仕事の悩み

求人内容と違う場合は退職してもいいの?我慢するのは辛いだけ

求人内容と違うときは退職してもいいの

「求人に記載の内容を読んで、良い会社だと思い就職したら実態が違う・・・」

このような場合、どうしたらいいか悩んでしまいますよね。

せっかく調べて、「良い」と思って受けた会社がまさか求人内容と違うなんて、気分も上がって出社したもののどんどんモチベーションも下がってしまいます。

そんな時「退職」も考えると思いますが、「すぐに退職は非常識ではないかな・・・」と、困ってしまうでしょう。

今回はそんなお困りの「就職したけど、求人内容と違うから退職していいのか?」を説明します。

ぜひ参考にしてください。

求人内容と違うなら退職してもいいの?

求人内容と実際の業務内容が違う場合、退職できます。

労働基準法でそのように定められているからです。

第十五条

使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。

この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

② 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

③ 前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

引用元:e-eov労働基準法

「求人内容と違う」という代表的なケースは、主に以下2つです。

  • 労働時間が求人内容と違う場合
  • 給与や明らかに求人票と違う場合

具体的にいうと、他の人の実体験などからリサーチした結果をふまえて解説していきます!

①労働時間が求人票と違う場合

  • 「残業はほとんどありません」と記載されているが実際は残業が普通に行われている。
  • 「土日祝祭日は休日、休日出勤は無し」との記載されているが、実は数回は土曜日に出勤がある。

このような内容で、求人票と違った労働時間になっている場合は少なくありません。

しかし、難しいところがあり、求人内容はあくまで「見込み」のため完全に一致していない場合も多いです

調べてみると、以下のような実体験を見つけました。

▲休憩時間が30分もない日があるのはとても辛いですね。

 

▲時間も時給も違うパターンです。

 

▲求人情報での休日はもっとあったのでしょう・・・。

②給与や明らかに求人票と違う場合

求人内容に記載の給与が、実際と明らかに違う場合が見られます。

しかし、こちらも労働時間と同じく給与の金額が「見込み」「目安」の数字ですので全く同じではないありません。

「実際に働いてみたら、もらった給与が求人に記載していた内容と違う」といった話は後を絶ちません。

求人内容と同じ金額になるためには残業が必要というのもひどい話ですね。

求人内容と違う業務内容を行う会社が存在する理由

こまる

なぜ、求人内容と違う業務内容を行う会社が存在するのでしょうか

その理由を3点紹介します。

  • 応募時の説明不足
  • 企業の採用基準に問題がある
  • ブラック企業で求人票が虚偽の可能性が

①応募時の説明不足

当事者からしたら説明不足で済まされると困りますが、どうしても人間ですので説明不足な場合も。

きちんと「明文化」されていればいいのですが、「口頭での労働契約」をした場合などは注意が必要といえます。

会社にも大きく違いはありますので、説明がなければ応募時に詳しく内容を聞きましょう。

②企業の採用基準に問題がある

実際のところ、明確な採用基準がない企業が存在するのも事実です。

「TOEIC〇〇点以上」などといった明確な基準がなく、面接での「人間性」などによって判断されている場合も多くあります。

その場合は採用自体の基準が不明確なので、求人票と違いが出る可能性もあるでしょう。

そのような事態が起きないためにも、求人内容が具体的な内容かの確認は大切です。

③ブラック企業で求人票が虚偽の可能性が

また、受けた会社がブラック企業で求人票そのものが虚偽の可能性が高い場合もあります。

ブラック企業はゼロであるのが理想ですが、どうしてもなくならないのが事実です。

そのためにもブラック企業を見分ける必要があるので注意してください。

ブラック企業を見分けるポイントと共通点 ▶

求人内容と違う場合は法律違反になるのか

実は求人票と違うだけでは、法律違反とは限らない場合もあります。

下記について、詳しく解説します。

  • 求人票と違うだけでは法律違反とは限らない
  • 求人内容と違ったら労働基準監督署に相談する

求人票と違うだけでは法律違反とは限らない

求人と実務が違うのに、なぜ法律違反とは限らないのでしょうか?

それは、先ほどにも書いたように求人票の記載はあくまで「見込み」や「目安」だからです。

ニュアンス的な話になりますが、あくまで可能な範囲内での違いなら、実際の求人票との相違があったとしても違法性はないという見方になります。

求人内容と違ったら労働基準監督署に相談する

もし、求人内容と大きく違う場合は「労働基準監督署」に相談し、違法性があるかどうかを確認しましょう。

労働基準監督署

会社側がきちんと法律を遵守しているかを調査する機関。

近くの労働基準監督署を探す ▶

求人内容と違う場合は退職しても問題ない

問題なし

求人内容と違う場合、退職しても問題はありません。

その理由は3点です。

  • 頑張っても辛いだけ
  • 他にも会社はたくさんある
  • 転職活動も並行すればいい

頑張っても辛いだけ

求人票と違う場合、自分にとって負担になる場合がほとんど。

自分にとって負担になるという仕事は、「頑張っても辛いだけ」です。

一番大切なのは自分の体であり、自分の精神面。

体調を崩してしまうようなら意味がありません。

辛いだけなら「退職」しても問題ないです。

他にも会社はたくさんある

世の中に会社はたくさんあります。

「せっかく入社したのだから」と思って我慢してもあまり意味がありません。

自分に合う会社はきっとあるので、自分がのびのびと働ける会社を見つけましょう。

転職活動も並行すればいい

求人内容と実態の違いから退職を考えてるなら、転職活動も並行しましょう。

退職後仕事がなくなってしまっても問題です。

蓄えがあって多少ゆっくりし過ごしたとしても問題がない人は別ですが、自身の生活もあるので仕事の切れ目が出来るだけないようにしましょう。

スムーズに転職できるように転職サイトの利用がおすすめです。

転職エージェントのアドバイザーに相談すれば、求人内容と違うミスマッチを防げます。

プロへの相談が一番安心です。

実際に使って良かった転職サイト

まとめ:求人内容と違う場合は退職しても問題ない

法律違反になる・ならない関係なく、求人内容と違う場合は退職したほうがいいと、僕は個人的に思います。

少なからず不信感を抱く中で、頑張って働き続けても自分自身を苦しめ辛くなるだけです。

真面目な人は退職に対してネガティブな印象もあるかもしれませんが、全くないので安心して退職を選びましょう。

退職せずに辛い日々を過ごしたあげく、自分自身の体調を崩してしまったらもともこうもありません。

自身のためにも、退職をして自分にあった職探しをおすすめします。