退職の悩み

退職を切り出せない怖いときの対処法は?勇気がない言い出せないときのコツ

退職を切り出せない怖いときの対処法は?勇気がない言い出せないときのコツ

退職を決意したのに、怖くて中々切り出せないと悩んでいませんか?

ブラック企業や、怖い上司がいる会社では、切り出すのがとにかく怖いですよね。

  • 退職なんて言ったら何されるか分からない
  • 恐怖しかない
  • 辞めたいけど言い出せない

 

など、反応が怖くて言い出せず、ストレスを抱えたまま先延ばしになっている方もいるのではないでしょうか。

もし怖くて退職を切り出せないのであれば、今すぐ退職代行を使うという選択肢もあります。

しかし、いきなり退職代行の利用に、躊躇してしまう人も多いでしょう。

そこで、穏便に仕事を辞めるために

  • 機嫌を損ねない切り出すタイミングとコツ
  • 引き止められない伝え方
  • 絶対にやってはいけない伝え方

をご紹介します。

会社を辞めたいのに我慢し続けるのは心身ともに良くないので、怖くても切り出す勇気を持つためにぜひ参考にしてください。

退職が怖くて切り出せない4つの理由

上司に退職の意向を伝えるのが怖くて切り出せない人は多いです。

怖いと思っているのは、あなただけではありません。

ではなぜ、伝えられないのか?

怖いと感じる4つの理由を紹介します。

  • 上司に怒られそう
  • 引き止められそう
  • 会社に迷惑をかけてしまう
  • 同僚と気まずくなる

上司に怒られそう

上司との関係性にもよりますが、怒られそうで切り出せない人は多いでしょう。

性格が怒りっぽい上司だと、余計に言いにくいですよね。

退職を伝える前日は、このように不安が膨らんでしまいます。

引き止められそう

「今辞めるのはもったいない」と引き止められる場合もあるでしょう。

自分よりも周りを優先する優しい人は、流されてしまう可能性があります。

退職理由を伝えても「引き止められるかも・・・」と踏み出せずにいる人は多いです。

会社に迷惑をかけてしまう

自分が辞めたら周りが大変になるかも・・・

責任感のある人はこのように思う傾向にあります。

日々の業務で人手不足を感じていれば、尚さら退職を伝えにくいものです。

自分が退職した後の会社を考えると、後ろめたくなってしまいます。

同僚と気まずくなる

大変な仕事を一緒に乗り越えた同僚に、退職を伝えたときの反応が気になります。

多くの人が「気まずくなるかも」と考えるでしょう。

もし同僚にバレてしまったら・・・

悪い行動をしているわけではないのに、胸が痛みますよね。

退職の切り出しはタイミングが重要!守るべき5つのポイント

退職の意思が固まれば、「辞めます!」といつ伝えてもOKと言うわけではありません。

なぜなら、会社には繁忙期や辞められてしまうと困る時期があるからです。

自身の将来を優先したい気持ちも分かりますが、円満退社を求めるなら退職を切り出す最低限の配慮は必要です。

ここでは、退職を伝えるおすすめのタイミングを5つ紹介します。

  • 繁忙期は避ける
  • 直近で退社人数が多い場合は避ける
  • 1ヶ月半~2ヶ月前に退職意思を伝える
  • 直属の上司と二人で話せるようアポを取る
  • 伝える時間帯は朝がベスト

①繁忙期は避ける

忙しい時期に、退職の意思を伝えるのはやめましょう。

理由は、仕事も多く上司もイライラしているからです。

また繁忙期に人がいなくなる状況は困るため、同僚から嫌な顔をされる可能性も。

とはいえ、転職先が決まっていたり、精神的に限界のときは自分の意思を優先してください。

 

②直近で退社人数が多い場合は避ける

同じ時期に会社からどんどん人が辞めてしまうと仕事がまわらなくなってしまいます。

人手不足になるため、

「あと3ヶ月は待って欲しい」

など引き止められる可能性大です。

退職を決意したら時期が被らないようにしましょう。

③1ヶ月半~2ヶ月前に退職意思を伝える

退職を切り出すタイミングは、一般的に退職希望日の1ヶ月半~2ヶ月前です。

企業によっても違うので、詳しくは就業規則を確認する必要がありますが、引継ぎや有給休暇を消化する期間も考慮しましょう。

早めに申告すると、企業側も変わりの人材を探すゆとりもあり、スムーズに退職できるでしょう。

④直属の上司と二人で話せるようアポを取る

円満退社をするためにも、直属の上司にまずは伝えるようにしましょう。

「時間がなくて上司に退職意思を伝えられない」

上記のようにならないために、事前に上司と二人で話す時間を確保しておきましょう。

「相談があるのですが、近々お時間作って頂くことはできますか?」

このニュアンスから、たいていの上司は退職ではないかと察知している場合が多いです。

つまり、アポを取るだけで一歩進んだ状況になります。

⑤伝える時間帯は朝がベスト

退職の意思を伝える時間も大切です。

時間によっては、忙しく退職をしっかりと話し合えない場合があるからです。

朝一で伝える場合の利点

朝の業務開始前は、仕事で忙しいという場合が少なく、伝えるタイミングとしては最適です。

さらに、これから仕事があるため退職の話が長くなる可能性は低いでしょう。

話す時間が沢山あると、しっかりと退職の話ができるというメリットがあります。

終業近くで伝える場合の利点

終業近くであれば、メインの大事な仕事はほとんど片付いている場合が多いです。

自分も上司も仕事がひと段落した状態で話かけてみましょう。

「退勤前に少し二人でお話する時間はありますでしょうか?」

部下からこのように相談されたら、どこかしらで時間は取ってくれるでしょう。

勇気を持って行動しましょう。

退職を切り出す伝え方のコツ

どのように退職の意思を伝えたら、スムーズにいくのか悩んでしまいますよね。

「辞めます!」と伝える前に、ここで紹介する4つはしっかり抑えておきましょう。

  • 相談ベースではなく決定事項で伝える
  • 会社や上司の不満を退職理由で伝えない
  • 退職理由が精神的に限界であれば正直に伝える
  • 引き止めがあっても事前に断るイメトレをしておく

①相談ベースではなく決定事項で伝える

辞めようか悩んでいます・・・

曖昧な感じに伝えてしまうと、引き止められる可能性が高くなります。

  • 転職先が決まりました。
  • 〇月に退職を決めています。
  • 海外留学のため退職します。

退職せざるを得ない状況だとハッキリ伝えましょう。

明確な理由であれば、引き止めるのは難しそうと上司も判断します。

精神的な理由で、今すぐ会社を辞めたい場合は、嘘でも大丈夫です。

罪悪感を感じるかもしれませんが、自分を守るためには必要なだだと言えます。

退職理由は嘘をつくべき?おすすめの理由を紹介▶

②会社や上司の不満を退職理由で伝えない

円満退社を目指すためにも、本当の退職理由が「上司と相性が合わない」など会社への不満だったとしても、そのまま伝えるのは控えましょう。

理由は、退職するまでの期間お互い気まずくなってしまうからです。

退職理由は「新たな分野で挑戦したい」など、できるだけポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

③退職理由が精神的に限界であれば正直に伝える

今すぐ休養が必要な場合は、正直に伝えましょう。

心療内科で診断書(病名や休職期間などが記載)を発行してもらい、労働が難しいと証明するのがおすすめです。

診断書を用意し退職の意思を伝えれば、すぐに退職できるでしょう。

④引き止めがあっても事前に断るイメトレをしておく

退職を決意したのであれば、どんな理由で引き止めにあっても意思を変えないようにするのが鉄則です。

あらかじめどんな理由で、引き止めがあるのか把握し、答えられるように準備しておきましょう。

人手不足なで困ると言われた場合

→辞める時期など自分なりに配慮したのであれば、退職の意思を突き通しましょう。

「給料を上げる」や「部署の異動」など好条件で引き止められた場合

→自分の意思を貫きましょう。

残留しても、結果的にすぐ苦しくなるだけです。

絶対にやってはいけない退職の伝え方

叫んでいる絵

「この方法で伝えよう!」

と思った行動が、実はNGな場合もあります。

  • メールで退職を伝える
  • 転職先は伝えないのが鉄則

ここでは、円満でスムーズに退職するために、これだけは避けて欲しい2つのNG例を紹介します。

①メールで退職を伝える

一般的に、口頭で退職の意思を伝えるのが社会人としてのマナーです。

気まずくなるのが嫌だから・・・

という理由で、メールで伝えたとしても会社で上司と顔を合わせれば、どちらにしても気まずくなるでしょう。

自分は口頭では伝えられないという方は、退職代行に依頼しましょう。

退職代行を使うのはクズじゃありません。

②転職先は伝えないのが鉄則

会社との関係を良好に終わらせたいのであれば、次に働く会社を伝えるのは控えましょう。

伝えることのリスク

  • 引き止める理由になる
  • 変に噂される

「退職のときに転職先を伝えなくてはいけない」

という義務はないので、リスクを避けるためにも、伝えないほうがよいでしょう。

どうしても怖くて退職を切り出せない場合

メガネの指さす人

退職を伝えようと色々考えてはみたものの、自分にはやっぱり伝えられないと悩んでいる人は、退職代行を利用して辞めるという方法があります。

費用はかかってしまいますが、気まずい状況にならず会社を退職できるので、利用している人も多いです。

退職代行で話すことを避けるのも有効

一般的に退職をするための期間は1ヶ月半~2ヶ月かかります。

退職の意思を伝えたとしても、退職するまでの2か月間を気まずい気持ちで過ごす場合もあるでしょう。

退職代行であれば、即日退職可能なサービスを提供している業者もあり、会社の人や上司と顔を合わさずに退職できます。

また、退職代行の利用に罪悪感を感じる人もいるでしょう。

罪悪感を感じる必要はありません。

自分の明るい未来のために、どんどん活用しましょう。

僕も退職代行を使って、ブラック企業を辞められました。

退職代行業者には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです!

まとめ:退職の切り出しが怖くて言えなくても大丈夫!

自分で色々と考えてみても、どうしても切り出しが怖い人は、退職代行に頼れば解決できます。

多少費用はかかるものの、今の状況から脱出するためには最善の策となるでしょう。

誰かに頼る行動は恥ずかしくありません。

退職代行を実際に利用した僕がおすすめする退職代行業者をまとめたので、どんな業者があるのかだけでもチェックしてみてください。

退職代行おすすめランキング▶