仕事の悩み

優秀な人は見切りが早い|優秀な人材が辞める職場の特徴7選

あなたの職場は「優秀な人がどんどん辞めていく環境」ではありませんか?

優秀な人は職場への見切りが早い傾向にあります。

仕事ができる人に限ってすぐ辞めてしまうなら、社内体制や職場環境に問題があるかもしれません。

  • 優秀な人の見切りが早い理由
  • 優秀な人が辞める職場の特徴
  • 優秀な人が突然辞める理由

優秀な人の見切りが早い理由を理解すれば、今あなたがいる会社の状況を客観視し、今後の自分のキャリアアップについて考えるきっかけにできます。

ぜひ参考にして、よりよいキャリアを目指しましょう。

優秀な人の見切りが早い5つの理由

優秀な人の見切りが早い理由は、大きく5つあります。

優秀な人の特徴を知り、あなた自身の成長に活かしてみてください。

①:成長意欲がある

優秀な人は自分が成長できる環境を求めており、常に自身をアップデートしようと働きます。

優秀な人は、与えられた仕事をこなすだけでなく、自らも仕事を生み出そうとします。

もちろん、それで満足というわけではありません。

努力が昇格や昇給などの形できちんと評価され、成長が実感できる会社で働きたいと考えています。

そのため、評価制度があいまいで成長が実感できない会社だと不満を抱きます。

そうすると、成長の実感を求め、早い段階で見切りをつけて成長できる会社へと転職するのです。

②:目標をもとに行動している

見切りが早い優秀な人は、人生に明確な目標を持って生きています。

彼らにとっては仕事も目標達成の手段であり、仕事環境を利用して目標達成するための挑戦をしたいと考えています。

今の会社も目標までの過程なんですね!

目標達成につながる挑戦の機会がないと感じると、見切りをつけて挑戦の機会が多い別の会社へと転職を考えるようになります。

③:自分を客観的に捉えている

自分を客観視できる人は、優秀で見切りも早いです。

なぜなら、優秀な人は周囲と比べて自分のどの部分が・どのぐらい優れているかを分析でき、自分の能力がどのくらいの評価に値するかを理解しているから。

仕事のモチベーションは評価によって上下するので、努力の結果に対して見合った評価が得られないと、当然ですがモチベーションは落ちます。

そのため、優秀な人は自分を正しく評価してくれない会社は見切り、正当な評価をしてくれる会社へと転職していきます。

優秀な人の見切りが早いのは、自分を客観視できるため自分が仕事できちんと評価されているかを分析できる判断力あってこそですね。

④:時間を大切にしている

優秀で見切りが早い人は、自分の時間を大切にします。

幸福度を高めたり人生を豊かにしたりするには、上手な時間の使い方をすべきだと理解しているからです。

  • 労働時間のわりに給料が少ない企業
  • サービス残業があるブラック企業

このように、自分の時間を大切にできない環境だと気づくと、すばやく判断して見切ります。

無駄に消費するだけの時間を削減して、割くべきところに時間を割くことで、効率的に自分を成長させられるからこそ、優秀な人なのでしょう。

⑤:環境の変化を恐れない

優秀な人の見切りが早いのは、環境の変化を恐れないからです。

仕事や職場が合わないと感じたら、すぐに見切りをつけることができます。

合わない環境を自覚しながらも居続けてしまうと、ストレスが溜まりますよね。

  • パフォーマンスが落ちる
  • ストレスの回復に時間を使う
  • プライベートを楽しめない
変化が怖いからと、不満がある環境に居続けてもメリットがありませんね。

優秀な人は変化を恐れず、自分がより良いパフォーマンスが発揮できる場所が見つかるまで行動を続けます。

変化を恐れず合わない環境を見切る決断の早さが、優秀な人の大きな武器です。

優秀な人が辞める職場の特徴7選

ここでは、優秀な人が辞める職場の特徴を7つ紹介します。

優秀な人は、企業の良し悪しを見極める判断力と、良くない会社だとわかったら即見切る決断力があります。

優秀な人が辞める会社には、何かしらの問題があると考えられますね。

優秀な人が辞める職場の特徴を理解し、あなたが不満を感じている部分がないかを見直してみましょう。

①:上司の年収が大体わかる

優秀な人が突然辞める職場は、上司の年収がどのくらいか大体わかってしまいます。

  • 自分の給料から上司の給料が推測できてしまう
  • 部下に給料に関する愚痴を漏らしてしまう浅はかな上司がいる

上司の年収が想像できてしまうと、自分が今後いくら頑張って働いても頭打ちになるのが見えます。

優秀な人は会社に将来性がないと判断し、可能性のある会社へ転職を決めるのです。

②:優秀な人に任せれば良い風潮がある

会社に「仕事は優秀な人に任せればいい」という風潮があるのも、優秀な人が突然辞める会社の特徴の1つです。

なぜなら、単純に不公平だからです。

たとえば、同期で同じ給料の2人がいたとします。

普通の人が50の業務しかしないのに対し、優秀な人は仕事ができるからと80の業務を任せられる…。

このような状況があるとしたら、なぜ自分より働いてない人が同じ給料をもらえるのかと、不満を抱くのは当たり前。

「優秀だからこそ成長の機会を持ってほしい」と正当化してくる上司もいるかもしれません。

しかし優秀な人なら、別の会社に転職して努力した分をきちんと評価してくれる環境を選ぶものです。

③:仕事をしない人がいる

仕事をしない人がいる会社も、優秀な人が突然辞める可能性が高いです。

「仕事は優秀な人に任せればいい」という風潮がなくとも、仕事をしない人がいる分のしわ寄せが優秀な人にいってしまうから。

また、会社は皆がパフォーマンス向上を目指すからこそ成長するものです。

優秀な人は、仕事をしない人がいて、それを放置しておく会社の体勢に、この会社の未来は大丈夫かと不安も抱きます。

そのため、皆が意欲的に仕事をしている企業がいいと辞めていくのです。

④:成長させてくれる環境がない

会社に自分を成長させてくれる環境がないと感じると、優秀な人は辞めていきます。

優秀な人が優秀である理由は、成長意欲があり成長し続けているからです。

周囲はのんびり働いていて自分だけが頑張っている…というような状況になると、優秀な人にとって張り合いがなくモチベーションが低下します。

また、成長できずスキルも伸びない会社に甘んじてしまうと、もし年齢を重ねてから転職したいと思った時に採用されにくくなります。

優秀な人は、これに気づいているんですね。

そのため、優秀な人は社内で切磋琢磨でき、未来の自分も困らないキャリア形成ができる環境へと転職していくのです。

⑤:論理的な意見を採用されない

論理的な意見が採用されない職場も、優秀な人が辞めていきやすいです。

なぜなら、論理的な意見が採用されないと、会社や上司の一方的な都合で仕事の評価や環境の良し悪しが左右されるからです。

つまり、せっかく努力しても正しく評価されるかどうかが運次第になってしまうということですね。

優秀な人は、自分の能力がどのくらいの評価に値するか客観的に推測できる分析力と、自分が利用されるだけの環境を見切る決断力があります。

そのため、自分が飼い捨てられるかもしれない環境より、自分の能力を適切に評価してくれる環境を求めて辞めていくのです。

⑥:ハラスメントがある

ハラスメントがある会社は、優秀な人が突然辞める特徴の1つです。

単純に仕事がしづらいという理由はありますが、優秀な人はハラスメントが横行してる会社がまともであるわけがないと気づくから。

ハラスメントがある実情を上部に報告したり労働基準監督署に相談したり、環境改善を試みればいいという人もいるでしょう。

優秀な人は、環境改善の努力をするより、良い会社に転職する努力のほうがラクだとわかっているのです。

自分が環境改善の努力をしてなんとかなってるなら、とっくにハラスメントなんてなくなっている、と思うかもしれません。

優秀な人は、あくまで自分の人生を一番に、自分が幸せになるための手段を選び取ります。

その結果、ハラスメントがあると感じたら早々に会社を見切り、辞めていくのです。

⑦:評価制度が相対評価である

会社の評価制度が「相対評価」も、優秀な人が突然やめる職場の特徴です。

相対評価とは

職場であれば、営業部員の売上高や成約金額などに順位をつけ、それに基づいて評価するのが相対評価である。他の人たちと比べて高いか低いかで評価が決まっていく。

引用元:DIAMONDonline

相対評価は「他の人と比べてどうか?」という評価形式になるため、個人の努力が反映されにくいというデメリットがあります。

自分が前年度より大きく実績を伸ばしても、周囲も同じように実績をあげていると大きな評価にはなりません。

上には上がいる以上、いくら頑張ったとしても自分がこれ以上の評価を得ることは難しいと判断し、優秀な人は個人的な成果を評価してくれる環境を求めて辞めていきます。

優秀な人ほど突然辞める理由

優秀な人ほど突然辞める理由は、大きく2つあります。

優秀な人は、辞めるその時まで辞めることを匂わせません。

なぜなら、知られてしまうと少なからず引き留められることをわかっているから。

自分のタイミングですっきり退職&転職を狙いたい人は、ぜひ参考にしてください。

行動力があるから

優秀な人が突然辞めるのは行動力があるからです。

そのため、今の会社でもなんとかできないかと、やれることはやってみる精神で会社に向き合います。

だからこそ、向き合ってみたけど思ったような改善が得られなかった結果、会社に期待することを諦め、辞める決断ができるのです。

転職先が決まっているから

優秀な人が突然辞めるのは、転職先が決まっているからです。

周囲には何も言わず普通に仕事をしながら、裏では転職活動もしっかり進めるのが優秀な人。

そして、転職先が決まったタイミングで辞めることを会社に伝える。

この一連の流れが、周囲からは突然辞めるように見えてしまうのです。

まとめ:優秀な人ほど職場への見切りが早い

今回は、優秀な人ほど職場への見切りが早い理由や、優秀な人ほど辞めていく職場の特徴を解説しました。

  • 優秀な人は自分に合わない環境をすぐ見切る
  • 優秀な人任せだと優秀な人は辞めてしまう
  • 評価制度が整っていないと優秀な人は辞めてしまう
  • 優秀な人はまともでない会社に気づくのも早い
  • 優秀な人が突然辞める理由は行動力があるから

今の会社に迷いがあるなら、優秀な人が辞める職場の特徴を参考に、あなたの職場環境を見直してみるといいかもしれません。

もし少しでも転職を検討する気持ちがあるなら、当サイトおすすめの転職サイトや転職エージェントに登録して、優秀な人のように行動を始めてみましょう。

今いる会社がすべてではありません。

優秀な人の見切りの良さをお手本に、仕事もプライベートも充実した人生にしていきましょう!