仕事の悩み

新人で仕事がパンク!遅いと怒られる前にするべきこと

新人で仕事がパンク!遅いと怒られる前にするべきこと

念願の内定を勝ち取り新人として入社したものの、環境の変化が目まぐるしい上、仕事量や覚えることが想像以上に多く、頭がパンクしそうになっていませんか?

慣れないことばかりで、仕事が遅くなったり上司に怒られたり、毎日が大変なはず。

新人は右も左もわからないのが当たり前。

ですが、怒られることがあまりにも多いと「自分はこの仕事に向いていないのかな」「辞めたほうがいいのかな」と悩んでしまいますよね。

でも、仕事への取り組み方や考え方を工夫することで、パンクを防ぎ前向きに仕事ができるようになります。

今回は、新人が仕事でパンクしてしまう理由や、仕事が遅くて怒られないようにするための仕事術について詳しく解説していきます。

仕事の多さが尋常でないとか、怒られ続きで心がつらい時の対処法も紹介していますので、仕事に悩む新人さんはぜひ参考にしてくださいね。

新人で仕事がパンクの理由6選

頭を抱えている男性
どのような業界・職種であっても、新人さんはパンクしやすいもの。

新人が仕事でパンクしやすいのには、主に6つの理由があります。

新人が仕事でパンクしやすい理由6つ
  • 新人は仕事ができないのは当たり前
  • 不慣れな業務でいっぱいいっぱい
  • ミス連発で怒られる
  • 仕事が遅すぎて迷惑かけまくる
  • 時間配分ができない要領が悪い
  • 分からないのに人に聞けない

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう!

新人は仕事ができないのは当たり前

そもそも、新人は仕事ができなくて当たり前です。

ほんの数ヶ月前までは学生だったのに、急に社会のルールやマナーと仕事のやり方を叩き込まれるわけですから、最初はついていけないと感じるのは当然のことです。

  • 自社の商品に関する専門知識
  • 会話やメールで使う敬語
  • ビジネスマナー
  • 人間関係の構築

上記は会社で学ぶ全体のほんの一部であり、何もかもが初めての経験ですから、脳にかかる負担も尋常ではありません。

僕も入社直後は右も左もわからず、「何を質問したらいいのか」すらわかりませんでした。

不慣れな業務でいっぱいいっぱい

入社直後は覚えなければならないことが山のように押し寄せてきて、慣れるまでいっぱいいっぱいになってしまいます。

  • 新人の雑務全般
  • コピー機の使い方
  • 業務に使うPCソフトの使い方
  • 仕事の流れの確認
  • 各部署との連携

書ききれないほどの細かい業務を含め、すべてが不慣れで脳がオーバーヒートしそうになりますよね。

新しい人間関係の中で不慣れな業務をこなすのはかなり心細いですし、パンクしてしまうのも無理はありません。

人間関係ができていなければ質問するのも遠慮してしまうものですし、気がつくと仕事を大量に抱え込んで身動きがとれなくなることも。

ミス連発で怒られる

新入社員としてこれから頑張るぞと意気込んでいても、最初は仕事も分からないことだらけでミスを連発してしまいがちです。

そして「また怒られたらどうしよう」と心配が増えて、失敗しないように慎重にと、仕事の進みが遅くなっていきます。

もちろん新人のあなたにも責任がないわけではありませんが、仕事に支障がでるほど萎縮させる上司の指導の仕方にも問題があります。

しかし、仕事ができない間に叱られて成長していくものなので、怒られるのは社会人としての通過儀礼のようなものです。

怒られて気持ちがめげそうになるものですが、成長痛だと思って仕事に食らいついていく姿勢が新人には求められています。

上司もあなたに期待しているからこそ叱ってくれているので、負けずに見返してやりたいところです。

仕事が遅すぎて迷惑かけまくる

仕事の山に囲まれながら業務を遂行しつつも、自分が遅れを取っていることで迷惑をかけていると自覚しているので二重苦に陥りがちです。

先輩からの「頼んでおいた仕事は終わった?」という確認に「すみません、まだ終わってないです」と何度も答える恥ずかしさと申し訳なさで嫌な気持ちになります。

「迷惑をかけている」という気持ちだけでも新人はいっぱいいっぱいですよね。

しかしこれはあなただけでなく、すべての新入社員が通る道なので安心してください。

仕事を早く終わらせるための具体的な方法については、記事の後半で詳しく解説しています!

時間配分ができない要領が悪い

仕事の優先順位がつけられなかったり、各仕事の時間配分がうまく設定できない新人さんもいますよね。

1時間以内で終わるような作業に2時間も3時間も掛けていたら、当然その他の仕事が終わるのも遅くなります。

最初は仕事が終わる大体の時間すら読めませんが、少しずつ自分が目の前の仕事を終わらせるのにどれくらいの時間が必要なのかが分かってきます。

仕事の優先順位と時間配分がうまくなれば、少しずつ要領も良くなっていくでしょう。

自分が各仕事にかけた時間を記録するのもおすすめです!

分からないのに人に聞けない

新人が仕事でパンクする理由の大きな1つに、分からないことがあるのに人に聞けないことがあります。

特に新人からみた先輩や上司はみんな忙しそうで、質問して仕事の手を止めることに抵抗があるという人も多いでしょう。

僕もそうだったので、気持ちはよくわかります。

しかし先輩や上司からすれば、わからないままにされて聞かれるまで仕事が進んでないことのほうが問題。

素直に頼られてあなたが仕事のコツを掴んで早く成長するほうがよっぽど嬉しいこと。

仕事の疑問点を質問していくことは積極的な印象にもなるので、わからないことはなるべく早く聞いてしまいましょう。

新人で仕事がパンク!遅い理由7選

やることの多さで頭がパンクして仕事が遅くなる新人には、いくつか共通点があります。

新人の仕事が遅い理由
  • 仕事ができないのに話を聞かない
  • メモを取る習慣がない
  • 分かったふりをする
  • 非効率なやり方をしている
  • デスク周りが整理整頓されてない
  • 言い訳をしたり責任感ゼロ
  • 細かいことを気にしている

これらの理由を具体的に見ていきましょう!

仕事ができないのに話を聞かない

「自分はデキる」とアピールしがちな新人に多いのが、自分のやり方にこだわるあまり先輩のアドバイスをほとんど聞いていないということです。

僕も独自のやり方で周囲を見返してやろうと、読んだ本の知識を仕事に活かそうとした経験がありますが、大失敗を起こしました。

その仕事を実際に経験してきた上司や先輩のほうが、「本」よりも生きた知識や知恵を持っていることは間違いありません。

余計なプライドは捨てて、「まずは全部を取り入れる」くらいの気持ちで上司のアドバイスを聞いたほうが、何倍も早く成長できますよ。

メモを取る習慣がない

学生の頃はあまり使わないけど、社会人になると重要になるのがメモの存在です。

メモを取る習慣がないことで依頼された仕事を忘れたり、一度指摘されたミスを繰り返してしまう新人は多いです。

激務に振り回されていると、前に教わったことをど忘れしてしまうことがあります。

メモを習慣づけると、「忘れない」だけでなく脳のパフォーマンスを最大限に発揮できるというメリットがあります。

人間の脳は頭の中だけで大事なことを忘れないようにしようとすると、余計なエネルギーを消費してしまいます。

たとえば「午後までに資料を完成させて雑務をこなし、午後に上司に提出する」というタスクをすべて覚えておこうとするのは脳を必要以上に疲れさせます。

これはスマホのバックグラウンドで複数のアプリを起動しっぱなしにしているようなもので、必要以上にバッテリーを消費している状態です。

そういったやるべきことをメモして「外部記憶」にうつしてしまえば、必要なときに見返すだけなので脳の容量を確保できるということですね。

このようにメモには様々な効果・メリットがあるので武器として活用しましょう!

分かったふりをする

ちょっとプライドの高い新人に起こりがちなのが、分からないことをそのままにして、分かったふりを続けてしまうことです。

つまり「分からない」と言うことに抵抗があるので、必要以上に時間を掛けて悩みすぎるのです。

自分の力だけでは仕事が進まないと自覚したときは、「ここが分からなくて悩んでいます」と伝えて、素直に先輩や上司の力を頼ってみましょう。

彼らはすでに「仕事というゲーム」を攻略したことがある「歩く攻略本」みたいなものですから、これを活用しない手はありません。

そして不明点がわかったら、忘れないようにメモしてくださいね。

覚えたと思っても、細かい部分が思い出せなかったり確信が持てなかったりするので、同じことを質問しないようにメモすることは大切です。

非効率なやり方をしている

仕事のスピードが遅い人は、非効率なやり方をしていることに気づいていないことが多いです。

気分や思いつきで仕事に手をつけてしまうと段取りが悪くなるため、仕事全体の進みにも時間がかかります。

非効率な人は仕事の計画を立てるのが苦手な人が多いので、まずは自分がやるべき仕事をすべて紙に書き出してみましょう。

そして緊急性の高いものから番号を振っていき、完了したら線を引いて消していきます。

ほかにもメールでよく使う言葉をパソコンの辞書に登録したり、パソコンのショートカットコマンドを覚えるなど、効率化できる部分はたくさんあるはず。

タイムアタックだと思って、遊び感覚で効率化の発想を広げていくのも楽しいですね。

デスク周りが整理整頓されてない

仕事が遅い人は、ほぼ共通して自分のデスクが汚いです。

なぜなら、必要な資料を探すという手間がいちいち発生するからです。

数秒のロスも、繰り返せば何分、何時間のタイムロスになるし、何より「また資料が見つからない…」と自分にとってもストレスになります。

そういった手間やストレスを減らすため、デスク周りを整理整頓しておくのはとても大切です。

たとえばファイルごとに付箋を貼っておいたり、色や場所で分けるなど、自分なりにわかりやすい配置にするとストレスなく仕事ができます。

言い訳をしたり責任感ゼロ

任された仕事を納期までに仕上げない新人は、責任感を持っていなかったり指摘されると言い訳をすることが多いです。

つまり、自分の不手際で他の人にかかる迷惑を想像する力が足りていないということ。

会社は組織で動いているのですから、あなたの仕事を受け取ったあとに仕事を始める人がいることを忘れてはいけません。

ですから自分の仕事が遅れることによって、「次の人が仕事に取り掛かるのも遅れてしまう」と周囲の人の立場で考える必要があります。

言い訳をしたり責任感のない人は、反省をせず同じミスを繰り返すので、いつまでたっても成長しません。

責任感のなさは自分の仕事のスピードだけでなく、他の社員からの信用にも悪影響を及ぼしてしまいます。

細かいことを気にしている

仕事の進みが遅い新人さんの中には、細かいことを気にしている人も多いです。

たとえば、資料を作る時は最初から完璧を目指すのではなく、まず全体的なアウトラインをざっくりと作り、徐々に肉付けをして見直しながら、最終的に仕上げるのが基本です。

「大枠を完了させてから詳細を見直す」というように、仕事のやり方においても優先順位をつけなければなりません。

まずは100%のクオリティで納期ギリギリに提出するよりも、修正を前提に80%のクオリティで納期の前日までに提出することを心がけてみてください。

「質」は「量」をこなすことで自然と磨かれていきますので、納期前提出をクセづけていきましょう!

新人が仕事で遅いと怒られないようにするべきこと

新人が仕事で遅いと怒られてしまうのは、仕事のやり方に改善点があるからです。

これは、下記の点を意識することで改善が可能です。

  • なぜパンクしているのか行動を分析する
  • 仕事が早い人の行動やスケジュールを真似する
  • 先輩に相談する
  • 少し早く出社して仕事の準備をする
  • 得意なスキルを身につけ伸ばす
  • 仕事が遅くてもミスを減らし業務を覚える
  • なぜこの会社に入社したのかしっかり考えて目標設定

引き続き、具体的にどういうことかを解説していきます!

なぜパンクしているのか行動を分析する

たまたま仕事が上手くいくことはありますが、失敗には必ず原因があります。

あなたが仕事でパンクしているのなら改善すべき原因が必ずありますので、自分の行動を振り返って分析してみましょう。

人から言われるよりも自分で気づいたことのほうが記憶に残りやすく、改善につながりやすいです。

自分なりの「仕事でパンクしてしまう理由」をメモなどに書き出してみて、改善できる部分を洗い出したり、具体的な解決策を考えてみましょう。

自分では気付きにくい部分があれば、上司に改善案を教えてもらうのも方法のひとつです。

仕事が早い人の行動やスケジュールを真似する

仕事を上達させるにはできる人のマネをするのが一番なので、仕事が速い上司や先輩の行動・スケジュールの組み方を観察して取り入れてみましょう。

たとえば僕の上司は頭が冴えている午前中にプレゼンの資料などを作成し、午後に雑務など単純作業を入れるようにしていたので、僕もマネするようにしました。

あなたの周りにもテキパキと仕事をこなす有能な人がいるはずなので、その人の動き方やスケジュールの組み方を参考にしてみてください。

自分のパフォーマンスも考慮しながら、どうすれば効率よく仕事をこなせるのかを考えて、一日のスケジュールを組み立てていきましょう。

先輩の動きをしっかりと観察することで気づきや学びを得られます!

先輩に相談する

仕事がどうしても遅くなったり量が多くて捌ききれないと感じるなら、思い切って先輩に相談してみましょう。

特に新人のころは我慢して頑張りがちですが、キャパオーバーになってから言うよりも事前に相談してくれたほうが先輩も助かります。

先輩側も「自分から声をかけすぎると仕事がやり辛いかもな」とあなたに気を使ってくれている可能性があるので、質問されたほうが答えやすいのです。

先輩たちもあなたと同じ苦しみを経験していますから、きっと助けになってくれるでしょう。

あなたがやるべきことは教えてくれた先輩にしっかりと感謝を伝えて、絶対に忘れないようにメモを残しておくことです。

仕事に一生懸命で素直な後輩は「面倒を見てあげよう」と思えます。

少し早く出社して仕事の準備をする

もしあなたがライバルとかけっこをするとして、どんな手を使ってでも勝ちたいと思ったらどのような方法を使いますか?

僕なら「スタートの合図を待たずにフライング」して走り始めます。

仕事も同じで、人よりスピードが遅いなと感じているのなら、すこし早めに出社してフライングで仕事の準備を始めればいいのです。

時間に追い詰められると頭が真っ白になったりパニックになって余計に仕事が遅くなったり、ミスが増えてしまいますよね。

仕事の準備を早めに行うことは自分の精神に余裕を持たせてくれるので、少し早めの出社を心がけてみてはいかがでしょうか。

早起きしすぎて睡眠時間を削るとパフォーマンスが落ちるので、バランスに注意が必要です!

得意なスキルを身につけ伸ばす

自分の能力不足で仕事が回らないと感じているなら、スキルアップに時間をかけましょう。

たとえばタイピングが遅いなら、ネット上で後悔されている無料で遊べるタイピングゲームを使って練習をすると楽しくスキルが身につきます。

専門知識に課題を感じているのなら、専門書を買うか専門家が解説している動画などを探して自宅で勉強する時間を取ってください。

たとえば僕の場合、プレゼンの前に自分のトークを録音したりビデオで撮影して、気になる点や話し方を改善するといった時間を作っていました。

頑張って習得したスキルは、これからの社会人生活で必ず役に立ってくれます。

損をすることは絶対にないので、空き時間にスキルアップを目指していきましょう!

仕事が遅くてもミスを減らし業務を覚える

新人が仕事のスピードを上げる方法のひとつは、ミスを減らして仕事の質を高めることです。

慣れていない業務ではミスを頻発してしまいがちで、それを修正するのにかなりの時間がかかってしまいますよね。

しかし失敗したことを反省して同じ場面でミスをしなければ、仕事は少しずつ早くなっていきます。

過去の失敗から学んだ改善策はなるべくメモしておき、同じミスを繰り返さないようにしましょう。

失敗をメモして改善を繰り返すと、徐々に失敗が財産であることを実感できるようになります。

なぜこの会社に入社したのかしっかり考えて目標設定

仕事のやり方で迷いが生じたときは、自分がどのような思いでこの会社に入社したのかを思い返しましょう。

あなたが入社時に考えていた思いは、長期的な目標とも言いかえられるはずです。

入社当初は大きな山のてっぺん、ゴールを見据えていたのに、今は日々の業務で足元しか見えていないような状態ではないでしょうか?

目標を見失って足元ばかりを見ながら歩いていたら、どこにもたどり着けなくなってしまいます。

自分が目指す姿を実現するために、どのような働き方をするべきかしっかりと考えて目標設定をしてください。

社会人生活は40年以上の長距離走ですから、目標を見失わないようにしたいものです!

新人で仕事がパンク!怒られて辛いなら

苦しんでいる人

あまりにも仕事が辛かったり、怒られすぎて心が病んでしまった時は、自分の働き方や今後の人生について考え直すのがおすすめです。

ここからは仕事でパンクしてしまったときの具体的な対処法や考え方について解説していきます。

心身的に辛いなら休職や休むべき

仕事で上司や先輩から怒られ続けて心身が辛いなら、休職したり有給を取るなどして休む時間をとるべきです。

筆者も連日の仕事やプライベートの問題が重なりすぎて体調を崩し、心療内科でうつ病一歩手前の状態だと診断されたことがあります。

2ヶ月ほど休職して持ち直すことが出来ましたが、あの時休職する決断をしていなければ、さらに重い状態になって復帰にも時間がかかっていたでしょう。

明らかに気持ちが落ち込んだり顔色が悪い日が続いたりしたら、しっかりと休む勇気を持ってください。

仕事のストレス限界サインをチェック ▶

自分に合っていない業務の可能性も

人間には向き不向き・得意不得意があるので、あまりにも仕事がうまくいかない場合は、自分にあっていない業務の可能性があります。

黙々と1人で作業をこなすのが好きな人もいれば、人と会話して仕事を進めるのが得意な人もいるでしょう。

人には耐えられる苦労と耐えられない苦労があります。

得意なことでの苦労は耐えられますが、苦手なことで苦労すると心身へのダメージが非常に大きなものに感じてしまいますよね。

誰よりも時間をかけているのになかなか成果がでない場合は、自分の得意なこと・苦手なことについて考える時間が必要です。

転職を考える

あまりにも新人にしては任される仕事量が多すぎたり、残業続きでろくに休めないような場合、転職を考えるのも1つの立派な手段です。

はっきりと断言できますが、向いていない仕事が自分の得意分野になったり楽しくなったりする可能性は限りなく低いです。

努力して短所を克服できる人もいますが、働ける時間は有限なので長所を伸ばして活躍するほうが何倍も有意義です。

無理に苦手を克服するより、転職してあなたの長所や素質を最大限に生かしてみましょう。

あなたが自分を最大限に活かせる環境は必ずあります。

自分に合った仕事を探したい人は、適正診断がおすすめです。

新たな視点や、発見があるのでぜひ試してみてください。

\アプリでかんたん無料で適正診断/

ミイダスで市場価値を調べてみる

まとめ

今回は、新人が仕事でパンクしてしまう理由や、仕事の遅さで怒られないようにする具体的な対処法について解説しました。

右も左も分からない新人は、どうしても仕事のやり方で苦労する場面が多くなります。

多くは努力や心構え、仕組みづくりで解決できますが、根本的に仕事が向いていない場合は長期に渡ってしんどい思いが続くことになるでしょう。

どうしても向いていない、今の会社で仕事を続けるのが辛いと感じる場合は、転職を視野に入れるのもおすすめです。

人には向き不向きがありますので、苦手なことの克服に時間を使うよりも長所を伸ばせる環境に身をおくほうが大事ではないでしょうか?

ぜひこの機会に、自分の得意・不得意や今後の働き方について考えてみてくださいね。