仕事の悩み

仕事できない人と関わりたくないイライラする|疲れたときの対処法

仕事できない人と関わりたくないけどいいの?疲れるしイライラしたときの対処法

職場にいる仕事ができない人に対して「あの人は仕事ができないから一緒にいるとイライラする!」こんな感情を抱いていませんか?

結論からお伝えすると、仕事ができない人と無理に関わる必要はありません。

仕事ができない人に目を向けるのではなく、自分自信の働き方に目を向けて自分のために時間を使ってほしいからです。

仕事ができない人が近くにいると、気になってしまい疲労感が大きいですよね。

仕事ができない人との関わり方を知ると、ストレスを溜めず自分らしく働けるようになるので、是非参考にしてください。

職場にいる仕事ができない人に時間を奪われるのは終わりにして、あなたが気持ちよく働ける環境を作っていきましょう。

仕事できない人と関わりたくないけどいいの?イライラも限界

仕事ができない人とは、仕事に影響がなければ関わらなくても大丈夫です。

なぜなら仕事ができない人と関わっても、あなたの仕事が楽になることがないからです。

そこで下記の3つより、仕事ができない人との関わり方を紹介します。

  • 仕事に支障が出なければ関わらなくていい
  • 無視や放置は良くない
  • 嫌がらせやイジメは論外

仕事ができない人とは関わらなくても大丈夫ですが、職場の雰囲気が悪くならないように、配慮する必要はあります。

仕事に支障が出なければ関わらなくてもいい

仕事ができない人とは、職場の人間関係に影響がなければ、距離を置いても問題ありません。

なぜなら仕事ができない人と関わらなくても、あなたの仕事に影響が出ませんよね。

例えば下記3つのような対応をすれば最低限の関わり方ができます。

  • あいさつ程度の会話
  • 一緒に仕事をしない
  • 適度な距離感をたもつ

仕事ができない人と無理して付き合っていても、イライラする気持ちが前面に出てしまいます。

仕事に支障が出ない程度に距離を保てば、職場の雰囲気を良好にできます。

無視や放置は良くない

仕事ができないからといって無視や放置は良くありません。

なぜなら仕事ができない人を無視すると、ハラスメントになるからです。

仕事ができない人を、無視や放置してはいけない理由は以下3つです。

  • 重大なミスを起こしかねない
  • 無視すると人間関係が悪化する
  • 相手が精神的に病んでしまう

仕事ができないという理由で無視をすると、職場の人間関係を大きく悪化させてしまいます。

職場のメンバーに無視されてしまうと、メンタルが疲弊して孤独を感じてしまいます。

仕事ができなくても、無視や放置をされる人にとっては、とても辛いので絶対にやめましょう。

嫌がらせやイジメは論外

仕事ができないからといってイジメに発展させるのは絶対に良くありません。

というのもイジメられた人のツライ経験は、一生記憶に残り続けます。

  • イジメられた人は記憶に残る
  • イジメは周囲に広がる
  • ハラスメントにつながる

大人になってからのイジメは、自己解決しないといけない部分もありしんどくなります。

 

どんな理由があっても、社会人としてイジメは許されません。

仕事ができない理由でイジメに発展するまえに、少し距離を置くなどして冷静に対応しましょう。

仕事ができない人に関わりたくない!イライラしてしまう4つの理由

仕事ができない人にイライラする理由は下記の4つです。

  1. 仕事に対して熱意があるから
  2. 自分基準で捉えてしまう
  3. 自分の仕事にも余裕がないから
  4. 本人に自覚がないから

仕事ができない人にイライラするのは、あなた自身が仕事に対してヤル気や熱意があるので、他人に迷惑をかけている人をみるとイライラしてしまうのです。

しかし、あなたがイライラする原因を知れば、相手に対しても対策できますので、是非とも参考にしてください。

①仕事に対して熱意があるから

仕事ができない人にイライラする原因は、あなたが仕事に求めているレベルが高く熱心な人だからです。

  • プロ意識が高い
  • 常に高い成果を上げている
  • 仕事に熱心に取り組んでいる

とくに、職場のエース社員や仕事を熱心に取り組んでいる人に多い傾向です。

仕事ができるゆえに、仕事ができない人の気持ちを理解するまで時間がかかってしまいます。

仕事ができない人の気持ちになって、仕事の妥協できるラインを見極める必要があるでしょう。

②自分の基準で捉えてしまうから

仕事ができない人にイライラするのは、自分の目線で仕事を判断してしまい、相手の細かい部分まで気になっているのでしょう。

  • 難しい内容を求めすぎている
  • 結果だけ見ている
  • 小さなミスでも気になってしまう

完璧に仕事をこなしていると、相手の小さなミスでもイライラしてしまいます。

仕事ができない人には、難しい内容を求めすぎない配慮が必要です。

自分の基準で判断するよりも、相手の力量に合わせた結果を評価してあげると、仕事ができない人との関係を良好に保てます。

③自分の仕事にも余裕がないから

仕事が忙しくて自分に余裕がないと、関係ない相手にもイライラをぶつけてしまう時もあるでしょう。

  • 毎日いそがしい
  • 納期に間に合わない仕事がある
  • 仕事を教えている時間がない

 

仕事が忙しいときでも、遅い人の仕事もカバーできるくらい自分が器の大きい人になればイライラも減ってきます。

自分の余裕のなさからイライラしているだけなので、まずは自分自身を変えていきましょう。

④本人に自覚がないから

仕事ができない人にイライラする原因は、本人は仕事ができていると思っているからです。

あなたに迷惑がかかっている事実に気が付いていないので「なんでこんなミスをするんだ!」とイライラしてしまいますよね。

出典:30代40代から見た「仕事ができない若手社員の特徴」に関するアンケート

上記の表では、仕事ができない事実を自覚をしていない人の割合は全体の32%にのぼる結果が出ています。

  • 認識している→5%
  • やや認識している→19%
  • やや認識していない→22%
  • 認識していない→22%
  • どちらとも言えない→32%

仕事ができない事実を認識していなければイライラしてしまうのは仕方がありません。

また、仕事ができない事実を改善しようと努力していない割合は下記の通りです。

  • 改善しようと努力している→3%
  • やや改善しようと思っている→14%
  • どとらとも言えない→32%
  • あまり改善しようと思っていない→25%
  • 改善する気がない→26%

仕事ができない事実に対して、改善しようとしている割合が全体の17%しかいないので、指導者とのギャップが生まれてしまうのも頷けます。

仕事ができない人に優しくできない!疲れたときの対処法

仕事ができない人と働いていると、ストレスで八つ当たりをしてしまい、罪悪感を感じてしまいます。

下記の対処法を参考にして、仕事ができない人と上手く付き合う方法を見つけましょう。

  • 上司に相談する
  • 上司から適切な指示をしてもらう
  • 期待するのを辞める
  • 気にしないようにする
  • かんたんな仕事から任せてみる
  • できない中でも得意な仕事を任せる
  • なぜ仕事ができないのか分析してみる
  • コミュニケーションを取ってみる
  • 仕事の進め方を教える
  • 丁寧に仕事を教えてみる

仕事ができない人にも、良いところはあるはずです。

積極的にコミュニケーションを図り、相手の気持ちを理解してみましょう。

上司に相談する

仕事ができない人とは、距離をおかせてもらえないか上司に相談してみましょう。

  • 指導者から外してもらう
  • 席替えを申し出る
  • 距離を置いて仕事をさせてもらう

このまま仕事ができない人と仕事をしていても不満が溜まってしまいます。

もうストレスが限界です!

上司に「このままでは仕事の効率が下がってしまう」との話をして、仕事ができない人の教育係りからから外してもらいましょう。

上司から適切な指導をしてもらう

仕事ができない人には、自分からではなく上司に指導をしてもらうようにしましょう。

上司から指導をしてもらうメリット

  • 上司からの指導であれば素直に聞き入れる可能性がある
  • いざこざになりにくい
  • 部下の管理も上司の仕事

直接あなたが言うと、人間関係がうまくいかなくなるかもしれません。

なぜ仕事ができないのか上司に判断してもらい、仕事ができない人を内面から鍛え直してもらうのがベストです。

期待するのを辞める

仕事ができない人には「あの人には言っても変わらない」というように、諦めも肝心です。

仕事ができない人に期待しすぎて、終わるはずの仕事が終わらなかったときは、イライラする感情しか湧いてきませんよね。

仕事ができない人に期待して裏切られたときは、損した気分になります。

仕事ができない人に期待しすぎてしまうと、予定が大きくズレ込む恐れがあるので、大切な仕事はほどほどにしてお願いしてみましょう。

気にしないようにする

仕事ができない人の行動はどうしても目に付きますが、気にしなければ「どうでもいいや」と思うようになってきます。

  • 自分の仕事に集中する
  • 上司に言われるまでフォローはしない

ある程度自分の中で線引きし、適切な距離感を保つのも大切です。

しかし仕事ができない人がミスしないか、気になってしまいますよね

それでも気になってしまう人は、とても面倒見のいい優しい性格の方です。

本当は、無関心になりたいけど慣れない人は下記の記事も参考にしてください。

職場の嫌いな人に無関心になる方法

かんたんな仕事から任せてみる

仕事ができない人には、誰でもできる優しい仕事から任せて、自信をつけていきましょう。

  • 誰でもできる仕事
  • 責任のかからない仕事
  • 納期の長い仕事

任せる仕事は、必ず達成できるかんたんな仕事で構いません。

まずは「自分で納期までにやり遂げた」という成功体験の積み重ねが重要だからです。

仕事でうまくできた経験は、自信に繋がり任された仕事の責任感を持つようになるでしょう。

責任のかからない仕事や、納期の長い仕事から積極的にお願いしてみてください。

簡単な仕事から成功体験を積んでもらい、少しずつレベルの高い仕事にシフトしていけば、戦力になる社員に育ってくれるはずです。

できない中でも得意な仕事から任せる

仕事ができない人にも、得意な仕事やできそうな仕事は必ずあります。

まずは、相手のできそうな仕事を聞いてみましょう。

  • 相手の得意な分野を探す
  • できそうな仕事を聞く
  • どんな仕事をやりたいか聞く

なぜなら任せている仕事が、不得意な仕事であって実力を出せていない場合があるからです。

仕事ができないからといって全てを否定するのではなく、相手の向いている仕事を探し出して伸ばしてあげることも大切です。

できないなりにも、得意な一面を伸ばしてあげると、意外な才能を発揮するチャンスに繋がります。

なぜ仕事ができないのか分析する

なぜ仕事ができないのか、あなたなりに分析する必要もあります。

  • 仕事を覚えることが苦手
  • ミスが多い
  • 仕事のスピードが遅い

上記のように、仕事ができない人には理由があります。

なぜ仕事ができないのか、相手目線になって深く分析する必要があります。

仕事ができない理由を分析し理解すれば、仕事ができない人への対策も立てやすくなり、接し方も変わってくるはずです。

コミュニケーションをとってみる

仕事ができない人にイライラするのは、コミュニケーションが不足している可能性があります。

  • 休日の過ごし方
  • 仕事以外の雑談

相手の性格や仕事以外の一面を知れば、イライラする気持ちが和らぐので仕事がやりやすくなるものです。

休日の過ごし方や、仕事以外の雑談でも構いません。

コミュニケーションをとることで、相手に対するイライラが和らぎます。

仕事の進め方を教える

仕事ができない人には、仕事の進め方を一から教えてあげましょう

  • スケジュール管理のやり方
  • ホウレンソウの徹底
  • ミスしないコツ

まずは上記のような基本的な内容でも構いません。

あなたが失敗してきた内容を伝えるだけでも、大きな失敗を防ぐきっかけになるものです。

またホウレンソウを徹底してもらい、わからない仕事があれば何でも質問できる環境を作ってあげましょう。

このように、仕事ができない人には基本的な仕事の進め方を教えてあげる必要があります。

丁寧に仕事を教えてみる

仕事ができない人には感情的にならないように、丁寧に仕事を教えてあげましょう。

  • 感情的にならない
  • 要点だけ簡潔に伝える
  • 質問できる環境を作ってあげる

相手はあなたに萎縮している可能性があります。

場合によっては感情的になってしまい、強めの対応をするときもあるでしょう。

しかしここは、ぐっと我慢して丁寧に教えられると、相手はあなたに心をひらいてくれるはずです。

基本的な仕事でも、最初から丁寧に教えるつもりで、何度も質問できる環境を整えてあげましょう。

まとめ

本記事では、仕事ができない人と関わりたくない時の対処法についてまとめました。

  • 仕事ができない人とは関わらなくてもいい
  • 放置やイジメに発展させてはいけない
  • 気長に待つ

仕事ができない人と無理して関わっていても、イライラして疲れてしまうだけです。

しかし、正しい対処法で接していれば、職場の人間関係を良好に保てるだけではなく、あなたへの信頼関係に繋がってきます。

仕事ができない人にイライラする前に、本記事で紹介した内容をおさえて実践して下さい。

きっと相手もあなたに対して心を開いてくれるはずです。