転職の悩み

転職活動に疲れた20代の体験談|うまくいかない状態を打破する方法

「転職活動に疲れた…自分と同じ状況の20代はいないのかな?」

転職活動がうまくいかない状況が続き、メンタルが落ちると「すべてやめたい」という気持ちになりますよね。

本記事は、20代で転職活動を行なった私が体験談を交えながら「疲れたときのメンタル回復方法」や「うまくいかないときの対策」を紹介。

本記事を読んでもらえれば、あなたの疲れた状態を緩和できます。

「疲れたときのメンタル回復方法」だけでもいいので、参考にしてみてください。

転職活動に疲れた20代は多い

あなたと同じように転職活動に疲れている20代はとてもいいです。

下記の画像は「リクナビNEXT」が20〜50代の転職経験者730名に対して行なった「転職活動で「疲れた」と感じたことはありますか?」というアンケートの結果です。

転職活動で「疲れた」と感じたことはありますか?のアンケート結果画像引用:リクナビNEXT
※2022年10月現在

約8割の人が「疲れた経験がある」と答えています。

また、転職活動が疲れる理由として下記2つが挙げられます。

  • 転職がうまくいかない
  • 転職活動の疲労が溜まっている

私も現職で働きながら転職活動を行い、疲れでメンタルが落ちた経験があります。

転職がうまくいかない

転職がうまくいかない状況が続き「疲れた」と感じる人が多いです。

  • 自分に価値がないと思う
  • 何が悪いかわからない
  • 落ちるたびにショックを受ける
企業へ面接に行った疲れと、落ちたという事実が余計に疲れを感じますよね。

落ちた原因もわからないため、自分の価値に疑問を抱いてしまいます。

メンタルに余裕があり、うまくいかない対策が知りたいという人は、本記事で紹介してある「転職活動がうまくいかない5つの理由と対策」をご覧ください。

転職活動の疲労が溜まっている

現職で働きながら転職活動をするため疲労が溜まりやすく、転職活動に支障をきたします。

  • 転職活動に時間をかけられない
  • 面接に行くまでも大変で疲れる
  • 1人で頑張っている

現職の疲れが転職希望先での面接に出てしまい、体力のない人物と捉えられてしまう場合もあり、うまくいかない悪循環が生まれます

「人に頼る」が1番いい方法ですが、まずはメンタルを回復する方法を知っていると顔色が優れ、転職活動が良い方向へ向かっていきます。

転職活動に疲れたときの3つのメンタル回復方法

転職活動に疲れたときのメンタル回復方法は下記の3つです。

  1. 休みをとって気分転換
  2. 食事と睡眠をバランスよく行う
  3. ウォーキングする

上記は私が実際に行って効果のあった方法で、メンタルクリニックが推奨している方法でもあります。

どれかひとつでも欠けていたら、本項目を参考にしてください。

①:休みをとって気分転換

メンタルを早めに回復させる方法として「休みをとって気分転換」がおすすめです。

何もする意欲がわかない、心が疲れているという状態のときには、いったん疲れてしまうものから離れるようにすることが大事です。
しっかりと休息を取って、回復を感じられるようになったら、また取り組んでみるといいでしょう。

引用:新宿ストレスクリニック

特に転職活動では下記の疲れる要因があります。

  • 現職の疲れ
  • 転職活動の疲れ
  • 疲れからメンタルが落ちる

1日でもいいので有給を取得し、3連休を「遊び・旅行・極限までダラける」など試してみてください。

予定も決めず旅行へいき、きれいな景色を見るだけでも変わりますよ。

②:食事と睡眠をバランスよく行う

良質な睡眠には、バランスの良い食事が必須です。

メンタル不調は、実は、栄養素の欠乏によって引き起こされることもあります。たとえば、神経伝達物質の「セロトニン」の不足は、うつ病の一因となることがわかっています

引用:サワイ健康推進課

メンタルの不調はセロトニンを分泌させると改善が期待できます。

セロトニンは脳をリラックスさせる「睡眠ホルモン」です。そのセロトニンを合成するアミノ酸の一種であるトリプトファンを多く含む食材には、魚介類・鶏肉・卵・大豆製品(豆腐・納豆など)・ごまなどがあります。これらを使った食事をとることでセロトニンが生成され、睡眠を促し、睡眠の質をあげることが期待できます。

引用:サカナのチカラ

また、セロトニン「睡眠ホルモン」と言われ、合成に必要なアミノ酸の一種であるトリプトファンは「魚介類・鶏肉・卵・大豆製品(豆腐・納豆など)・ごま」から摂取できます。

魚を用意するのが面倒な人は、セブンイレブンの「銀鮭の塩焼」を試してみてください。美味しいですし、レンジで50秒温めれば食べられます。

良質な睡眠は、日々の疲れを軽減してくれますので、ぜひ試してみてください。

③:ウォーキングする

ウォーキングは運動を行うと同時に、日光を浴びられるのでおすすめです。

ウォーキングやジョギング、ストレッチ、ヨガなど軽めの運動であれば、全身の血流を改善し、心身の疲れを取り除くことができます。

引用:新宿ストレスクリニック

家でできる運動もありますが、私がウォーキングを選んだ理由は下記の通りです。

  • 血流が改善される
  • 日光を浴びられる
  • 普段気にしなかった景色が見られる

太陽の光を浴びることで体内でセロトニンの分泌が促されます。セロトニンとは、幸せホルモンとも呼ばれ、ストレスに対して効能のある脳内神経物質の一つです。

引用:あい鍼灸院・整骨院

適度に気持ちのいいウォーキングを行い、たくさん日光を浴びると気分が晴れます。

ぜひ試してみてください。

転職活動がうまくいかない5つの理由と対策

転職活動がうまくいかない5つの理由は下記の通りです。

  1. 転職先が決まる平均応募社数を知らない
  2. 働きながら転職活動を行なっている
  3. 自分を見失う
  4. 転職エージェントと温度差があり疲れる
  5. 転職エージェントの利用社数が少ない

22歳で転職活動を行なった私は、転職活動について無知だったため、うまくいかない状況が続きました

本項目では、私が知っておきたかった情報と対策方法について紹介します。

あなたに当てはまる内容があれば、ぜひ参考にしてください。

①:転職先が決まる平均応募社数を知らない

20代の転職先が決まる平均応募社数が「22.2社」と知っていましたか?

下記は転職サイト「doda」が出しているデータです。

20代の転職先が決まる平均応募社数引用:doda
※2022年10月現在

転職サイトや転職エージェントが普及し始め、個人がエントリーできる社数も増加傾向にあります。

そのため、転職先が決まるまでの応募社数が20社を超えています。

この事実を知っておくだけで、私は心が軽くなりました。

②:働きながら転職活動を行なっている

現職で働きながらの転職活動は、書類や面接対策などに避ける時間が短くなります。

  • 毎日8〜10時間の労働がある
  • 食事や家事などに時間を使う
  • 転職希望先へのエントリーをする
  • 書類や志望動機などを作成する

上記のように、転職活動はハードであり、1人で行なっている場合はハードルが上がります。

まだ転職エージェントを試してないようであれば、ぜひ試してみてください。

無料で利用でき、登録するだけなら3分も使いません。

20代のあなたにマッチした転職サービスを比較紹介

上記の記事では、実際に利用して良かった転職サービスを記載していますので、大体の使用感が伝わると思います。

転職エージェントをおすすめする理由は「こちら」にて記載しています。

③:自分を見失う

「自分を見失ってるかも…」と思ったときは「転職の軸」を明確にしてください。

  • 転職したい理由
  • 妥協したくないポイント
  • どんな仕事をしたいか
上記3つを明確にしておくと「志望動機」と「退職理由」の整合性が取れます。

整合性は面接において大切ですし、あなたが転職活動を行う意味を改めて確認できます。

④:転職エージェントと温度差があり疲れる

20代の転職は転職エージェントをの使用をおすすめしていますが、温度差で疲れるときがあります。

  • カウンセリングをする
  • エントリー候補をたくさん紹介してくれる
  • 面接や書類を添削・対策してくれる
  • 電話がかかってくる場合がある

上記は転職エージェントが行ってくれる内容で、転職の知識がない20代にはありがたいサポートです。

しかし「自分のペースで転職したい」という人にはおすすめできません

エージェントとあなたの転職に対する取り組みに温度差が出てしまいます。

もし「自分のペースで転職したい」という人は下記の記事を参考にしてください。

20代におすすめの「豊富な求人」を抱えている転職サイト3選

あなたが未経験の職種を視野に入れている場合、希望の転職先が見つかる可能性が上がります。

⑤:転職エージェントの利用社数が少ない

転職成功者が利用している転職エージェントは「平均2.3社」です。

転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?のアンケート結果画像引用:リクナビNEXT ※2022年10月現在

あなたが1社しか登録していないのであれば、複数登録してみると良いです。

複数登録するメリットは下記の通りです。

  • さまざまな職種を紹介してくれる
  • 会社ごとにサポートを受けられる
  • 自分にあったエージェントが見つかる

「合わないな…」と思う転職エージェントもあり、不信感を抱いてしまう場合があります。

複数登録しておくと、自分にマッチしたエージェントを選択できるのでおすすめです。

20代の転職活動は転職エージェントの利用がおすすめ

20代の転職活動に転職エージェントがおすすめの理由は下記の4つです。

  1. 悩み相談ができる
  2. 書類の添削をしてくれる
  3. 面接対策をしてくれる
  4. 面接への段取りをしてくれる

転職エージェントがいると心強いですし、孤独が解消されます。

あなたが「早く転職したい」という状況でしたら、ぜひ参考にしてください。

未経験・学歴不問の求人多数/
公開求人数約14万件以上

今すぐdodaに登録する

登録は3分で完了
20代・第二新卒におすすめ

①:悩み相談ができる

dodaのキャリアカウンセリング概要引用:doda

転職に関する悩みを専門的にアドバイスしてくれます。

  • 自分の強みがわからない
  • 何から取り組めばいいかわからない
  • 企業との交渉が難しい
  • 大きな実績を持っていない

転職には上記のような悩みがあり、自分を見失うきっかけになりますよね。

しかし、転職エージェントは一緒になって解決してくれるので「近くに相談できる人がいない…」という人におすすめです。

②:書類の添削をしてくれる

dodaの応募書類作成サービスの概要引用:doda

企業に提出する書類で苦労していませんか?

  • 履歴書の添削
  • 職務経歴書の添削
  • その他応募書類の添削

転職エージェントは自社のノウハウから適切に添削してくれます。

また、この時にあなたの強みや希望を把握してくれるので、あなたとマッチした企業に推薦してくれます。

「書類作成に自信がない…」という人はおすすめです。

③:面接対策をしてくれる

dodaの面接サポートの概要引用:doda

転職エージェントでは、面接練習と適切なアドバイスがもらえます。

  • 面接で手応えを感じない
  • 2次面接で落ちる
  • 3次面接まではいける

私は上記に当てはまっており「どこがダメなのかわからない」という状況でした

転職エージェントと練習を行う中で、アドバイスをもらい、どこがダメだったか気づけました。

④:面接や入社の段取りをしてくれる

dodaの段取りサポートの概要引用:doda

転職エージェントは面接や入社の段取りを全て行ってくれます。

  • 現職が忙しい
  • 面接の段取りが負担になっている
  • 現職と転職で疲れがピーク
  • 退職するとしても引き継ぎで時間がない

働いている途中はもちろん、退職が決まった後も引き継ぎ業務で忙しくなります。

転職エージェントを利用していれば、面接や入社日の段取りを全てしてくれます。

希望だけ伝えておけば、想定外の日程を組まれないので安心です。

未経験・学歴不問の求人多数/
公開求人数約14万件以上

今すぐdodaに登録する

登録は3分で完了
20代・第二新卒におすすめ

まとめ:20代が転職活動に疲れたら休みを取る

20代の転職活動の疲れと対策について、私の体験談を交えながら紹介しました。

直近でできる疲れ・ストレス解消は下記の3つを行ってください。

  1. 休みをとって気分転換
  2. 食事と睡眠をバランスよく行う
  3. ウォーキングする

転職活動は健康あってこそです。

また、転職活動がうまくいかない理由も紹介しました。

  1. 転職先が決まる平均応募社数を知らない
  2. 働きながら転職活動を行なっている
  3. 自分を見失う
  4. 転職エージェントと温度差があり疲れる
  5. 転職エージェントの利用社数が少ない

上記は転職エージェントを利用すると解決できます。

まずはあなたの疲れやストレスを解消してから、転職エージェントに登録しましょう。

私が利用したなかで、20代にマッチしていると思ったのは「doda」です。

dodaは転職サイトですが、キャリアアドバイザーにサポートしてもらえる転職エージェントのサービスも含まれています。

未経験・学歴不問の求人多数/
公開求人数約14万件以上

今すぐdodaに登録する

登録は3分で完了
20代・第二新卒におすすめ

あなたの状況に合わせて使い分けをしてくださいね。