体型サービスです。

公開求人数が約12万件、非公開求人数が約3万件と、トップクラスの求人数を保有しています。

「転職失敗した…」と後がない気持ちになってしまっている方には、豊富な求人数という選択肢の広さが嬉しいポイント。

とりあえず登録して求人探しをするだけでも、見えてくるものがあるかもしれません。

dodaに登録する

dodaの評判は悪い?口コミから特徴や注意点を徹底解説!
dodaの評判は悪い?口コミから特徴や注意点を徹底解説!dodaは国内最大手の転職エージェントです。利用者も多いですが、評判や特徴を確認してから登録した方が今度の転職を上手く進みます。dodaの評判や口コミ、特徴など徹底解説します。...

おすすめ②リクルートエージェント

リクルートエージェントのトップページ
リクルートエージェントは、公開求人数の豊富さはもちろんですが、非公開求人数の多さが、他エージェントと比べて桁違いに多いです。

登録して利用すれば、約21万件以上の独占求人から転職先探しができます。

参照元:リクルートエージェント(2022年9月時点)

面接対策も徹底的にしてくれるので、手堅く結果が出せる転職活動をしたい方におすすめです。

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントの評判は悪い?口コミからわかる特徴や注意点!
リクルートエージェントの評判は悪い?口コミからわかる特徴や注意点!リクルートエージェントの評判や口コミ、活用方法を紹介します。リクルートエージェントは国内最大手の転職エージェントですが、自分の転職活動に合っているのか見極めることも大切です。...

おすすめ③マイナビエージェント

マイナビエージェントのトップページ
マイナビエージェントは、20代など初めての転職に強い転職エージェントです。

初めての転職で失敗して、転職活動がふりだしに戻った…という方におすすめ。

20代向けやIT系の求人が豊富なため、キャリアの方向性が合いそうな方は登録しておくといいでしょう。

マイナビエージェント登録する

マイナビエージェントの評判は悪い?口コミから特徴やポイントを解説!
マイナビエージェントの評判は悪い?口コミから特徴やポイントを解説!マイナビエージェントの悪い評判があるのは事実ですが、メリットや特徴を把握すれば、転職初心者にとって役に立つサービスです。面接対策や職務経歴書などの書類に困っている方は、一度本記事を読んでみてください。...

まとめ:転職に死ぬほど後悔しても人生終わりじゃない

今回は、転職失敗で後悔してる奴でも再転職して復活したエピソードと方法について紹介しました。

  • 転職失敗する原因は「文化のミスマッチ」「給料への不満」「人間関係」
  • 転職失敗で後悔しても再転職できる
  • 約10人に1人は転職からの短期離職をしている
  • 二度と転職失敗しないための振り返りが必要
  • 転職失敗からの再転職は転職エージェントの利用がおすすめ

転職に失敗したと感じたら、すぐに転職活動を検討しましょう。

若ければ若いほど早く動いたほうがいいですし、年齢が上だという人も結局、一番若い今が動くタイミングだからです。

すぐに退職しないとしても、迷ってる間に何もしないより、転職エージェントに登録して求人を探したり、担当と相談するだけでも確実に得られるものがあります。

復活エピソードや転職エージェントの利用の仕方を理解し、転職失敗からの再転職を成功させましょう!